家電おすすめ『家電批評』2023年ベストバイを発表!

2023年も『家電批評』はさまざまな家電製品をテストしてきました。そこでテストしてきた製品を振り返り、絶対におすすめしたいものをピックアップ。「家電批評2023年ベストバイ」として発表します。

自分へのご褒美にも、大切な人へのギフトにもおすすめなベスト家電カタログです!

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら 電気せいろおすすめ イメージ

今回は「家電批評2023年ベストバイ」の「冷凍食品向け電気せいろ」部門でベストバイになった、冷凍肉まんなどをふっくらジューシーにあたためられる、ライソン「冷凍食品用せいろ蒸し器 点心爛漫DX」です。

家電おすすめライソン「冷凍食品用せいろ蒸し器 点心爛漫DX」

  • ライソン冷凍食品用せいろ蒸し器 点心爛漫DX
  • 実勢価格: ¥6,980検証時価格: ¥8,980

冷凍食品を温めるならコレがおすすめ!

せいろのメリットは、電子レンジによる温めよりも時間はかかるものの、ふっくらジューシーに仕上がる傾向があるということ。

ライソン「冷凍食品用せいろ蒸し器 点心爛漫DX」は、人気の電気せいろを比較したところ、ベストバイになった製品。せいろのメリットを約9000円で得られるうえ、コンパクトで置き場所にも困りません。

おすすめポイント
  1. 場所を取らずに使える
がっかりポイント
  1. 小型なので大人数向けではない
18.5cm
奥行
19cm
高さ
9.5cm
受け皿サイズ
直径約22.5×H3cm
重量
550g(約)
付属品
本体、受け皿、せいろ(竹製15cm)2個、せいろ(竹製21cm)1個
型番
KDSC-003B

家電おすすめ「家電批評2023年ベストバイ」に選ばれた理由とは?

冷凍食品をよりおいしく温められる

冷凍食品をよりおいしく温められる 電気せいろおすすめ イメージ

事前解凍せずとも均一に加熱され、生地はふわふわ。お肉もジューシーに仕上がります!

冷凍食品をよりおいしく温められる 電気せいろおすすめ イメージ2

冷凍餃子は、ふっくらツヤツヤに仕上がりました。

冷凍食品をよりおいしく温められる 電気せいろおすすめ イメージ3

皮まで、もちもちジューシーに! 電子レンジの場合、中は熱々ですが、上部の皮は乾燥気味で硬かったです。

蒸し野菜もシャキシャキ美味しい!

蒸し野菜もシャキシャキ美味しい! 電気せいろおすすめ イメージ

電子レンジでは煮たような食感になりましたが、ライソン「点心爛漫DX」で作った蒸し野菜はシャキシャキしていました。

さっと取り出して簡単に使える!

さっと取り出して簡単に使える! 電気せいろおすすめ イメージ
さっと取り出して簡単に使える! 電気せいろおすすめ イメージ2
さっと取り出して簡単に使える! 電気せいろおすすめ イメージ3

さっと取り出してすぐ使えます。水を入れて受け皿をセット。クッキングシートを敷いたせいろに食材を入れて、蓋をしたらタイマーをスタートです。

以上、「家電批評2023年ベストバイ」の「冷凍食品向け電気せいろ」部門で選ばれた、ライソン「冷凍食品用せいろ蒸し器 点心爛漫DX」の紹介でした。

冷凍食品を温めるなら、せいろの方が美味しいけれど、面倒くさいと思っていた人にもおすすめ。手軽に使えて、肉まんなどをあたためるのに寒い季節に大活躍します。

引き続き、「家電批評2023年ベストバイ」をご紹介していきますので、お楽しみに!

家電おすすめ電気せいろの売れ筋ランキングもチェック!

電気せいろのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。