食品雑貨カルディが最強じゃない!?
プロの料理家が食べ比べ判定

今回はプロの料理家にカルディの定番アイテムと他のお店で購入したものを食べ比べてもらい、どちらがオススメか判定してもらいました。

まずは「ナシゴレンの素」からどうぞ!

食品雑貨よく絡むペーストが
美味しさのヒミツ!

カルディで購入

インドフード:ナシゴレンの素:レトルト食品

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

インドフード
ナシゴレンの素 50g
実勢価格:159円


ペースト状の調味料が入っているカルディの「ナシゴレンの素」。

よく絡むペーストが美味しさのヒミツ!

お好みの具材とご飯を一緒に炒めたあと、この素で味付けをするだけでインドネシアのスパイシーなチャーハン「ナシゴレン」が手軽に味わえます。

他のお店で購入

無印良品:炒めごはんの素:ナシゴレン:レトルト食品

無印良品
炒めごはんの素
ナシゴレン 80g(2人前)
実勢価格:250円


無印の「素」には鶏肉、玉ねぎ、ピーマンなどの具材が入っていて、ご飯と炒めるだけで簡単にナシゴレンが作れます。

富澤商店:手作りナシゴレンセット:レトルト食品

富澤商店
手作りナシゴレンセット (2~3人前)
実勢価格:349円


富澤商店のものは、2種類のソースとフライドオニオンがセットになっています。たまごとご飯を炒めて、この素を加えるだけでナシゴレンの完成です。

食べ比べの結果

よく絡むペーストが美味しさのヒミツ!

カルディのものはペースト状の調味料がご飯によく絡み、スパイスの風味もしっかりと感じられました。対して、無印のものは甘みがあって日本人好みの味付けという印象。スパイシーさはありませんでした。富澤商店のものは味付けは悪くないのに、トッピングのフライドオニオンが油臭くてザンネン……。

というわけで、「ナシゴレンの素」はカルディで買うのが正解です!


続いては「グリーンカレー」の比較です。

食品雑貨味はいいけど具材が
ちょっぴりサミシイ…

カルディで購入

スータイ:タイグリーンカレーチキン:レトルト食品

スータイ
タイグリーンカレーチキン 200g
実勢価格:332円


チキンとスズメナスが入っているレトルトのグリーンカレー。タイで製造されている商品なので、本場の味が味わえます。

他のお店で購入

無印良品:素材を生かしたカレー グリーン:レトルト食品

無印良品
素材を生かしたカレー
グリーン 180g
実勢価格:350円


カレーペーストを炒めて香りを出し、ココナッツミルクを加えて煮込んでいるという無印のレトルトグリーンカレー。チキン、ふくろたけ、たけのこが具材として入っています。

成城石井:グリーンカレー:レトルト食品

成城石井
グリーンカレー 200g
実勢価格:410円


成城石井のグリーンカレーも本場タイで製造。具材にはチキン、たけのこ、なすが使われています。

食べ比べの結果

味はいいけど具材がちょっぴりサミシイ…

(写真は成城石井のグリーンカレーです)

無印のグリーンカレーは食べやすいものの、甘みが際立っていました。カルディ、成城石井ともにタイで製造されているだけあって本場の味が楽しめます。でも、辛みと甘みのバランスが良いのは成城石井の方でした。

というわけで「グリーンカレー」は成城石井に軍配が! カルディのものより具材が豊富なところも高評価のポイントでした。

最後に「トムヤム味のチャーハン」をご紹介します。

食品雑貨タイ屋台の味が
レンチンで楽しめる!

カルディで購入

カルディオリジナル:トムヤムチャーハン:レトルト食品

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

カルディオリジナル
トムヤムチャーハン 230g
実勢価格:226円


レンチンで手軽に食べられる、トムヤムクン風味のエビ入りチャーハンです。

他のお店で購入

ヤマモリ:トムヤムチャーハンの素:レトルト食品

ヤマモリ
トムヤムチャーハンの素
実勢価格:216円


こちらは「素」なので、ご飯や具材を用意して自分で調理する必要があります。

食べ比べの結果

タイ屋台の味がレンチンで楽しめる!

ヤマモリの方は「チャーハン」としてのバランスは悪くないのでが、トムヤムの風味が弱めです。対してカルディの方はしっかりと味が付いていて、自宅でタイ屋台の味が楽しめます。レンチンOKという手軽さも◎!

というわけで、「トムヤム味のチャーハン」はカルディの冷凍品の方がオススメです!

以上、カルディで本当に買っていいエスニックご飯のご紹介でした。カルディ通の人も、そうでない人も「エスニック料理が食べたい!」と思ったらぜひ参考にしてください。