家電省スペース化が実現できるのは
金額以上に魅力です

ダイソンの「pure hot & cool link」は、夏は扇風機、冬はヒーター、通年では空気清浄機の機能も備えています。これぞ1台3役のマルチ家電。しかし、機能面だけじゃない最大の魅力は、部屋を省スペース化できることにあったんです。

例えば、ワンルームだと夏場はヒーターの置き場所がなくて困っていたりすることも

でも「pure hot & cool link」なら、夏は扇風機に早変わり! そのまま使えるから、模様替えすら必要ありません。これは1人暮らしだと大助かりなのでは?

ダイソン:dyson:pure hot & cool link:ヒーター:空気清浄機

ダイソン
dyson pure hot & cool link
実勢価格:5万7800円
サイズ・質量:W222×D222×H632mm・4.01kg
タイマー:15分・30分・45分、1~9時間(切)
コード長:約1.8m

通年出しっぱなしにできるうえ、小さめのタワー型で本体スペースもとらないのが◎。シーズンごとに電化製品を出し入れしたり、収納スペースを確保する必要がありません。

部屋が狭くて3つも置けない! という方に、とってもおすすめです。

家電扇風機としては直線的な風が特徴
お手入れしやすいのも嬉しい

気流よりも面で風を押し出すエアマルチプライヤーテクノロジー。煙は見えませんが、比較的直線的に進みます。

また、夜間の機能にも着目すると、LEDライトを減光するナイトモードの搭載により、音と光が少ないことがわかりました。ただし、ファンが回っているような独特な騒音で、弱運転でも音が少し気になります。

取り込んだ空気を増幅させ、スムーズな風を遠くまで送り出します。

夜間でもライトは気になりません。

大変なカバーや羽根がないので、お手入れもラクラク。当然、羽根も保護網もないのでお手入れは超簡単。安心して使えて背も低いので、倒れる心配も少ないです。

リモコンは本体上部のマグネット内蔵部分にくっつくので、なくす心配も不要です。

やはり機能性十分の「pure hot & cool link」。そして、他には見られないダイソンならではのポイント、Dyson Linkアプリについてもご紹介します。

家電空気清浄機はスマホアプリ連動で
本格的な3wayが実現!

昨年度モデルからスマートフォンのアプリと連動し、本格的な3wayが実現しました。部屋の空気のコンディションなどがチェックできるようになって、空気清浄機を管理しやすくなり、さらに便利に! また、フィルター交換時期もアプリでお知らせしてくれます。

スマホで室内の空気の状態をリアルタイムに確認できます。

製品に搭載された2種類のセンサーからのデータを組み合わせて室内の空気状態を表示。

本体からそのままガコっと取り外しができます。

検証機種ではメーター満タンで残り4300時間となっていました。

電化製品を出し入れする煩わしさや収納スペースが不要なダイソンは、なかなか理にかなっているかもしれません。1台で3役をこなすマルチ家電とその他のメリットを考えれば、金額にも納得できるのではないでしょうか。