<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK the Beauty』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ビューティー正しい紫外線予防の方法をチェック

なんで紫外線って防がないといけないの? 疑問ではありませんか。しかも、UVケアアイテムって、種類が多くて何を選べばいいか迷ってしまませんか。

そこで、今さら聞けないUVケアの常識から、意外と知らない新常識まで、専門家への取材でわかった紫外線対策の基本を大公開します。今回は鉄壁UVケアのための第一歩、紫外線予防の基本をご紹介します。

ビューティーUVケアを怠るとシワもくすみも加速する!

そもそもなぜUVケアが必要なのでしょうか? それは紫外線がお肌にとても大きな影響があるからです。

紫外線を浴びてメラニンが過剰に発生すると肌のコラーゲンが傷つき、シミ以外にもシワくすみたるみなど、老け肌の原因になります。紫外線を浴びて肌にいいことは1つもないんです。

ビューティー「SPF・PA値が高い=焼けない」ワケじゃない!

日焼け止めを選ぶとき、SPF値やPA値は重要なチェックポイントです。

でも、SPF値やPA値が高ければ高いほど日焼けしないワケじゃないんです。SPF値やPA値がどんなに高くても、日焼け止めの肌にとどまる量や、耐水性などで効果は変わってきてしまううんです。

SPF値の異なる日焼け止めでテストしてみました。

カネボウ: ルナソル  グロウイング デイクリーム

ルナソル
グロウイング
デイクリーム
SPF40/PA+++
【 実勢価格 4950円 】

ニトリ: GUARDIO  UV フェイスミルク

GUARDIO
UVフェイスミルク
SPF50/PA++++
【 実勢価格 1989円 】

UVラベルを使って検証しました。

▼検証結果
ルナソル(左) :UVカット率 96.2%
GUARDIO(右):UVカット率 84.4%


ちなみに、SPF40とは普段使いなら十分なレベルです。SPF50は1日屋外にいるときやレジャー用の数値

日焼け止めは数値にこだわるよりも、こまめに塗り直すことが大切です。その際は、隙間なく均一に塗ることが大事だそうですよ。

ビューティーくもりでも80%の紫外線あり! 365日UVケアは必須

外に行くときだけ日焼け止めを塗ればいい、なんて思っていませんか?

実は紫外線のなかでもUV-A波は窓ガラスを通り抜けて、肌の真皮まで届きます。また曇天でも、晴れた日の約80%の紫外線が届くため、日焼けしてしまいます。

屋内、くもり、冬の日でさえも日焼けします。UVケアにはオフシーズンはなし、ケアは1年中必要なんです。

出典:EEAP2002・Q&A、一部改定

篠崎功 氏
ハリウッド大学院大学 客員教授
篠崎功 氏 のコメント

雪、砂、アスファルトからの照り返しも要注意です!

ビューティーSPFの数値は単純に足し算できない!

低いSPF値のアイテムでも複数使えば、しっかりUVケアになるのでしょうか?  残念ながら、SPFの数値は足し算はできません。

日焼け止め(SPF50)+下地(SPF30)+ファンデ(SPF20)≠SPF100

すべて足してもSPF100の効果にはならないんです。

とはいえ下地+ファンデなど、UVコスメを重ねるのはOKです。単品使いより、隙間なくしっかり肌をガードできますよ。

以上、シミなし美肌を叶えるため新常識をご紹介しました。ぜひ、記事を参考にUVケアを行ってみてください。