ビューティー一重&奥二重に合う正しいメイクテクニックって?

メイクの見本と言えば、パッチリ二重のモデルがメインのことが多いですよね。

でも、雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌でコスメ誌の『LDK the Beauty』が読者に目の形についてアンケートをとったところ、約半数の人が自分は奥二重&一重、または左右の形が異なるとの回答でした。

※LDK the Beauty webアンケートより

さらに、「アイメイクで一番悩むアイテムは?」というアンケートでは、なんと約7割の人がアイシャドウとアイライナーについて悩んでいるということが判明しました。

ということで、『LDK the Beauty』ではプロに取材や検証を実施! 一重・奥二重メイクをお悩みや願望別にお答えしていきます。

まぶたに薄く線のある一重さんのための、「ブラウンでも地味にならないメイク」を叶えるテクニックをご紹介します。

ビューティーブラウンでも地味顔にならないメイク術

ナチュラルを目指すものの、ブラウンだと肌になじみすぎて地味顔メイクになりがち……。ということ、ありませんか。

そうならないためには、アイシャドウからアイライン、マスカラまですべてを黒目の上下に重点的に効かせるテクニックが有効なんですって。

仕上がりは黒目の縦幅が広がったような印象で、目がコロンと丸みを帯びてかわいくなりますよ。

ベースになるベージュ、濃淡ブラウン、さらに輝きを足す単色ラメのアイシャドウを用意します。引き締め役のアイライナーはグレー、マスカラは黒で陰影を強調。マスカラ下地もマストです!

用意するアイテム

・ブラウン系4色パレット

・グレーのジェルライナー

・マスカラ下地

・ブラックのマスカラ

・ベージュ系のラメシャドウ

塗り方

1:ベージュをアイホール2/3へ

パレット右上のベージュをアイホール下側2/3へ。黒目下にものせ、左右に広げなじませます。

2:中間色ブラウンを黒目上を高く山型に

中間色のブラウンを上まぶたの目を開けて見える位置まで山型に入れます。

3:山の内側に細く濃いブラウンを

パレットの一番濃いブラウンを細めのチップで入れます。下の目尻1/3のキワも埋めてください。

4:グレーライナーを黒目下→目頭へ

アイラインは下のみ。まず黒目下に引いて黒目を強調してから、目頭側へスッと軽くのばしましょう。

5:マスカラは黒目の上下にしっかり

マスカラは黒目上のまつ毛にまず塗り、目頭&目尻、黒目下へ。最後に黒目下にラメをのせれば完成です。

兵藤小百合 氏
メイクアップアーティスト
兵藤小百合 氏 のコメント

黒目を意識してメイクするとかわいらしい印象に仕上がります

以上、ブラウンでも地味顔にならないアイメイクのご紹介でした。

ちなみに、「一重・奥二重のアイメイク、正直どーすりゃいいんですか!?」特集を掲載した『LDK the Beauty』2021年1月号はこちらで読めます。

ビューティー『LDK the Beauty』2021年1月号

『LDK the Beauty』
2021年1月号

ぜひ、参考にしてみてくださいね!