ビューティードライシャンプーとは?

ドライシャンプーとは?

ドライシャンプーとは、水やお湯で洗い流さなくても頭皮や髪を清潔な状態にしてくれるアイテム。風呂に入れない災害時や非常時はもちろん、入院時・介護時アウトドア長時間のフライトといったシャワー・入浴ができないときに役立ちます。

特に気温の高い季節は、非常時以外のシーンでも役立ちます。

  • スポーツ後に頭皮の汗臭さを感じてリフレッシュ、気分転換したいとき
  • 帽子を取った後の頭の蒸れをスッキリさせたいとき
  • 朝スタイリングした髪がベタついて夕方にヘアスタイルをお直し、ヘアケアしたいとき

そこで今回は、非常時だけでなく、髪・頭皮の臭いの悩みを解決して健やかにキープしてくれる、消臭力があって使い勝手もいいドライシャンプーを探して、7製品を比較しました。

ビューティードライシャンプーの選び方は?

最近のドライシャンプーはスプレーやパウダータイプ、シートタイプ、頭皮をマッサージするように直接揉み込むタイプなど、簡単・気軽に使えておしゃれなデザインの製品がドラッグストアにも多数登場しています。

テストしたドライシャンプー7製品の画像

自分に合った商品を選ぶには、次のポイントに注意しましょう。

1:使うシーンに合ったタイプを選ぶ

種類が多いドライシャンプーは、どんなときにどんな場所で使うか、どんな仕上がりを希望するのか、目的によって使う製品が異なります。

ここからは、ドライシャンプーのタイプ別に詳しくご紹介します。

手軽で使いやすいスプレータイプ

通勤・通学時に汗をかいたときや頭皮や地肌のベタつきが気になってくる夕方などには、シュッとひと吹きで手軽に爽快な気分になれるスプレータイプ、ミストタイプがおすすめです。

噴射力が強く一度で広範囲に使えるため、使った後はすぐサラッとして頭皮の不快感が解消されます。

外出先でも使えて初心者でも使いやすいのが魅力ですが、持ち運びするにはやや大きいサイズ感です。使用後にタオルで拭き取る必要があるものもあります。

汚れ落ちがいいフォーム(泡)タイプ

災害時や入院中、介護をはじめ、シャワー・入浴ができないときには、フォームタイプ、泡タイプがおすすめです。

頭皮や髪になじみやすいことから汚れ落ちがよく、使用感もさっぱりとしていますが、髪の毛のペタッとしてボリュームが出にくいです。

病院や避難所といったパーソナルスペースが限られている場合には無香料タイプ、長期間入浴できずリフレッシュしたい場合には微香料タイプを選ぶといいでしょう。

アウトドアや車内で活躍するシートタイプ

旅行や登山などのアウトドアや長時間のフライトには、コンパクトで持ち運びしやすいシートタイプがおすすめです。

気になる時に取り出してすぐ使えるのが便利で、シートで直接頭皮を拭いて使えます。拭いた後はスッキリして、使い捨てできます。シートは手袋タイプのものもあります。

手袋シートタイプのドライシャンプーを使う女性の画像

また、スプレータイプやフォームタイプは気圧の影響を受ける可能性がありますが、シートタイプならその点を気にすることなく、機内へ持ち込めます。

ニオイを抑えたい人にはパウダー入りタイプ

とにかく臭いが気になるという人には、パウダー入りタイプがおすすめです。

微粒子パウダーが汗や皮脂汚れを吸着して、しっかり頭皮ケアできる点がメリットです。しかし、使用量の調節が難しいのがデメリット。つけすぎると髪が白くなり、思いどおりの仕上がりになりにくいです。

爽快感が欲しい時はジェルタイプ

夏の暑さで髪や頭皮が不快な時や運動して汗をかいた時は、水分量が多く揉み込んで使うジェルタイプがおすすめです。

さっぱりしていて爽快感や清涼感が得られます。その反面、ジェルタイプは使用量の調節が難しいといったデメリットがあります。

2:好みの香りで選ぶ

ドライシャンプーを選ぶ際は、香りのある・なしも気にしたいところです。

メンソール成分配合でさっぱりしたタイプのものから、植物由来のやさしいフローラル系の香り、無香料までさまざまな製品があるので、好みの香りや使用する場所・シーンによって選びましょう。

ビューティードライシャンプー7製品を比較

今回比較するのは、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといったネット通販で購入できるドライシャンプー7製品。匂いのプロと一緒に、次の3項目を検証しました。

テスト1:消臭力

デオドラント製品のニオイチェックをしている臭気判定士の石川英一さん

臭気判定士と複数モニターが全製品のニオイを嗅いで検証。臭気強度の差やニオイの質の変化などを総合的に判断しました。

テスト2:使用感

テスト2:使用感

モニターに実際の生活の中で製品を使ってもらい、使用感を聞いて集計しました。

テスト3:臭気強度

臭気強度とは?

臭気強度のレベル別解説の画像

ニオイは臭気強度として数値化し、5段階でランクづけしました。臭気強度1.5は実質無臭です。

  • 臭気強度5:離れていても感じてしまう強烈なニオイ
  • 臭気強度4:かなり強いと感じられるニオイ
  • 臭気強度3:鼻を近づけると感知できるニオイ
  • 臭気強度2:うっすらなんとなくわかるニオイ
  • 臭気強度1:一般の人には感知できないほど無臭に近いニオイ
石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

製品の使用前後のニオイの差を比較しました!

以上を比較検証した結果は、評価の高かった製品からおすすめ順に発表します!

※総合評価は「消臭力」を重視して決定しています。

ビューティードライシャンプーのおすすめは?

A評価オルナ オーガニック「ドライシャンプー」

オルナ オーガニック「ドライシャンプー」
王冠アイコン

オルナ オーガニック
ドライシャンプー
実勢価格:1880円

内容量:120ml
香り:ティーツリー葉油、ラベンダー油、オレンジ果皮油を基調とした植物アロマでボタニカルな香り

▼テスト結果

  • 消臭力:4.5/5
  • 使用感:4/5

【臭気強度】塗布前3.0→2.0

A評価でベストバイに輝いたのは、オルナ オーガニック「ドライシャンプー」。汗や脂の劣化したニオイはしっかり消して、ほのかに柑橘系の香りが漂う仕上がりで堂々のベスト。刺激感のない使い心地も高評価です。

読者モニター
読者モニター
読者モニター のコメント

スースーした清涼感が弱めで、頭皮への刺激が少なく誰でも使いやすいです!

【臭気強度】塗布前3.0→2.0

香りでごまかすのではなく、しっかり汗や皮脂のイヤなニオイも消す消臭力の高さを発揮したオルナ オーガニック「ドライシャンプー」。スースー感が苦手な人も使えます。

主張しすぎない柑橘系の香りもよくて、アロマの香りに癒やされます。

A評価イグニス イオ「
リセット ドライシャンプー」

イグニス イオ リセット ドライシャンプーの製品画像

イグニス イオ
リセット ドライシャンプー
実勢価格:1980円

内容量:150ml
香り:無香料

▼テスト結果

  • 消臭力:4/5
  • 使用感:4/5

【臭気強度】塗布前2.5→2.0

同じくA評価だったのは、イグニス イオ「リセット ドライシャンプー」。ハーブのような香りが爽快感もありながら、梅雨時期の湿気を帯びた頭皮の生乾き臭を打ち消してくれました。

先端が細く狙った所につけやすいのがいいです。

B評価avex beauty method
「ルミナスヘア
マルチドライシャンプー 無香料」

avex beauty method ルミナスヘア マルチドライシャンプーの製品画像

avex beauty method
ルミナスヘア
マルチドライシャンプー 無香料
実勢価格:1200円

内容量:50ml
香り:無香料

▼テスト結果

  • 消臭力:4.5/5
  • 使用感:2.5/5

【臭気強度】塗布前3.5→1.5

続くB評価だったのが、avex beauty method「ルミナスヘア マルチドライシャンプー 無香料」。アルコールの量が多いのか、消臭力は高いものの少し消毒液に近いにおいがします。

刺激もややあるため使う人を選びます。敏感肌の人は要注意です。

B評価ヴェレダ
「ローズマリー ドライシャンプー」

ヴェレダ ローズマリー ドライシャンプーの製品画像

ヴェレダ
ローズマリー ドライシャンプー
実勢価格:2420円

内容量:115ml
香り:クールハーブ

▼テスト結果

  • 消臭力:4/5
  • 使用感:3/5

【臭気強度】塗布前2.0→2.0

同じくB評価だったのが、ヴェレダ「ローズマリー ドライシャンプー」。使用時はミントの香りが強めでも、時間がたつと消え、汗のニオイも除去しました。

水っぽいので少しずつなじませて使いましょう。残香しにくいので、香料が苦手な人にもおすすめです。

B評価スキューズ ミー
「ドライシャンプー
 フルーティブーケ」

スキューズ ミー ドライシャンプー フルーティブーケの製品画像

スキューズ ミー
ドライシャンプー
フルーティブーケ
実勢価格:1320円

内容量:80g
香り:フルーティブーケ

▼テスト結果

  • 消臭力:3/5
  • 使用感:4/5

【臭気強度】塗布前2.0→2.0

スキューズ ミー「ドライシャンプー フルーティブーケ」もB評価。モニターもサラサラヘアになったと使い心地は高評価でした!

消臭力は、どちらかというと香料で隠されたので、そこそこ。パウダー入りでサラサラになりました。

B評価メリットデイプラス「
ドライシャンプーシート」

メリットデイプラス ドライシャンプーシートの製品画像

花王
メリットデイプラス
ドライシャンプーシート
実勢価格:437円

内容量:12枚入り
香り:バーベナ&レモン

▼テスト結果

  • 消臭力:3/5
  • 使用感:3/5

【臭気強度】塗布前2.5→3.0

同じくB評価だったのが、メリットデイプラス「ドライシャンプーシート」。大判シートで頭皮を丸ごと拭ける使いやすさが魅力です。

ミント系の刺激的な香りが強く、消臭されているというより香りで隠されています。ベタつきを取りたいならアリ!

C評価メリットデイプラス「
ドライシャンプー」

メリットデイプラス ドライシャンプーの製品画像

花王
メリットデイプラス
ドライシャンプー
実勢価格:877円

内容量:130g
香り:バーベナ&レモン

▼テスト結果

  • 消臭力:3/5
  • 使用感:2.5/5

【臭気強度】塗布前3.0→2.5

唯一C評価だったのが、2022年4月に発売されたメリットデイプラス「ドライシャンプー」。寒く感じるくらい冷感が強めでした。

香料が強く消臭というより香りでニオイを隠しました。パチパチと弾ける感覚、冷感は強めなので刺激になるかも。

ドライシャンプーのおすすめに続いて、デオドラント製品の使い方に関する疑問をおさえておきましょう。

ビューティーデオドラント製品は頻繁に使って大丈夫?

A:1日に1~2回程度を目安に使いましょう。

汗臭やニオイが気になるからといって、デオドラント製品を頻回使用すると皮膚トラブルの原因になることもあります。どうしても効果が出ない場合は皮膚科に相談しましょう。

使いすぎた場合の症状

使いすぎた場合の症状

デオドラント製品のうち、ロールオンやスティック、ドライシャンプーや薬用シートは、使い過ぎによるかぶれや、剃毛直後など肌が荒れているときには皮膚炎を引き起こすこともあります。

また、スプレー製品は噴出時の温度がかなり低く、同じところに当て過ぎると凍傷になる可能性もあるため注意しましょう。

ビューティーまとめ

以上、ドライシャンプーのおすすめ7選でした。

べたッとした頭皮臭を瞬時にリセットしてくれるドライシャンプーは、汗をかくシーズンに持っておきたいエチケットアイテムの1つ。

ベストバイのオルナ オーガニック「ドライシャンプー」なら、オーガニックで安心して使えて、スッキリ爽やかになるので、ドラシャン初心者にもおすすめです。

本記事を参考に、ぜひお気に入りの1本を見つけてみてくださいね。

A評価オルナ オーガニック「ドライシャンプー」」

オルナ オーガニック ドライシャンプーの製品画像
王冠アイコン

オルナ オーガニック
ドライシャンプー
実勢価格:1880円

内容量:120ml
香り:ティーツリー葉油、ラベンダー油、オレンジ果皮油を基調とした植物アロマでボタニカルな香り

ビューティーシャンプーの売れ筋ランキングもチェック!

シャンプーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。