アウトドア専門家と徹底検証!キャンプグッズのベストはどれ?

専門家と徹底検証!キャンプグッズのベストはどれ?

家で過ごす時間が増えている今、キャンプの人気が高まっています。

いざキャンプ用品を揃えようとしても、アウトドアメーカーやブランドは様々。アイテムひとつとっても、種類がたくさんあってどれを選べばいいのかが難しいですよね。

そんな人のために、サンロクマルが自信を持っておすすめできるキャンプグッズを紹介。過去に専門家と一緒に検証してベストバイに輝いた一品を振り返ります。

今回は、薪割りに欠かせない「斧」です。

アウトドア初心者でも使いやすい!コンパクトな斧14製品を徹底検証

初心者でも使いやすい!コンパクトな斧14製品を徹底検証

本格アウトドアを志す人に、ぜひ推したいのが「斧」を使った薪割りです。

最近は、自然の中にある素材を使って、自然の中で過ごす知恵を身につけるアウトドアスタイル“ブッシュクラフト”台頭の影響からか、斧で薪割りをして準備した薪を使い火をおこす、手間のかかる本格的な焚き火も人気を集めています。

そこでサンロクマルでは、初心者でも使いやすい斧14製品の比較検証を行いました。

「操作性」「安全性・使い勝手」「デザイン」「フェザリング」の4項目をプロとチェックし、1位に輝いた製品を紹介します。

アウトドアにぎりやすく手にしっくりくる「ハルタホース」

にぎりやすく手にしっくりくる「ハルタホース」

ハルタホース (Hultafors)
スカウト 840025 H006SV
実勢価格:1万500円

サイズ:38cm
重量:900g

▼検証結果
操作性     :49/50点
安全性・使い勝手:19/20点
デザイン    :19/20点
フェザリング  :9/10点
総合      :96/100点


14製品中、第1位となったのはハルタホース (Hultafors) 「スカウト 840025 H006SV」。ハルタホースはスウェーデンで最も有名な工具メーカーのひとつです。

にぎりやすく手にしっくりくる「ハルタホース」

特筆すべきは柄との取り付け部分。独特の加工によりヘッドがゆるむことがなく、安全・安心に使えます。

にぎりやすく手にしっくりくる「ハルタホース」

長さは38㎝で扱いやすく、握りやすい柄は手にしっくりとくる感じです。軽すぎず、重すぎず、初心者にはちょうど重さ。切れ味が軽くて抜群の斧です。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

この上のブランドとなると、もう、Gransfors Bruk(グレンスフォシュブルーク)ぐらいしかありませんね。Gransfors (グレンスフォシュ)は大型の斧だと特徴的な金属製のプロテクターカバーが付きますが、今回紹介する14”15”のサイズだとつきません。

Hultafors(ハルタホース) やHusqvarna(ハスクバーナ)、FISKARS(フィスカース)には、この製品のほかにもいろいろなサイズの斧が用意されているので、まずはこの1本から。自分のキャンプスタイルにあった二本目を見つけるためにも、無駄にはならない14~15インチ(35~38cmぐらい)の製品から試してみるのがいいと思います。

▼検証の詳しい方法やランキングはこちら

アウトドアナタ・斧の売れ筋ランキングもチェック!

ナタ・斧のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、斧のベストバイアイテム、「ハルタホース」の紹介でした。

気になった人は、ぜひチェックしてみてくださいね!