自宅をオフィスに! PCまわりの最強アイテムは?

自宅をオフィスに! PCまわりの最強アイテムは?

このご時世、テレワーク続行中という方も多いと思います。ノートパソコン1台あればたしかに家でも仕事はできますが、小さな画面とキーボードで、長時間の作業は疲れますよね。

そこでこの機会に、「見る」「入力する」「つなぐ」「ためる」の周辺機器を見直してみて、オフィス並み、いやオフィス以上のワークスペースを作ってみませんか?

今回ご紹介するのは、保存や持ち歩きはもちろん、転送時間も短縮できるポータブルSSD、USBメモリです。

SSD選びはパソコンのUSBで決まる

SSD選びはパソコンのUSBで決まる

仕事で大量のデータを扱う場合、長いデータ転送時間はイライラのもとです。転送時間を少しでも短くしたいならポータブルSSDがオススメです。SSDの速さは、最低でもHDDの2倍から3倍に達します。いまやデータの持ち歩きはSSDが常識です。

ただし気をつけたいのがSSDの規格。従来、ポータブルSSDの転送速度は500MB/s前後でしたが、最新の「NVMe」規格のSSDでは転送速度が1000MB/s前後に一気に向上しています。

ただ、この転送速度を発揮するには、パソコン側のUSBが最新の「USB3.1 Gen2」に対応している必要があります。パソコンの仕様を確認しておきましょう。

USB3.0/USB3.1 Gen1/USB3.2 Gen1

 

 

USB3.1 Gen2/USB3.2 Gen2/Thunderbolt 3

 

 

PCのUSB-C端子に稲妻や10のマークがあればGen2対応です!

そこで今回は、価格が手頃な500GB容量のSSD6製品を揃えて性能を比較。下記のテストを行いました。

▼テスト内容
1:SSDが空の状態とデータが書き込まれた状態の双方でベンチマークを実施
2:写真1000枚、動画3GB分の転送時間を計測
3:空の状態と書き込まれた状態の速度差が大きいSSDは性能を維持しづらいと判断し、速度差に応じて減点して総合点を算出

その中で1位と2位となったおすすめ2製品を紹介します。

No.1速度! バッファロー「SSD-PHU3-A」

バッファロー
SSD-PHU3-A
実勢価格:1万4440円


NVMe SSD
サイズ・重量:W103×H9.8×D31.5mm・約40g
容量:500GB
インターフェース:USB 3.2(Gen1/Gen2)/3.(Gen1/Gen2)/3.0/2.0
端子:USB Type-C

▼テスト結果
読み込み:1042.36MB/s
書き込み:970.99MB/s


バッファロー「SSD-PHU3-A」は、本機のメーカー公証読み書き速度が1000MB/sとなっていますが、検証ではそれ以上の速度を計測。書き込みも読み込みもNo.1速度の実力を体感できます。動作も安定していました。ただし、パソコン側がUSB3.1 Gen2に対応している必要があります。

実際のデータ転送が高速

▼ファイル転送(1000枚の写真)
サムスン T5:16.74秒
SSD-PHU3-A :10.03秒

▼ファイル転送(10GBのデータ)
サムスン T5:28.04秒
SSD-PHU3-A :15.83秒

NVMeを採用していないサムスン T5と比べるとはっきりとした差がつきました。また、データを書き込んでも速度の低下が少ないので、使い込んでも性能が維持できそうです。

実際のデータ転送が高速

金属製のケースは衝撃に強く、さらに放熱性を高めます。長時間使用しても熱暴走で速度が低下する心配がありません。その代わり表面が高温になることがあり、注意書きのシールも貼られています。

価格と性能のバランスで一番お得なサムスン「T5」

価格と性能のバランスで一番お得なサムスン「T5」

サムスン
T5
実勢価格:9800円


サイズ・質量:W49.55×H8.85×D96.2mm・38.9g
容量:500GB
インターフェース:USB 3.2(Gen1/Gen2)/3.1(Gen1/Gen2)/3.0/2.0
端子:USB Type-C

▼テスト結果
読み込み:561.98MB/s
書き込み:528.31MB/s


サムスン「T5」は、転送速度は500MB/s台ですが空の状態とデータを書き込んだ状態との速度差が計測した製品中最小でした。繰り返し使っても、書き込み読み込みの安定性に優れたSSDです。

今回の6製品の中では6位になったものの、衝撃に強いものとしておすすめなのはサンディスクです。

6位: 衝撃に強くて安心感が大のサンディスク「SDSSDE60-500G-J25」

6位: 衝撃に強くて安心感が大のサンディスク「SDSSDE60-500G-J25」

サンディスク
SDSSDE60-500G-J25
実勢価格:1万100円


サイズ・質量:W49.55×H8.85×D96.2mm・38.9g
容量:500GB
インターフェース:USB 3.2(Gen1/Gen2)/3.1(Gen1/Gen2)/3.0/2.0
端子:USB Type-C

▼テスト結果
読み込み:560.77MB/s
書き込み:531.28MB/s


サンディスク「SDSSDE60-500G-J25」は、耐衝撃性能の高いケースに防塵・防滴性能も備えており、持ち歩く際も安心! さらに、Type-AとType-C両方に対応できますので利便性も高く、すべてのPCで快適にデータ保存が可能です。

スペック上は速くありませんが実測すると性能が安定しており、衝撃にも強いので安心して使えます。

6位: 衝撃に強くて安心感が大のサンディスク「SDSSDE60-500G-J25」

防塵・防滴で落下に強く、ファイルを安全に持ち歩けます。

ちょっとしたデータの持ち歩きにはUSBメモリが便利。低価格で魅力的なのはこちら!

実測値400MB/s超えのサムスン「MUF-128AB/EC」

実測値400MB/s超えのサムスン「MUF-128AB/EC」

サムスン
MUF-128AB/EC
実勢価格:3313円

扱うデータがテキストやエクセルファイルのみなら高速なSSDはオーバースペックです。その場合はUSBメモリで十分でしょう。容量が100GBを超える製品の価格も安く、入手が容易なのも魅力です。

サムスン「MUF-128AB/EC」は、読み込み400MB/sとSSD並みに高速で、サイズは極小と扱いやすいUSBメモリです。

以上、保存や持ち歩きはもちろん、転送時間も短縮できるポータブルSSD3選+USBメモリでした。USB3.0対応のパソコンなら1万円前後が狙いめです。

まだまだ続きそうなテレワーク。この機会に仕事環境を整えてみるのもよさそうですね。

▼コンパクトで格安なおすすめキーボードならこちら