キッチン水切りカゴをなくせば
シンク周りが広々快適に!

多くの家庭で、当たり前のように使われている水切りカゴ。でも、結構場所をとるからシンク周りが狭くなってしまうし、水がたまったりするとヌルヌルしてきて、カゴ自体を洗う手間もあったりしますよね。

そこでオススメしたいのは、思い切ってキッチンの水切りカゴをなくし、「水切りマット」を使う方法。

なかでも「セルロース」を使ったマットは、吸水力が高く食器を拭く手間が省けるうえ、速乾性も高いので衛生面も安心。もちろん、キッチンを広々使うこともできちゃいます。

キッチン速乾、吸水、扱いやすさで
水切りマットを徹底比較

今回は、セルロースマットを含む水切りマットを「吸水」「速乾」「扱いやすさ」の3項目で比較しました。

「吸水性」は水が入った容器に水切りマットを浸して引き上げ、重さの変化を計測。「速乾性」は濡らした製品を室内に一定時間放置し、元の重量と比較しました。「扱いやすさ」は実際に主婦のみなさんに使用してもらい、評価していただきました。

それでは、イチオシのマットからご覧ください!

S評価【S評価】水気をぐんぐん吸う!
ベストコセルローズ水切りマット

トップに輝いたのはセルロース素材の「ベストコ」。速乾性と吸水性を両立したバランスの良さで、扱いやすさでも「収納するときもジャマにならないコンパクトさがいい!」と主婦の皆さんから高評価でした。

ベストコ:セルローズ極厚水切りマット:水切りマット

ベストコ
セルローズ極厚水切りマット
実勢価格:568円

吸水性:○ 
速乾性:◎
扱いやすさ:◎

吸水性バッチリだから、水が溢れる心配はありません。狭いキッチンもすっきり!

ギュッと絞れて水を逃がしやすく、無風の室内でも3時間で乾燥できました。

以下、他のセルロース素材マットを、評価順にご紹介します。

A評価【A評価】広めのキッチン向け
ビバホームのセルロース吸水マット

ビバホームのセルロース吸水マットも、速乾性・吸水性ともにベストコと同評価でした。ただ、ちょっと大判なのが評価をわけたポイントです。広いキッチンで使うなら、アリですが。

ビバホーム:セルロース吸水マット:水切りマット

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

ビバホーム
セルロース吸水マット
実勢価格:429円

吸水性:○ 
速乾性:◎
扱いやすさ:○

B評価【B評価】速乾性は良いけど
吸水性は今ひとつのセリア

セルロース素材なのですが、薄くて吸水性がイマイチ……。コスパの良さはさすがだけど、価格の差が現れた感じです。

セリア:セルロース水切りマット:水切りマット

セリア
セルロース水切りマット
実勢価格:108円

吸水性:△ 
速乾性:◎
扱いやすさ:△


次にご紹介するのは、セルロース素材ではなくマイクロファイバーや、極厚のマットになります。これらは、速乾性や扱いやすさで評価を下げました。

B【B評価】乾きにくさ断トツ……
カインズのマイクロファイバー

カインズのマイクロファイバー水切り吸水マットは、吸水性はバツグン。でも一方で、乾きにくさもダントツで、バランスが残念でした。

カインズ:マイクロファイバー水切り吸水マット:水切りマット

カインズ
マイクロファイバー水切り吸水マット
実勢価格:398円

吸水性:◎ 
速乾性:×
扱いやすさ:△

C評価: 【C評価】分厚すぎて乾かない
ニトリの極厚吸水マット

極厚で吸水性は良かったのですが、それ以外は低評価となってしまったニトリ。乾きにくいだけでなく、「分厚くてかさばるのが致命的」というのが主婦のみなさんからのコメントでした。

ニトリ:極厚キッチン吸水マット:水切りマット

ニトリ
極厚キッチン吸水マット
実勢価格:498円

吸水性:○ 
速乾性:×
扱いやすさ:×

ニトリのマットは、ぜんぜん水分が出ていきませんでした。


以上、水切りカゴの代わりに使える水切りマットをご紹介しました。選ぶなら、ご自宅のキッチンのサイズに合ったセルロースマットがオススメです!