使うだけで元気になれるNEWコスメを探しました!

マスク生活が日常化して以来、一躍メイクの主役となったアイメイク。ただ、範囲が目まわりだけとなるとどうしてもマンネリに陥りやすく、メイクを楽しむ意欲やコスメ熱が下がりっぱなしに……。

でも、せっかくなら元気になれるアイテムで春夏のメイクを盛り上げたい! という人も多いのでは? そこで、使うだけでハッピーな気持ちをチャージできるアイコスメを探すため、今話題のブランドやアイテムを一斉テストしました。
 

個性的な色みがそろうフーミー

今回ご紹介するのは、人気ヘア&メイクアップアーティストのイガリシノブさんがディレクターをつとめるコスメブランド「WHOMEE(フーミー)」。2021年2月に全色リニューアルしたフーミー「コントロール カラーライナー」は、全9色とカラバリが豊富なうえ、ほかにはない個性的な色みがそろっています。

プロのヘアメイクや肌モデルの協力のもと、発色や密着感、使用感、皮脂や摩擦への耐久性などを徹底比較。「仕上がり」「崩れにくさ」「使用感」で評価しました。

それではおすすめ順にご紹介します!

絶妙な赤みとラメで熱感を足せる超万能ピンク「kirakira pink」

WHOMEE
コントロール
カラーライナー
カラー:kirakira pink
実勢価格:1430円

▼評価
仕上がり:◎
崩れにくさ:◎
使用感:◎+
評価:A


微細なラメを含んだ赤みピンク「kirakira pink」は、リアルな血色感を思わせ、フーミーらしい仕上がりに。ほどよい甘さと色気を演出できて、年齢を問わずオススメできます! 塗ってすぐにぼかすのがポイントです。

ラインでもぼかしても使えるハイブリット感

もともとアイラインにもアイシャドウにも使える2wayタイプですが、色みによって向き不向きが。その点、キラキラピンクはどちらでも視線に熱っぽさを足せる万能さ。ライン使いをすれば、目元にほのかな赤みをプラスできます。

ぼかすと血色が血色感がジュワッと広がります。熱っぽい視線にドキッとしますよ。

NANA 氏
ヘア&メイクアップアーティスト
NANA 氏 のコメント

抜け感が出るから囲み目にしてもオシャレです!

涙袋用に持っておきたいベージュピンク「sakura2」

WHOMEE
コントロール
カラーライナー
カラー:sakura2
実勢価格:1430円

▼評価
仕上がり:◎
崩れにくさ:○
使用感:◎
評価:A


キラキラきらめくベージュピンク「sakura2」は、目の下ラインや涙袋に使うのがオススメ。なじみやすい色みなので、派手すぎず自然にうるんだ目元に。1本あると便利!

うるんだような目元に見えます。

NANA 氏
ヘア&メイクアップアーティスト
NANA 氏 のコメント

目元のくすみも隠せますよ。

ぼかして使うと大人っぽいオレンジに「kirakira orange」

WHOMEE
コントロール
カラーライナー
カラー:kirakira orange
実勢価格:1430円

▼評価
仕上がり:◎
崩れにくさ:△
使用感:◎
評価:A


「kirakira orange」は、ラインだとラメが主張して若い印象ですが、ぼかすとくすみ感が強く出て大人っぽいオレンジになります。

ラインだとややメタリックに。

今っぽいくすみカラー「dusty lavender」

WHOMEE
コントロール
カラーライナー
カラー:dusty lavender(Web限定)
実勢価格:1430円

▼評価
仕上がり:◎
崩れにくさ:○
使用感:○
評価:A

「dusty lavender」
は、はかなげな雰囲気が出るラベンダー色。繊細さを楽しむならシャドウ使いを。白肌さんにオススメです。

くすみ具合が今年っぽいです。

誰でも使いやすいブラウンカラー「brown pearl」

WHOMEE
コントロール
カラーライナー
カラー:brown pearl
実勢価格:1430円

▼評価
仕上がり:○
崩れにくさ:△
使用感:◎+
評価:B

「brown pearl」
は、指でぼかすだけで自然な陰影が出てヨレしらずです。誰もが使いやすい定番のカラーといえます。

万人に似合うブラウン系です。

ちょっとだけ赤みを足したいときに「twilight red」

WHOMEE
コントロール
カラーライナー
カラー:twilight red
実勢価格:1430円

▼評価
仕上がり:○
崩れにくさ:△
使用感:◎
評価:B

「twilight red」
は、目元に女性らしさをプラスするブラウンみのあるレッド。ラインでもぼかしても失敗しません。

赤みをちょっと足したいときにおすすめ。

白肌さんにおすすめのくすみグリーン「night forest green」

WHOMEE
コントロール
カラーライナー
カラー:night forest green
実勢価格:1430円

▼評価
仕上がり:△
崩れにくさ:○
使用感:△
評価:B


硬質な光のくすみグリーン「night forest green」は、肌色で発色がバラついて、使いこなしが難しそう。白肌さんならくすみにくいですよ。

シャドウよりライン使いによさそうです。

C評価: くすみゴールドはラメが多くて伸びにくい「foggy moon gold」

WHOMEE
コントロール
カラーライナー
カラー:foggy moon gold
実勢価格:1430円

▼評価
仕上がり:△
崩れにくさ:◎
使用感:△
評価:C

「foggy moon gold」
は、月光のようなくすみのあるゴールド。色みはよかったのですがラメが多い分、伸びに難ありです。使いどころに困りそう。

伸ばすと色みが出ずイマイチに……。

C評価: 難易度高めの青みがかったグレー「space gray」

WHOMEE
コントロール
カラーライナー
カラー:space gray(Web限定)
実勢価格:1430円

▼評価
仕上がり:△
崩れにくさ:△
使用感:△
評価:C

「space gray」
は、青みがかったグレーで、見た目どおりに発色しにくく難易度は高めです。ぼかすとバブリーな印象になりがち。くすみも出やすく白肌さん向きです。

ぼかすとキツい目元になってしまいました。

以上、リニューアルしたフーミー「コントロール カラーライナー」全9色の紹介でした。

高評価だったピンク系とオレンジの血色感カラーは、どれもノーテクニックでサッと引いたり、パパッと指でぼかしても色気のあるじんわり仕上がりになるので、このシリーズ本来の持ち味を堪能できる逸品! お直し用に一本持っておくのもアリです。ぜひお試しくださいね。

ちなみに、「HAPPYをチャージしてくれるアイコスメ」特集を掲載した『LDK tne Beauty』2021年5月号はこちらで読むことができます。

『LDK the Beauty』2021年5月号

晋遊舎
『LDK the Beauty』
2021年5月号

こちらも参考にしてみてくださいね!