<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事の情報は掲載当時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ホームワンルームにおすすめの
究極だらだらベッド

ワンルームの空間を活かす家具というと、ロフト付きベッドが思い浮かびます。階下に机などを置いて作業空間とし、ロフト部分がベッドになっているというものです。

こういったベッドも便利なのですが、ベッド部分と作業空間が分かれているため、寝ながら何かをするということは難しいですよね。ゴロゴロしながらいろんなことをダラダラ行えるベッドはないものか……そんな夢をかなえてくれるのが、こちら!

LOWYA:人をダメにするベッド:収納・デスク一体型ベッドフレーム:ベッド

LOWYA
人をダメにするベッド
収納・デスク一体型ベッドフレーム
実勢価格:3万4990円

こちらのベッド、デスク&上下の収納スペースつき。だから1日中ベッドの上で過ごせちゃうんです!

ワンルームにおすすめの究極だらだらベッド

①コンセントつきデスク
足元の邪魔にならない位置にコンセントつきのテーブルがあるので、ちょっとしたメールチェックなどができます。

②ミニデスク
読みかけの本や、目覚まし時計、スマホなどを置くのにぴったりです。

③ハンガーラック
座ったままで手の届く位置にハンガーラックがあるので、肌寒ければ上着を取って羽織ったり、逆に暑ければ脱いだ上着をかけたりがすぐにできちゃいます。

④上下収納
ベッドの上と下に物がしまえるスペースあり。

ワンルームにおすすめの究極だらだらベッド

これなら、ロフト付きベッドのように上下を移動することなく、ベッド周辺の空間で全てが完結でき、1日中のんびりできちゃうんです!

特にうれしいのが、ベッド上の収納です。

ワンルームにおすすめの究極だらだらベッド

ベッドの上の空間を、モノを置くスペースとして使えます。しかも、ベッド部分を全て覆う幅ではないので圧迫感がなく、スッキリしたデザインなんです。モノが多い人にもうれしいですね。

狭いワンルームの部屋に置きやすく、モノを整理できて一石二鳥なんです。

ベッドの金具がむき出しの構造、組み立てが少し難しいなど、わずかに課題はありますが、それでも、この価格と使いやすさは破格! 春から新生活を始める人、模様替えを考えている人には超オススメのベッドですよ!