キッチンドリップポッドDP2なら
コーヒーも紅茶も1分で完成!

UCC上島珈琲のドリップポッド DP2は、1杯約1分で淹れられるのが最大の魅力。この秘密は専用カプセルにあります。お茶の種類に合わせて、適切な茶葉の量がカプセルにつまっているので、短時間でも美味しい味がしっかりと抽出できるんです。

UCC上島珈琲:ドリップポッド DP2:ティーメーカー

UCC上島珈琲
ドリップポッド DP2
実勢価格:1万2480円
サイズ・重量:幅28.8×奥行13×高さ22.4cm・2.7kg 

今回、ドリップポッド DP2の検証に協力してくれた日本紅茶協会認定ティーインストラクターの増田裕紀さんも「茶葉の分量を調整している点はすばらしい」と絶賛です。

コーヒー・お茶の専用カプセルだけではなく、レギュラーコーヒーの粉も使えるので、コーヒー派の人も満足できるティーメーカーです。さらにメンテナンスも、ホルダーとドリップトレーを水洗いするのみでとっても簡単!

キッチン「ドリップポッド DP2」は買い!
2つの決め手はこちら

おすすめの理由の1つめは、カートリッジが安く買えること。Amazonまとめ買いなら、専用カートリッジをお得に購入できます。通常8個入りで定価596円の「アールグレイ紅茶」が、12袋セットだと5490円、1杯あたりの金額が約57円に。お気に入りの味が見つかったら、まとめ買いがオススメです!

2つめの理由はフレーバーが充実していること。深蒸し静岡煎茶やセイロンのブレンド紅茶などフレーバーは約20種類! とくにコーヒーのフレーバーが豊富で、数量限定ではありますが、幻のコーヒーといわれている「ブルボンポワントゥ」などめずらしいものも揃っています。

キッチンでも、急須じゃダメ?
ティーメーカーがおすすめな理由

お茶を淹れるだけなら、急須と湯沸かしポットでいいのでは? コレ、実は難しいんです。お茶のポテンシャルを発揮させるためには、「お湯の温度」「茶葉の量」「抽出時間」の3つの要素を適切にチョイスする必要があります。

上の表はカフェズ・キッチンが勧める美味しいお茶の淹れ方ですが、お茶によってぜんぜん違います。これを自動で調整してくれるのが、専用カプセルとティーメーカーなんです。

キッチンでは、もっと安いティーメーカーは
ダメなの?

C3:ティーメーカー C10TM:ティーメーカー

C3
ティーメーカー C10TM
実勢価格:5320円
サイズ・重量:幅195×奥行160×高さ225mm・1kg
素材・材質:耐熱ガラス、PP(ポリプロピレン)樹脂
原産国:中国
電源:100V 50/60Hz
消費電力:600W
保証期間:1年

たしかに、もっとお安いものもあります。こちらはAmazonで発見したティーメーカーです。その実力はどうなんでしょうか。

日本紅茶協会認定ティーインストラクターの増田氏によれば、「蒸気で熱くなり、火傷する危険性があります。温度的にも茶の美味しさを引き出しきれていない印象」とのこと。茶葉と水をセットするだけの手軽さがウリのようですが、おすすめはできません。

では、ドリップポッドDP2が優秀だということがわかったところで、次に実際のお味を確かめてみましょう。

キッチンドリップポッドで淹れた味わいは?
専門家4人が検証しました

「ドリップポッドDP2」と専用フレーバーで淹れたコーヒーとお茶の味わいを、プロに検証してもらいました。4人の専門家の皆さんには、1人持ち点10点の合計40点満点で評価していただきました。

▼識者紹介(左から)
コムスペース代表
中川恵介氏

カフェのプロデュースや空間デザイン、コンサル業務などを手がける。

日本紅茶協会認定
ティーインストラクター
増田裕紀氏

インド茶園での紅茶の茶摘み・製造を学び、ティーブレンダー、ティーテイスターとして活躍中。

ヌーヌース有限会社
営業本部長 増田純一氏

紅茶・中国茶・緑茶・ハーブの輸入卸販売を行う。

日本カフェプランナー協会 
会長 富田佐奈栄氏

テレビや雑誌でも活躍する、カフェのスペシャリスト。食品メーカーとの商品開発にも携わる。

キッチン全体的に高評価!
UCC上島珈琲のフレーバー

今回検証したUCC上島珈琲のフレーバーは5種類。そのいずれも30点超えの高評価でした。その上位3位がこちらです。

UCC:セイロン ブレンド紅茶:紅茶

UCC
セイロン ブレンド紅茶
8個入り
実勢価格:544円

UCC:有機栽培 ダージリン紅茶:紅茶

UCC
有機栽培 ダージリン紅茶
8個入り
実勢価格:699円

UCC:アールグレイ紅茶:紅茶

UCC
アールグレイ紅茶
実勢価格:596円


コーヒーとお茶、両方にこだわりたいという方にはぴったりのティーメーカーをご紹介しました。すぐに飲みたいときに1分で淹れられるのもうれしいポイントですね。ぜひいろいろなフレーバーでティータイムを楽しんでください!