キッチン自分好みのコーヒーを淹れるベストアイテムを紹介

朝の目覚めに、仕事の合間のリラックスに、すばらしいパートナーになってくれるのがおいしい珈琲ですね。珈琲好きの方なら、飲むだけでなく、淹れる時間もまた楽しみという方も多いのでは?

「一杯の珈琲を淹れる」といっても、ペーパードリップやプレス式など、その方法は実にさまざま。ここでは、自分好みの最高の一杯を楽しむためのこだわりの道具を集めました。

今回は、自宅でもお店のようなエスプレッソを味わえる「エスプレッソマシン」をご紹介します。

キッチンレトロデザインのデロンギ「アイコナコレクション」

デロンギ
アイコナコレクション
ECO310
実勢価格:1万4800円

デロンギ「アイコナコレクション ECO310」は、1950年代イタリア風のレトロなデザインが目をひくマシン。高級感のあるメタルボディはスチール製で、デザインはもちろん、耐久性にも優れています。

2杯まで同時に抽出可能。パウダーとカフェポッドに対応しています。本体上部はカップウォーマートレーになっていて、あらかじめカップを温めておくことができ、いつでも最適な温度でエスプレッソを楽しめます。

ポイント1:好みに合わせて使い分けが可能

パウダーとカフェポッドのそれぞれに専用ホルダーが付属されているので、好みで使い分けることができます。

ポイント2:フワフワのミルクも作れる

泡立てミルクも二重構造のスチームノズルで簡単に作れます。取り外して水洗いOKです。

キッチンスリムなボディデザイン デロンギ「デディカ」

デロンギ
デディカ EC680
実勢価格:2万5918円

スリムなボディデザイン デロンギ「デディカ EC680」は、コンパクトでスタイリッシュなメタルボディで、横幅15cmとスリムだから置き場所を選びません。

プロ仕様のポンプ式抽出や、二重構造のスチームノズルなど、機能性も十分です。

キッチンマキネッタ風の電動マシン ビアレッティ「モキッシマ」

ビアレッティ
モキッシマ CF43
実勢価格:3万5000円

ビアレッティ「モキッシマ CF43」は、パウダー、カフェポッド、カプセルの3種類の抽出方法に対応しています。

忙しい朝はカプセル、余裕のあるときにはパウダーなど、シーンに合わせた抽出が可能。マキネッタのようなデザインも魅力的です。

以上、おすすめのエスプレッソマシンのご紹介でした。自宅でもお店のようなエスプレッソやカフェラテを味わいたいというひとは、チェックしてみてください。

キッチン『自宅で淹れる珈琲ガイドBOOK』

晋遊舎
『自宅で淹れる珈琲ガイドBOOK』(100%ムックシリーズ)

『自宅で淹れる珈琲ガイドBOOK』では、自分で淹れる珈琲を格別の美味しさにしてくれる良質なコーヒー豆とこだわりの道具を紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!