ホーム勢いが止まらない!ダイソーのオシャレアイテム

コロナの影響は、リアル店舗中心の小売業に大きな打撃を与えています。ところが、そんななかでも100均は絶好調。とりわけ、業界1位の巨人・ダイソー(大創産業)は、2020年の売り上げが5千億円を突破。ますます勢いを増しています。

そんなダイソーが、今注力しているのが新業態の開発。2021年3月には東京・渋谷に「スタンダードプロダクツ バイ ダイソー」がオープンするなど拡大中です。

シンプルで使いやすい!「Standard Products by DAISO」

「ちょっといいのが、ずっといい。」をコンセプトに生まれた、ダイソーの新業態が「Standard Products by DAISO」。収納雑貨や食器、服飾雑貨を中心に、シンプルで使いやすいアイテムを約1300点取りそろえています。

「まるで無印良品」な製品が激安価格で買えるとあり、オープンと同時に人気沸騰。一時は入場制限がかかるほどの盛況を見せました。製品の中心価格帯は330~1100円です。

ホーム"ダイソー×カワイイ"の新業態「Threeppy」って?

今回は、ダイソーが数年前から展開している300円ショップ「Threeppy」に注目しました。いつの間にか店舗数は増え、全国に100店舗を超える規模にまで急拡大しています。

女性をメインターゲットとしているので、プチプラコスメやカワイイ雑貨がメインにはなりますが、店内をくまなく見て回ると、男性でもこれは! と思える製品に巡りあうことがあります。

ということで、「Threeppy」で見つけたアイテムの中から「キャンドル」「プレイスマット」「スープマグ」をご紹介します。見た目や使い勝手など、プロとチェックしてみました!

S評価アイデア次第で幅広く活用できる「ドームガラスキャンドル」

Threeppy
ドームガラスキャンドル
実勢価格:330円


今回、アイテムを評価した識者のくろださんが「おしゃれなドームガラス部分だけを使いたい」と自腹購入した逸品が、この「ドームガラスキャンドル」

小物を飾るのにジャストなサイズで、ドームだけ使うのもあり。小物を入れて飾ったり、チーズドームにしたり、アイデア次第で幅広く活用できるので、見つけたら即買いです。

くろだあきこ 氏
All aboutインテリアショップガイド・インテリアコーディネーター
くろだあきこ 氏 のコメント

ガラスドームだけでもお値段以上の価値があります!

A評価置くだけで食卓に高級感が出る!「プレイスマット」

Threeppy
プレイスマット
実勢価格:330円


紙製の「プレイスマット」は、色や柄の雰囲気がよく、食卓に置くだけで高級感を演出できます。

表面のシールが超強力で、はがすときははがし液が必要。ココだけは強く改善を希望しますが、かなりの良品です。

B+スープを入れるのにピッタリな「スープマグ スタッキング」

Threeppy
スープマグ スタッキング
実勢価格:330円

※1点あたりの価格です

「スープマグ スタッキング」は、スープを入れるのにピッタリな、大容量の陶器製マグカップです。

波佐見焼のブランド「HASAMI」のマグカップにそっくりという指摘はあったものの、カワイイ見た目とスタッキングできる便利さは魅力です。

人気のHASAMIと雰囲気が似てる!

HASAMI
ハサミ ブロックマグ
実勢価格:2070円

ホームスープマグの売れ筋ランキングもチェック!

スープマグのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、ダイソーの300円ショップ「Threeppy」からおすすめ製品のご紹介でした。

渋谷の「Standard Products by DAISO」に行けなくても、「Threeppy」は全国に店舗がどんどん増えています。まだ近所にない人もこまめに新店舗情報をチェックしてみてくださいね。