スマートフォン令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

スマートフォン迷わずオススメ
史上最高のiPhone

アップル
iPhone
11 Pro/Max
実勢価格(シルバーの場合):
10万6800円(64GB SIMフリー /11 Pro)
12万2800円(256GB SIMフリー /11 Pro)
11万9800円(64GB SIMフリー /11 Pro Max)
13万5800円(256GB SIMフリー /11 Pro Max)


サイズ・重量:
約W71.4×H144.0×D8.1mm・188g(iPhone 11 Pro)
約W77.8×H158.0×D8.1mm・226g(iPhone 11 Pro Max)
チップ:A13 Bionic
背面カメラ:トリプル1200万画素カメラ

初のトリプルカメラが話題となった2019年のiPhone。「iPhone 11 Pro」は広角レンズが追加されワイドな写真が撮れるようになりました。雄大な景色を1枚で収められるので風景撮影にとりわけ効果的です。

純粋にカメラの性能だけをテストしてみるとファーウェイやサムスンの最新機種にやや劣る結果でしたがiPhone史上最高であることは間違いありません。

スマートフォンスタミナもタフさもMax!
進化したのはカメラだけじゃない

雑誌『家電批評』がカメラ性能以上に評価しているのがスタミナです。YouTubeの連続再生でテストしたところ、iPhone 11 Proは過去のモデルより明らかにバッテリーの持ちが改善されていました。

また、防水の仕様もアップデートされておりスマートフォンとしての基本性能が着実に底上げされていました。スマホは毎日使うツールですから、派手さはなくても実用面での改善こそいちばん嬉しいですよね。

YouTube動画の連続再生時間

11とXRは液晶ディスプレイ、XSと11 Proは有機ELディスプレイです。有機ELがバッテリー向上に貢献していることがみて取れます。iOSの表示をダークモードにするとさらに延びる可能性もあります。

防水もアップル史上最高

iPhone XSシリーズは「最大水深2メートルで最大30分間」の防水でしたが、11 Proシリーズは「最大水深4メートルで最大30分間」へと防水の仕様が強化されています。

最後にアンドロイドとの比較はどうなの? というご意見もあるでしょう。今回、スマホ全体でのベストにした理由は販売面。3大キャリアすべてから発売され、アップル自らSIMフリー版も販売。この入手性の高さはハイエンドスマートフォンではiPhoneだけの特権です。

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれた「iPhone 11 Pro/Max」の紹介でした。

引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。