2020年の大感動を発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

いろいろあった2020年も、『家電批評』はおうち家電を中心に、4Kテレビや冷蔵庫など大型・定番品まで3521の家電製品をテストしてきました。そこで今回は、使った瞬間に思わず歓声が上がった感動品を総まとめ!「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

特に気を張って頑張った一年。ご褒美にもギフトにも早く買えば良かったと思えるベスト家電カタログです!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2020】記事はコチラ!

今回紹介するのは、テストした23製品の中からベストバイに輝いた「アクションカメラ」です。

カメラ映像の安定度が段違い! 進化したGoPro「HERO9」

王冠アイコン

GoPro
GoPro
HERO9 BLACK
実勢価格:5万4800円

サイズ:W71×D33.6×H55mm
重量:158g
画質:5K30fps、4K60fps
バッテリー:1720 mAh
通信:Wi-Fi+Bluetooth
防水:10m
GPS:対応

小型で、腕や頭部などの体や、乗り物などに取り付けてハンズフリーで撮影できるアクションカメラ。その代名詞的存在の「GoPro」の最新モデル「HERO9」がパワーアップしていて、おすすめです。

ベストな理由:強力なブレ補正でパワーアップ

水平維持機能が搭載されたので、45度まで傾けても水平を維持した映像が撮れるようになっています。

1.4インチの前面ディスプレイが、ブログ撮影に最適で自分を最高の角度で撮影できます。

ベストな理由:思い通りに撮影できる多彩なモード

シャッターボタンを押す前のシーンをさかのぼって録画。決定的瞬間の撮り逃しを防いでくれます。

撮影モード設定から「スローモーション」を選択すると最大8倍で撮影が可能。最大240フレーム/秒のスーパースローです。

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2020」に選出されたGoPro「HERO9」の紹介でした。これを使えば動画のレベルがワンランク以上アップすること間違いなしです。ぜひチェックしてみてください。

『家電批評』 2021年1月号

晋遊舎
家電批評
2021年1月号
700円

ステイホームな1年間のご褒美カタログ『家電批評』2021年1月号はこちらからも購入できます。「人に会えない」「家から出られない」「元気になれない」そんな2020年の悩みを支えてくれたベスト家電をぜひチェックしてください!