キッチンガチガチの焦げを一掃!
布で磨けば傷つきません

一度、黒く焦げついてしまった鍋を、綺麗にするのは至難の業。そんなときは最終手段、クレンザーの登場です。タワシでゴシゴシこすると、鍋のコーティングも削ってしまいますが、布とスポンジを使えば大丈夫。驚きのビフォーアフターをご覧ください。

キッチン真っ黒鍋でも元の姿によみがえる
布+クレンザーのスゴ技

見事なまでに焦げついた鍋。まるで、最初から黒い鍋だったかのようです。さあ、このコゲをキレイに落としましょう!

まずは、布にクレンザーを塗ります。ちょっと目の粗い布を使うのがオススメです。

コゲを布でこすって磨いていきます。頑固な部分はスポンジを使いましょう。力を入れすぎると、塗装まで削ってしまうので気を付けてください。

大体の汚れが取れたら仕上げです。目の細かいスポンジを使って磨き上げます。

元の姿の、真っ白な鍋に戻りました!ヤカンの焦げつきにも使えますね。

キッチン磨いた鍋はすぐに洗ってコゲ予防
家中の鍋をピカピカにしましょう

キレイに生まれ変わった鍋は、外もしっかり洗うようにすれば、再び焦げつくのを予防できます。焦げた食べ物の成分は、すぐに洗った方がよく落ちますよ。拭きこぼれをそのままにすると、デンプンが焦げて、また黒くなってしまうので気を付けましょう。

あなたの家にも焦げついた鍋があったら、ぜひクレンザーで磨いてみてください。