家電吸引力、稼働時間、使い勝手良し!
それでもダイソンの半額なんすよ!

足元にまとわりつく電源コードに悩まされることなく、手軽にスイスイかけられる掃除機。そんな「あったらいいな」を世間に浸透させたのはなんといってもダイソンですが、もうちょっと安くて、ダイソンに匹敵する性能で……という、都合がよいスティック掃除機がないかと探してみたところ、あったのだから驚きです。それがマキタのCL182 FDRFWなのです!

マキタ:充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW:掃除機

マキタ
充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW
実勢価格:2万6400円

それでは、どこがどう素晴らしいのか。ダイソン V6 Fluffyを引き合いに、ご紹介してまいります。

MONOQLO:モノクロ:掃除機:コードレス:スティック掃除機:マキタ

「100円玉を何枚持ち上げられるか」というテストでは、マキタは38枚(約182g)、V6 Fluffyは35枚(約168g)。マキタが制するというまさかの結果には驚きましたが、「吸い込む力のパワフルさ」は見事に立証されました!

ちなみに、一般的なスティック掃除機は、ダストケースが満タンに近づくほど吸引力が衰えますが、この2モデルは最後までその力が落ちません。これは地味ですがスゴイことなのです。

MONOQLO:モノクロ:掃除機:コードレス:スティック掃除機:マキタ

カーペットに敷き詰めた疑似ゴミを一発でキレイにしたのは、ヘッドに独自のローラーを搭載したV6 Fluffy。

マキタもヘッドや吸い込み口の性能がよいのか、周囲のゴミを吸い寄せていましたが、ここでは1歩譲るかたちに。

MONOQLO:モノクロ:掃除機:コードレス:スティック掃除機:マキタ

一般的なモデルだとフル充電までに2、3時間は必要なのですが、なんとマキタは26分! スティック掃除機界では異例の外付けバッテリーを採用しているので、急速充電が可能なのです。ちなみにV6 Fluffyは2時間30分かかりました。

加えて、稼働時間は43分と、これまたスティック掃除機界では飛び抜けた数値(V6 Fluffyは18分でした……)。

スグに充電できて、長く使える。コードレスとして有能であることは、もう疑う余地ありません。

MONOQLO:モノクロ:掃除機:コードレス:スティック掃除機:マキタ

パック型のマキタは、直接ゴミをさわらないで済む、という利点はありますが、ゴミの捨てやすさはダストケースの底が開くV6 Fluffyが便利(タマに詰まりますが)。

ヘッドの動かしやすさは一長一短がありました。ヘッドのジョイントがボール型のマキタは寝かせた状態でも動かしやすいのですが、稼働域はV6 Fluffyの方が広くカーブする際に操りやすいという利点が。

V6 Fluffyの方が体力的にちょっとラク、という印象です。

家電[最終結論]ダイソンじゃなくてイイなら
絶対オススメできる逸品です

購入した人たちの満足感がにじみ出るアマゾンレビューもひとつの証明でしょう。

過去、当サイトにて、編集長が自らのダイソン愛を語ったことがありますが(「ダイソン以外ほしくない」人のための賢い選び方)、そういった愛着がないのであれば、ぜひオススメです。

掃除しなきゃなー、という時の気持ちが
「ああもう」から「よしきた!」になるかもしれませんよ!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。