ホーム間口が広い上に
フタが固定できて楽々

これまで、いろんなスタッキングボックスをご紹介してきました。どんなに便利な生活雑貨も、床に散らばってしまっているようではいざという時に使うことができず、魅力も半減です。そこで、今回は「しまいやすさ」に注目してどれが一番使いやすいのかを比べてみました!

お子さんがいる家庭では、どうしてもお部屋がおもちゃで散らかりがち。

これを解消してくれる、子どもでもしまいやすいスタッキングボックスがコレです。

天馬:プロフィックス:カバコ ワイド:収納

天馬
プロフィックス
カバコ ワイド
実勢価格:1780円

カバコはフタを開けっ放しで固定することができ、頻繁に使うものの出し入れがとてもラク! 片付けた後に「あれはどこに行ったっけ」と探し回る手間が減ること間違いナシです。

このように、フタを開けっ放しにしておくことができるので、物がとっても入れやすい!

サイズを問わずに様々なものが収納できるのも◎。

類似のボックスと比較するとフタの位置が低く、お子様でも出し入れが簡単です。

小物をきちんと収納できれば、生活スペースがグッと広がりますね。

ホームカインズの
スタックボックスも優秀

フタが上にぱかっと開くペリカン型のスタッキングボックスは、大人の衣類小物などを収納する場合に便利。用途によってはカインズを採用するのもアリです。

カインズ:スタックボックス キャリコ L:収納

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

カインズ
スタックボックス
キャリコ L
実勢価格:1780円

入り口が低く、出し入れがラクです。キャスター付きで移動できるのもポイント。

一方、スタックストーのペリカンは一長一短がありました。

スタックストー:ペリカンワイド:収納

スタックストー
ペリカンワイド
実勢価格:3132円

入り口がやや高く、幅も少し狭め。スタックすることもできますが、そうするとフタを開けっ放しにすることができないのはもったい印象を受けました。


また、常時フタを開けっ放しに出来ない整理ボックスもありました。こちらは片付けにひと手間かかるのが難でした。

LIXILビバ:前から収納できる:整理ボックス:収納

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

LIXILビバ
前から収納できる整理ボックス
実勢価格:1382円

こちらはフタを上に乗せないといけないので開けっ放しにできません。素材も心許ありませんでした。


いかがでしたか? ぱぱっとスグに物をしまえるスタキングボックス、まだ実践していない方は試してみてはいかがでしょうか? 片付けが苦手だった人も、収納のとりこになってしまうかもしれませんよ!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。