スマートフォン暮らしが快適に!iPadはどうやって使いこなす?

iPadは自分には使いこなせない……と動画や簡単な作業にしか使っていなかったり購入を諦めていたりしませんか?

実はiPadには誰でも簡単に楽しめるワザがいっぱい。テレワークにペーパーレス、学習など、iPadを使いこなして、もっと快適な暮らしに変えちゃいましょう!

ということで、本音の家電ガイド『家電批評』がやさしく、役に立つ「iPadで暮らしが変わる方法」をお届けします。

今回は、iPadをパソコン化できる「格安キーボード」を厳選してご紹介します。

▼「iPadお得ワザ」の記事はコチラ!

スマートフォンiPadを今買うなら「Air」か「mini」がおすすめ!

iPadの現行機種は合計5モデル。「mini・無印」「Air・Pro」で使い心地が大きく変わります。

その中でも、家電批評がおすすめするのが「Air」と「mini」です。

7.9インチで持ち歩き向けな「mini」

iPad mini
第5世代
(WiーFi版・64GB)
実勢価格:5万380円

サイズ:W134.8×D6.1×H203.2mm
重量:300.5g

「iPad mini 第5世代」は、プロセッサこそiPad第8世代と同じA12ですが、ディスプレイの品質はminiのほうが断然上! 再現できる色域は広く、反射も抑えられています。

持ち運びがラクなだけでなくわずか300gなので電車の中などで立ったまま使っても邪魔になりません。つまり巨大なiPhoneのような感覚で使える。そんなiPadはminiだけです。

「Air」はコスパ重視派向け

iPad Air
第4世代
(WiーFi版・64GB)
実勢価格:6万9080円

サイズ:W178.5×D6.1×H247.6mm
重量:458g

「iPad Air(第4世代)」は、iPad Proによく似たホームボタンのないデザインを採用

ペンシルもキーボードもiPad Proと共通なのにProより2万円以上安く購入でき「性能」「機能」「価格」と三拍子揃ったバランスの撮れたモデルです。

スマートフォンU5000円のiPad用キーボードを比較

今回は、仕事・勉強で活用したい「iPad」をもっと便利にしてくれる「格安キーボード」を、おすすめ順にご紹介。

仕事効率を第一に考えるならトラックパッド付きがおすすめですが、Apple公式のMagic Keyboardで3万超、おすすめのロジクールでも1万超です。そこで今回はトラックパッド無しの5000円以下の手軽なiPad用キーボード3製品を比較しました。

▼トラックパッド付きキーボードならこちら!

「打ちやすさ」「接続」「軽さ」「外しやすさ」の4点を評価ポイントにし、レビューしていきます。

A格安なのに打ち込みやすい「Royalatic」

Royalatic
iPad Air4
キーボード
実勢価格:2780円

●サイズ・重量(実測)/W25.3×D19.3×H2cm・551g
●材質/合成皮革

▼テスト結果
打ちやすさ:◎
接続   :◎
軽さ   :◎
外しやすさ:△


メールなどの文章を打てればOKというニーズなら、Royalatic「iPad Air4キーボード」がオススメ。高級キーボードには完全に劣りますが、手があまり大きくない人なら打ちやすい製品。打鍵音はやや強めです。

Bluetooth接続もカンタン! キーボード自体の充電と、iPad本体との接続は必須です。

キーピッチは約17mmとある程度広く、打ち心地はまずまずです。パチパチと音はなりますが、3000円弱でこの使い勝手は十分快適と言えます。

B「Hotlife」は角度調節が3段階で使いやすい

Hotlife
iPad Air4 キーボード
実勢価格:2699円

●サイズ・重量(実測)/W25.5×D20.5×H2cm
●材質/合成皮革
●重さ/627g

▼テスト結果
打ちやすさ:◎
接続   :◎
軽さ   :△
外しやすさ:△


Hotlife「iPad Air4キーボード」はRoyalaticに似ていて、割と打ちやすいキーボード。3段階の角度調整もできる優れものです。

ペンシルホルダーもつきますが、少し重さがあるのが残念なポイントです。

C評価: 打ちにくさが目立った「Earto」

Earto
iPad Air4 キーボード
実勢価格:4580円

●サイズ・重量(実測)/W25×D19.3×H2cm
●材質/合成皮革
●重さ/487.5g

▼テスト結果
打ちやすさ:△
接続   :◎
軽さ   :◎
外しやすさ:△


Earto「iPad Air4キーボード」は性能としては悪くないものの、とにかくキーボードの打ちにくさが気になります。キーピッチが比較的狭めで、女性の手ですら少し狭く感じました。打率音も結構うるさいので気になる人は避けるべきかも。

「Enter」キーがとにかく打ちにくい位置にあるのが気になりました。

以上、iPadをパソコン化する格安キーボード3選でした。

最低限のパソコン操作がしたいだけなら、この価格帯でも十分使えるアイテムが揃っています。レビューを参考に、一度はiPadのパソコン化にチャレンジしてみてください!

スマートフォン『家電批評』2021年2月号

晋遊舎
家電批評
2021年2月号
700円

「iPadで変わる!100の方法」を特集した『家電批評』2021年2月号はこちらからも購入できます。ぜひ、チェックしてみてくださいね。