2020年の大感動を発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

2020年の大感動を発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

いろいろあった2020年も、『家電批評』はおうち家電を中心に、4Kテレビや冷蔵庫など大型・定番品まで3521の家電製品をテストしてきました。そこで今回は、使った瞬間に思わず歓声が上がった感動品を総まとめ!「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

2020年の大感動を発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

特に気を張って頑張った一年。ご褒美にもギフトにも早く買えば良かったと思えるベスト家電カタログです!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2020】記事はコチラ!

2020年の大感動を発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

今回は、全方位で死角なしとも言える14畳用エアコンをご紹介します。

ホーム業界初の室外機クリーンも搭載! 日立「RAS-X40K2S」

業界初の室外機クリーンも搭載! 日立「RAS-X40K2S」
王冠アイコン

日立
RAS-X40K2S
実勢価格:31万6800円


サイズ:W798×H295×D385mm
重量:16.5㎏
期間消費電力:5.0kW(0.4.11.9)
冷房能力:4.0kW(0.5.5.5)
期間消費電力:1009kWh
APF:7.5

日立「RAS-X40K2S」は、14畳用ハイエンドエアコン9製品比較で2019年の王者「三菱電機」を超えベストバイに選ばれました!

その理由は、業界で初めて汚れやすい室外機に目を向けた自動クリーン機能を搭載したこと。人の体温も識別でき、文句なしの一台になりました。

ベストな理由:室内機・室外機両方を自動洗浄

ベストな理由:室内機・室外機両方を自動洗浄
ベストな理由:室内機・室外機両方を自動洗浄

▼採点結果
基本性能:19/20
気流制御:4/5
センシング機能:20/20
メンテナンス:10/10
省エネ:9/10
付加機能:18/20
空間清浄機能:8/10
デザイン:4/5
合計:92/100pt


汚れに強いステンレス素材を内部に採用し、ファンの埃も自動で掃除。ダントツの清潔感。凍結させて洗う工夫で、水だけよりも高い洗浄力を実現しています。油煙や蒸気が発生やすいダイニングキッチンに設置しても安心感があります。

2019年ベストだった三菱電機「MSZ-FZ4020S」を総合ポイントで2ポイント上回り、堂々のベストとなりました。

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2020」に選出された日立「RAS-X40K2S」の紹介でした。ほったらかしでも快適&キレイが続きます。広めの部屋やリビング使いにおすすめです! ぜひエアコン選びの参考にしてくださいね。

▼2020年最新エアコンの詳しい記事はこちら

『家電批評』 2021年1月号

『家電批評』 2021年1月号

晋遊舎
家電批評
2021年1月号
700円

ステイホームな1年間のご褒美カタログ『家電批評』2021年1月号はこちらからも購入できます。「人に会えない」「家から出られない」「元気になれない」そんな2020年の悩みを支えてくれたベスト家電をぜひチェックしてください!