ビューティー美髪を叶える正しいヘアケアって?

雑誌やSNSで話題のヘアケア製品を試したり、湯シャンやトリートメントを頑張ったりしても効果が出ないという経験はありませんか? そんな人は、もしかするとヘアケアの根本が間違っているのかもしれません。

そこで、雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌であるコスメ雑誌『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、みんなが気になる美髪の真実を調査。正しいヘアケア情報を髪の専門家に聞いてみました。

今回は「洗う」編から3つの真実をお届けします。

ビューティー真実1:「オーガニックだから髪にイイ」は半分ウソ

髪にやさしい印象で、人気が高いオーガニックのシャンコン。しかし、補修成分や髪にハリやコシを与える成分が入っていないことが多いため、お悩み改善には不向きだったりも。

佐藤友美 氏
ヘアライター
佐藤友美 氏 のコメント

30代以上だと髪が軋む人が多いです。

よほど健康な髪の人でないと、パサつきや軋みの原因になりかねないので、シャンプー選びでは成分を意識するといいでしょう

ビューティー真実2:トリートメントは「長く置くほど浸透する」わけじゃない!

トリートメントは「時間をかけるほど成分が髪にしっかり浸み込む」という考えは、実は間違い。長時間置いたからといって、その分成分が浸透するわけではないんです。

田村マナ 氏
美髪アドバイザー
田村マナ 氏 のコメント

製品によって異なるので説明は必ずチェックして。

トリートメントは規定時間を守って使うようにしましょう。

おすすめのトリートメント方法

STEP1:トリートメントをつけて目の粗いコームでとかす

目の粗いコームやブラシを使い、トリートメントを髪の毛全体になじませます。

STEP2:タオルなどを巻いて5分ほど浸透させる

タオルを巻くと効果的。閉じ込めた熱でキューティクルが開き、成分が浸透します。

ビューティー真実3:ブラッシング&予洗いをスルーしたら「泡立ち半減」

シャンプーのポテンシャルを確実に引き出すには、事前のブラッシング&予洗いが重要。これだけでも、シャンプーの泡出ちが格段にアップします。

シャンプー前に実践したいブラッシング&予洗い

STEP1:ブラッシングでホコリなどをオフ

洗う前に大まかな汚れを落としておきましょう。髪が短い人もブラッシングを。からまりは毛先からほぐしましょう。

AYAMAR 氏
美容師
AYAMAR 氏 のコメント

ブラシはクッション性のあるパドルブラシがオススメ!

STEP2:予洗いで地肌をしっかり濡らす

37度前後で1分ほどシャワーで予洗いを。髪の毛だけではなく、地肌にしっかり水分を行き渡らせることで、泡出ちがよくなります。

ビューティーおすすめアイテム:イオのヘアマスク「イオ ディープマスク」

王冠アイコン

イオ
イオ
ディープマスク
実勢価格:3300円

内容量:170g

▼テスト結果

  • 仕上がり:◎+
  • 成分  :◎
  • 使用感 :◎
  • 評価  :A

イオ「イオ ディープマスク」は、話題のヘアマスクを集めた最新12製品比較テストでベストバイを獲得。みずみずしいうるおい感、毛先までスルッとまとまる手応えと、仕上がりのよさで他を圧倒しました。

キューティクルを整えてツヤを与えるラノリン脂肪酸を配合するなど、成分面も高評価でした。

ビューティーヘアトリートメントの売れ筋ランキングもチェック!

ヘアトリートメントのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、美髪の真実とおすすめアイテムでした。

髪質は環境や年齢によって徐々に変化し、それに合わせてケア方法も少しずつ変えるもの。髪の専門家たちに聞いた正しいヘアケア情報をもとに、ヘアケアを見直してみてくださいね。

ビューティー『LDK the Beauty』2022年2月号

晋遊舎
LDK the Beauty
2022年2月号
実勢価格:690円

『LDK tne Beauty』2022年2月号では「美髪最短ルート教えます!」の特集を掲載しています。こちらもチェックしてみてくださいね。