食品雑貨片手でサっとひける!
電動ミルが便利すぎます

料理の味や香り付けに欠かせない「コショウ」は、挽きたてが一番! 粉末タイプと比べると、ペッパーミルを使った挽きたては香り高さがまるで違います。

最初に思い浮かべるペッパーミルは、上の写真のような「手動タイプ」かもしれません。値段が安くて手に入れやすいのですが、両手がふさがってしまうのがネック。料理の途中で塩・コショウを振りかけたいときも、いったん作業を中断して両手を空けなくてはなりません。これが効率の悪さに繋がります。

そこでおすすめなのが「電動タイプ」のペッパーミルです。

電動のペッパーミルなら、料理の途中でも「片手」で簡単に振りかけられるんです! しかも、早いだけでなく、均一に挽けるので、料理の味や香りづけにピッタリです。

でも、どんなミルを選べばいいの?という方のために、電動ミル3製品を、料理のプロ6名と主婦モニターのみなさんに、以下の4項目で採点してもらいました。

①時短
②ラク
③おいしさ
④実用性

その結果、ベストバイに選ばれたのはエフエイトの製品でした!

A評価素早く均一に挽けます!
持ちやすい軽さもうれしいです

エフエイト:電動マルチミル ホワイト B007-WH:調理家電

エフエイト
電動マルチミル ホワイト B007-WH
実勢価格:2400円

[評価はこちら!]
時短:○
ラク:○
おいしさ:○
実用性:○

電動ミル3製品の中で、もっとも高評価だったのが、エフエイトの「電動マルチミル」でした。投入口がすり鉢状になっていて、粒が入れやすいのがポイントです。均一でスピーディーにひけるにもかかわらず、片手で持てるほどの軽さなので使い勝手も良いんです。

後ほど登場するドリテックと比較してみると、エフエイトのほうが粒が均一なのが分かります。「細かくひけるから香りが立つ!」(フードコーディネーターの平尾由希さん)。挽けるスピードも、ドリテックより上でした。

続いて、2製品の評価もご覧ください。

B評価2本で約2200円の高コスパ!
早さも仕上がりも合格点

Joyoldelf:ペッパーミル 電動式ソルトミル 2パック:調理家電

Joyoldelf
ペッパーミル 電動式ソルトミル 2パック
実勢価格:2199円

[評価はこちら!]
時短:○
ラク:○
おいしさ:―
実用性:○


B評価に選ばれたJoyoldelfのペッパーミルは、2本で約2200円と大変お買い得なセット商品。塩とコショウをそれぞれ挽きたいときに便利ですね。

挽くスピードも仕上がりも、そこそこの評価となりました。ミルを複数買いたい方なら検討しても良さそうです。

C評価: 乾電池が6本も必要!
でも仕上がりは粗めです…

ドリテック:光る電動ペッパーミル ウェスタ ホワイト:調理家電

ドリテック
光る電動ペッパーミル ウェスタ ホワイト
実勢価格:1115円

[評価はこちら!]
時短:―
ラク:○
おいしさ:―
実用性:○


残念ながらC評価になったのがドリテック。主婦モニターからは「ドリテックは電池が6本必要なのが…」という声が上がっていました。

仕上がりが粗めなのが気になりましたが、ミル自体の機能に問題はありません。

食品雑貨[おまけ]ひく前のスパイスは
100均製のかわいい容器に保存

挽く前のホールスパイスは、積み重ねができるミニコンテナに入れてしまいましょう。

ダイソー:オープンキャップ 保存容器:収納

ダイソー
オープンキャップ 保存容器 115ml(2個セット)、230ml、260ml、530ml
実勢価格:各108円

とくにオススメなのが、こちらのダイソーの保存容器です。100均ですが、入れるだけでおしゃれになりますよ。

気軽に買えて、たくさんそろえられるのもうれしいですね。

以上、電動製のスパイスミルの3製品比較でした。優秀な電動ミルを、ぜひ毎日の料理シーンに取り入れてみてくださいね。