ホーム今備えるべき最低限の防災用品を紹介

いつ「首都直下型地震」がいつ起きてもおかしくないと言われていますが、災害への備えはできていますか?

新型コロナウイルスの感染症リスクという新たなハードルができた今、コロナ以前とは災害への備え方が変わってきています

今回、テストするモノ批評誌『MONOQLO』では、災害や医療のプロに取材を依頼して検証。その結果からわかった今備えるべき最低限の防災用品をご紹介します。

ホーム自宅待機で備える!コロナ時代の災害対応策とは?

コロナ時代に災害が発生した場合、倒壊の恐れがある住宅であったり、火災や浸水が想定されるエリアに住んでいない限り自宅で待機することが望ましいです。

その理由としては、

・避難所で感染症にかかるリスクがある
・そもそも避難所のキャパが減っている


などが挙げられます。

国際災害レスキューナースの辻さんによれば、避難所では3密対策として定員を大幅に減らしているとのこと。沖縄・奄美地方などを襲った2020年の台風10号では、「行ったけど入れなかった」とびしょ濡れで立ち尽くす人が続出したそうです。

そのため、コロナ以前とは違い、今では待機できるように家自体を強化したり、自宅からなるべく出なくて済むように備えておくことが必要になります。

辻直美 氏
国際災害レスキューナース
辻直美 氏 のコメント

自宅待機の備えがこれまで以上に大事です。

そこで今回は、被災時に配給が始まったとき、持っていると役立つアイテム3製品をご紹介します。

ホーム水の配給はタンクが必須!「抗菌ウォータータンク」

キャプテンスタッグ
抗菌ボルディーウォータータンク10L
実勢価格:1209円


サイズ: W355×D145×H295mm
重量:720g

断水中、配給で水をもらえても、入れ物がないと自宅まで運べません。そのため、ウォータータンクは災害時の備えに入れておきたいもの。

キャプテンスタッグ「抗菌ボルディーウォータータンク10L」は10Lと大容量ながらも、スリムなので設置も省スペースでOK。被災経験のある人は「タンクの備えなんかしていなかったのでバケツで慎重に運びました」と言っているほど。タンクがあるとかなり助けられます。

水流が絶妙な柔らかさなので、コップなどにも注ぎやすいのもベストな理由です!

広い給水口と、蛇口付きのキャップが使いやすい!

こぼさず入れられる広い給水口も魅力の1つです。

もちろんキャンプなどアウトドアでも活躍します。

ホーム重いタンクも台車があればラク!「カルティオ台車」

TRUSCO
カルティオ折りたたみ台車
実勢価格:9040円


サイズ : W490×D780×H900mm
重量:7.9kg
均等荷重:200kg

災害時、配給をもらえるのは助かりますが、自宅に持ち帰るまでは重労働なんです。そのため、台車も準備しておくと便利。

TRUSCO「カルティオ折りたたみ台車」は、過去に本誌で数々の台車をテストしてきたなかでも、もっとも軽くて小回りが利きます。力の弱い女性でも、スムーズに押すことができますよ。移動時の音が静かなのも好評化。

給水所で重いタンクをスイスイ運んでいたら、台車があることをうらやましがられました」という被災者の声もあるほど便利なアイテムです。

ホーム配給時の行列は携帯チェアで乗り切ろう!SITPACK「SITPACK 2.0」

SITPACK
SITPACK 2.0
実勢価格:3299円


サイズ:W33.7×D6.7×H87.2cm
収納サイズ:H17.4×φ6.8cm
重量:565g
素材:ポリカーボネート

配給には大勢の人が押し寄せる可能性もあり、長い列になることが考えられます。「配給は想定していたよりも大行列だったので、もらうまでにとても疲れました」と被災者の声もあるほど。

ただでさえ心身共に辛い被災時は、並んでいるときくらい少しはゆっくりしたいですよね。SITPACKのコンパクトチェア「SITPACK 2.0」があると待ち時間を座って過ごせるのでラクですよ。

おしりにフィットして、立っているより断然ラク!

バランスを取るのに少しコツはいりますが、おしりのくぼみにフィットする作りのため、立っているよりもラクに待ち時間を過ごせます。

たたむと手に持てるサイズなので、携帯性も抜群! 低山小道具研究家の森勝さんも「座りたいときにすぐ出せる携帯性がより重要です」と太鼓判をおすほど。この大きさなら、重い配給をもらいに行くときも気楽に持って行けますね。

以上、配給時に持っていると役立つアイテム3選のご紹介でした。

今回は、水道が止まったときの配給時に役立つ「ウォータータンク」「台車」「携帯チェア」を紹介しました。災害時には、備えておくと便利なものがたくさんあります。そのことを覚えておくと、いざというとき慌てずに済みそうですね。

▼絶対準備しておきたい!非常用トイレのおすすめは?