ビューティー美肌への第一歩は、本気の紫外線対策から!

「毎日スキンケアを頑張っているのに、なんだかシミやシワが増えた気がする……」。もしかしたらそれは、紫外線対策が甘いからかも!?

じつはシワやくすみ、たるみといった肌老化の原因は、8割が紫外線だといわれています。美肌への第一歩は、スキンケア同様に毎日日焼け止めを塗って、一年中降り注ぐ紫外線から肌を守ることなんです。

そこで、雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌であるコスメ雑誌『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、美容のプロと一緒に、長年よかれと思って続けているUVケアをチェック! 美肌へ近づくための「UVケアの基本」をご紹介します。

今回は、つい忘れがちなくもりや雨の日、家の中でのUVケアについてです。

ビューティーUVケアの基本1:くもり・雨の日でも紫外線は降りそそぐ

晴れた日だけ日焼け対策をしているという人も多いかもしれませんが、実はくもりの日でも晴れた日の約80%の紫外線が地上に届いています。

天気や季節は関係なし。365日紫外線対策を

くもりの日の紫外線の影響の図

直射日光が当たらない日陰や冬でも紫外線は降り注いでいるので、UVケアは一年中必要なんです。

篠崎功 氏
ハリウッド大学院大学 客員教授
篠崎功 氏 のコメント

アスファルトや砂、雪からの照り返しも要注意です!

日焼け止め全64本をテストした中で、高評価だったおすすめの2製品をご紹介します。

おすすめの日焼け止め:「レジャー向け」はこちら

ビオレUV
アスリズム
スキン プロテクトミルク
SPF50+/PA++++
実勢価格:1580円

内容量:65ml

▼紫外線カット率:99.4%

UVカット率の高さに定評のあるビオレUV「アスリズム スキン プロテクトミルク」は、サラサラのミルクタイプで伸ばしやすく、白浮きもしないなど使用感も高評価!

エタノール配合が惜しいですが、崩れにくく汗や水を弾くので、真夏のレジャーやスポーツにぴったりです。

おすすめの日焼け止め:「ファンデ不要」はこちら

カバーマーク
スキンブライト
クリームCC
カラー/02 
SPF50+/PA++++
実勢価格:4180円

内容量:25g

▼紫外線カット率:98.3%

カバーマーク「スキンブライト クリームCC」は、しっとりとしたテクスチャーで肌なじみがよく、UVカット力も超優秀です。

オレンジがかったクリームは、シミや毛穴はもちろんクマもカバーし、顔全体の血色感がアップ! 日焼け止め効果もバッチリだから、これ1本でお出かけできちゃいます。

ビューティーUVケアの基本2:家の中でもうっかり日焼けに注意

UV-Bは窓ガラスでカットされますが、UV-Aは窓ガラスを透過して肌の真皮に届いてしまいます。また、壁や床、天井が白い家は紫外線が乱反射するので要注意です。

室内だからと油断せず、常に日焼け止めを塗って紫外線から肌を守りましょう。

大仁田亜紀 先生
皮膚科専門医
大仁田亜紀 先生 のコメント

PCのブルーライトも紫外線に近い可視光線です。

ビューティーUVケアの基本3:マスクのUVカット力は過信禁物!

ついついマスクをしているからと日焼け止めをサボりがちですが、マスクの紫外線カット力はどのくらいなのでしょうか?

最近UV効果のあるマスクを、紫外線に反応するUVラベルを使ってUVカット力を検証してみたところ、確かに日焼け防止の効果は見られました。

日焼け防止効果はあっても、日焼け止めは塗るべし!

真っ白なラベルは紫外線に反応してほんのりピンクになりました。

何も塗っていない場合はUVラベルが濃いピンク色になるため日焼け防止の効果はあるものの、紫外線に反応した形跡が見られるうえに、隠れていない部分がマスク焼けしてしまう恐れが……。マスクに甘えず、日焼け止めは全顔に塗りましょう!

以上、つい忘れがちなくもりや雨の日、家の中でのUVケアの基本についてご紹介しました。使いやすい日焼け止めを選んで、スキンケアのように日焼け止めを忘れずに塗る習慣をつけましょう。

ビューティー『LDK the Beauty』2021年7月号

晋遊舎
『LDK the Beauty』
2021年7月号

こちらも参考にしてみてくださいね!