キッチン『MONOQLO』が2023年上半期ベストバイを発表!

早いもので、今年ももう半分が終わろうとしています。『MONOQLO』は、みんな大好き最新ガジェットから最近注目の食品やアイデアグッズなど、上半期だけでもさまざまなモノをテストしてベストバイを決めてきました。

そこで、2023年ベストバイの中間発表として、「MONOQLO 2023年上半期ベストバイ」を紹介します。

『MONOQLO』が2023年上半期ベストバイを発表! イメージ

今回は、特に読者の反響が大きかった逸品のひとつ、シロカ「コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO」。僅差ながら全自動コーヒーメーカーの前回のベストバイを上回った、注目の一台です。

キッチンシロカ「コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO SC-C251」

  • シロカコーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO
  • 実勢価格: ¥26,580

苦味、酸味、甘みのゴールデンバランス!

2022年10月に発売した、シロカ「コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO」

『MONOQLO』で、本製品と昨年ベストバイのメリタ「アロマフレッシュ」とツインバードの高級機「全自動コーヒーメーカー CM-D465B」の3製品で比較したところ、苦味・酸味・甘みのバランスの良さが高評価となり、見事ベストバイに輝きました。

味はもちろん、使い勝手も優秀。抽出温度や挽き具合を調整でき、自分好みの一杯を淹れられます。ペーパーフィルター式なので手入れもラクで、タイマー予約可能と、機能面も充実です。

新しい王者の誕生に、「購入しました!」という声も読者から上がりました。

おすすめポイント
  1. コーヒーらしい苦味と酸味がありつつマイルドな味わい
  2. 抽出具合や挽き具合を調節可能で使い勝手がいい
16.6cm
奥行
27.3cm
高さ
42.1cm
重量
4.1kg
最大使用水量
0.83L
型番
SC-C251

▼味わいのパラメータ

▼味わいのパラメータ イメージ

コーヒーらしい苦味と酸味をまろやかな甘みが包みこむ

コーヒーらしい苦味と酸味をまろやかな甘みが包みこむ イメージ

抽出したコーヒーの味わいは、検証で使用した豆の風味がしっかり出ていると、コーヒーのプロ、三輪さんから高評価でした。苦味と酸味をしっかり感じつつ、甘みが出ているのでマイルドな印象。

使う豆にもよりますが、苦味や酸味が得意でない人でも飲みやすい仕上がりと言えます。

三輪徳子 氏
カフェ・トロワバグ オーナー
三輪徳子 氏 のコメント

コーン式ミルが豆を均一に挽いているためおいしく仕上がります。

味はもちろん使い勝手もいい

味はもちろん使い勝手もいい イメージ

味のよさだけでなく、使い勝手も優秀です。ドリッパーのつまみを動かせばカップに直接淹れられるので、一杯だけ飲みたいときに便利。

また、タイマー予約ができるので、習慣的に毎朝コーヒーを飲んでいるという人にもおすすめ。最高の目覚めの一杯を楽しめます。

山田和樹
MONOQLO編集部 副編集長
山田和樹 のコメント

「カフェばこ」前モデルから大幅な進化を感じました!

以上、「MONOQLO・2023上半期ベストバイ」に選ばれた、味も使い勝手も良しな全自動コーヒーメーカー、シロカ「コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO」を紹介しました。

引き続き、テストでわかった自信を持っておすすめできる製品を紹介していくので、サンロクマルをチェックしてくださいね。

キッチンコーヒーメーカーの売れ筋ランキングもチェック!

コーヒーメーカーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。