食品雑貨メリットたくさん!
旬野菜を食すべし

野菜を買うときには鮮度が気になりますが、農薬も気になるもの。人体への影響を考えると、できるだけ農薬が少ない野菜を選びたいですよね。旬の野菜を選ぶのがいちばん理にかなっているというのも、3つの理由があるからなんです。

①栄養価が高く味が良い
最も生育条件が揃った環境で育てられ、最も成熟している時期が旬です。当然、その時期に収穫された野菜はおいしく、栄養分が最も高いのです。旬の野菜の栄養価は、それ以外のときと比べて2倍以上というのですから、食べなきゃ損です!

②価格が安い
旬の野菜はハウス栽培などと違い、必要以上の手間をかけずに育てられるので、一般的に安く販売されています。お財布に気兼ねなく食せるのはうれしいですね。

③農薬の使用量が少ない
旬野菜は露地栽培が多くて生育が早く栽培期間が短いので、農薬をかける回数が少なくなります。また、発育を促進する肥料も少なくて済みます。

最近は季節に関係なく野菜が出回っていますが、定番野菜の旬はご存知ですか?正解は下表をご覧ください。

メリットたくさん!旬野菜を食すべし

食品雑貨朝採り野菜は鮮度抜群!
おいしさは別問題

朝採り野菜は鮮度抜群!おいしさは別問題

朝採れ野菜は鮮度抜群! なのですが、おいしいかどうかは、実は野菜の種類にもよるのだとか。

朝採れの野菜でおすすめなのは、トマトやキュウリのような水分量が多い野菜。みずみずしくて鮮度も落ちにくいです。逆に葉物野菜は、夕採れのほうが苦みが少なく、甘くて食べやすいことがあります。

メリットいっぱいの旬の野菜、減農薬という観点からオススメとは意識したことは少なかったんじゃないでしょうか。各野菜の旬の時期を覚えて、お買い物にもお役立ててください。