<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『日本酒完全ガイド』2020年3月発行時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

食品雑貨日本酒を一番知っている全国の実力派酒販店とセレクト!

日本酒界にはいま、世代交代によって若い感性で新たな風が吹き込まれています。一方でクラシックな手法が改めて見直されるなど、日本酒の酒質にさらに奥行きや深みが増していると言われています。

各地で誕生した日本酒がオンラインで簡単に入手できる時代。おいしいお酒が出揃って、目移りして何を選べばいいか分からない人も多いはず。

そこで、日本酒を一番知っている全国22の実力派酒販店の皆さんにアンケートを実施。目利きたちにおすすめのお酒を聞いてジャンル別にセレクトしました。

食品雑貨飲みたいのはどのタイプ? お気に入りを見つけよう

数ある日本酒の中から、“今飲みたいお気に入りの1本”を見つけるために、まずは日本酒をジャンル分けしてみました。日本酒のタイプはさまざまな形でされていますが、「どこで好みが分かれるか」「どんな料理やシーンで味わいたいか」などから考え、今回は福岡の住吉酒販が提唱しているタイプ分けに準拠しました。

一方の軸は「お酒のボディ(ライト/フル)」もう一方の軸は「造りのトラディショナルさ(モダン/クラシック)」で4タイプにカテゴライズしたものがこちら。

あなたの飲みたい日本酒のタイプは?

[ボディ:ライト][造り:モダン]「フレッシュ&ライト」
[ボディ:フル][造り:モダン]「ジューシー&リッチ」
[ボディ:ライト][造り:クラシック]「端正&穏やか」
[ボディ:フル][造り:クラシック]「渋旨&フルボディ」

今回は、フレッシュな旨みを感じさせるおりがらみの“出来立て感”が楽しめる【スパークリング&にごり編】のおすすめの1本をご紹介します。

食品雑貨スパークリング&にごり編:「醍醐の泡」(寺田本家・千葉)

寺田本家:Daigo Sparkling 醍醐の泡:日本酒

寺田本家
Daigo Sparkling
醍醐の泡
実勢価格:1600円

720ml
※実勢価格は蔵元の販売価格です。

▼日本酒データ
・原料米(精米歩合):コシヒカリ等(90~93%)
・アルコール度   :10~17度
・蔵元       :寺田本家

千葉県香取郡神崎町神崎本宿1964

寺田本家の定番「醍醐のしずく」は、天然の乳酸菌や酵母菌を取り込んで造る、鎌倉室町時代の醸造法「菩提もと」仕込みを再現したお酒です。その新しい魅力を伝えるスパークリングは、麹の甘さと乳酸菌の心地良い酸味、そして微発泡する口当たりが魅力です。

空中の乳酸菌を取り込んで醸したお酒はまるでお米で造ったワイン。フルーティでなおかつ濃醇な味わいが持ち味です。年間を通じて少量ずつ仕込み、搾ったそのままを瓶詰めするため、季節やひと仕込みごとに違う一期一会の味わいが楽しめます。

全国の実力派酒販店の皆さん
全国の実力派酒販店の皆さん のコメント

パイナップルのような香りと白桃をかじった時のような自然な甘酸っぱさが楽しめます。フルーツのコンポートなどと合わせて飲みたい。【大塚屋(東京都練馬区)・横山京子さん】

食品雑貨日本酒基本の「き」:日本酒はどうやって完成する?

日本酒選びで意外に迷うのは、同じ銘柄でも「純米」とか「純米大吟醸」とか、いろいろな種類があること。そこで知りたいのは、銘柄の次に記される“特定名称”の意味です。特定名称は、原料や製造方法について一定の基準を満たしたときに表示でき、全部で8種類あります。

まず、少量の醸造アルコール(規定あり)を加えた「本醸造酒」系統と、米や米麹のみを原材料とする「純米酒」系統の、アルコール添加の有無を観点とした2軸で分類されています。

そこからさらに各系統が分かれ、「純米酒(系統)」「吟醸酒」「大吟醸酒」「本醸造酒(系統)」と、精米歩合等で4つに分類されているのです。それぞれで香りや味わいなどの特徴が異なるので、飲み比べて好みの味を見つけてみるのもいいかもしれませんね。

それでは最後に、サンロクマルから日本酒をもっと楽しむアイテムを紹介します。

おすすめアイテム:手軽に熱燗が作れるちょい鍋ケトル

シロカ(Siroca):おりょうりケトル  ちょいなべ SK-M151:調理家電

シロカ(Siroca)
おりょうりケトル
ちょいなべ SK-M151
実勢価格:1万2100円

サイズ:W28.2×D18.2×H18.3cm

1台あれば、ケトルとしても鍋としても使える万能調理グッズ「おりょうりケトル ちょいなべ」です。コンセントに挿すだけで温度が40・60・80・100℃と調節でき、料理用の鍋として活躍するだけでなく、手軽に熱燗を作ることができます。テレビの前のローテーブルで最高の盃なんかが楽しめますよ。

以上、酒販店が選ぶ日本酒の紹介でした。「醍醐の泡」はワイン好きな人にもおすすめ。スパークリングのシュワシュワ感も楽しみつつ、気軽に日本酒のおいしさを知るきっかけにしてみてくださいね。