スマートフォン暮らしが快適に!iPadはどうやって使いこなす?

iPadは自分には使いこなせない……と動画や簡単な作業にしか使っていなかったり購入を諦めていたりしませんか?

実はiPadには誰でも簡単に楽しめるワザがいっぱい。テレワークにペーパーレス、学習など、iPadを使いこなして、もっと快適な暮らしに変えちゃいましょう!

ということで、本音の家電ガイド『家電批評』がやさしく、役に立つ「iPadで暮らしが変わる方法」をお届けします。

今回は、仕事や勉強に活用できる「暗記系アプリ」を厳選してご紹介します。

▼「iPadお得ワザ」の記事はコチラ!

スマートフォンiPadを今買うなら「Air」か「mini」がおすすめ!

iPadの現行機種は合計5モデル。「mini・無印」「Air・Pro」で使い心地が大きく変わります。

その中でも、家電批評がおすすめするのが「Air」と「mini」です。

7.9インチで持ち歩き向けな「mini」

iPad mini
第5世代
(WiーFi版・64GB)
実勢価格:5万380円

サイズ:W134.8×D6.1×H203.2mm
重量:300.5g

「iPad mini 第5世代」は、プロセッサこそiPad第8世代と同じA12ですが、ディスプレイの品質はminiのほうが断然上! 再現できる色域は広く、反射も抑えられています。

持ち運びがラクなだけでなくわずか300gなので電車の中などで立ったまま使っても邪魔になりません。つまり巨大なiPhoneのような感覚で使える。そんなiPadはminiだけです。

「Air」はコスパ重視派向け

iPad Air
第4世代
(WiーFi版・64GB)
実勢価格:6万9080円

サイズ:W178.5×D6.1×H247.6mm
重量:458g

「iPad Air 第4世代」は、iPad Proによく似たホームボタンのないデザインを採用

ペンシルもキーボードもiPad Proと共通なのにProより2万円以上安く購入でき「性能」「機能」「価格」と三拍子揃ったバランスのとれたモデルです。

ホーム学習効率を向上! 暗記系アプリおすすめ3選

社会人でも新しく学びを始めたい人は「iPad」を活用しませんか。暗記したい時に使えるのが「暗記系アプリ」です。

おすすめなのが、誰もが経験したことのある赤シート学習をデジタル化したこちらの暗記アプリとノートアプリを組み合わせた勉強法です!

S評価医学生も使ってる「イルカの暗記シート」

DAISUKE KAWAMURA
イルカの暗記シート
価格:無料

(アプリ内課金あり)

赤シート学習をデジタル化した「イルカの暗記シート」。本アプリが優れているのは、iCloudから読み込んだPDFなどをペン機能で塗って、手っ取り早くノートや参考書を問題集にできるところ。

チェックを入れて苦手分野を確認できるのも便利です。

単語帳の作成は「書いて」「覚える」が正解

ノートアプリを組み合わせて、暗記シートをデジタル化して学びを強化できます!

Ginger Labs
Notability
価格:1100円

(アプリ内課金:370円)

不正解だけを表示でき、苦手な箇所が一目瞭然です!

黒文字の書類や画像も、マーカーを引けば隠せます。

ノートアプリで作成したノートを暗記シートに転送するだけでOK!

B評価暗記問題の正解率が分かる「わたしの写真暗記帳」

mipoiApp
わたしの写真暗記帳
価格:無料

(アプリ内課金あり)

写真画像にマーカーをつけて自分だけの問題を作ることができる「わたしの写真暗記帳」。正解率が出る学習方法は秀逸ですが、問題作成に時間がかかりすぎるのが難点でした。

写真画像にマーカーを付けて自分だけの暗記カードが作れます。

C評価: 「FIGHT!」は最低限の機能のみ

Shigeaki Harada
暗記シート
- 試験勉強学習用アプリ
「FIGHT!」
価格:無料

「FIGHT!」は最低限の機能だけがある暗記シート。他アプリとの連携ができず、類似アプリの中ではイマイチ使いにくかったです。

シートでマスキングするUIです。

以上、iPadに対応している暗記系アプリ3選でした。B評価とC評価のアプリは「イルカの暗記シート」に比べると少し使いづらかったです。

iPadは手軽に持ち運べて場所を選ばず勉強できます。アプリを活用して学習時間をさらに充実させてくださいね。

スマートフォン『家電批評』2021年2月号

晋遊舎
家電批評
2021年2月号
700円

「iPadで変わる!100の方法」を特集した『家電批評』2021年2月号はこちらからも購入できます。ぜひ、チェックしてみてくださいね。