ビューティー肌疲れを感じたらスキンケアの見直しが効果的!

ここ最近、マスク着用や生活の変化で、肌荒れに悩む人が急増中。お悩みではありませんか。お肌ストレスを感じている人が増えているんです。しかも、これから始まる冬に向けて、肌はますます荒れやすい状態に。そんな不安定なときこそ、スキンケアを見直したり、アップデートしていく必要があるんです。

そこで、テストする雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ雑誌の『LDK the Beauty』が、美容皮膚科医に取材し、with マスク時代に合わせた美肌の新習慣をご紹介します。

こんな今だからこそ、間違いケアを見直して、美肌をキープしていきましょう!

ビューティー朝のケアの見直しポイントは?

朝のスキンケア。しっかり保湿して、一日中うるおったツヤ肌をキープしたいところですね。日中のダメージの予防には、朝のケアこそがとっても重要なんです。

見直しポイントをご紹介します。

ビューティー見直しポイント1:UV対策をして朝日を浴びる

紫外線はお肌の大敵ですが、朝日は美肌作りのサポーターなんだとか。毎日10分ほど浴びると幸せホルモンであるセロトニンが増加。生活のリズムが整ううえに、夜の睡眠の質まで向上させてくれる強い味方なんですって。

ビューティー見直しポイント2:朝食は和食にチェンジ

朝食は、パンやスムージーなどより、和食がおすすめ。なぜなら、和食には美肌に効く食品が豊富だからです。たとえば強い抗酸化力のあるナスの皮や、納豆には若返り効果があるといわれているんですって。スキンケアだけでなく、朝食をしっかり食べることも大切だそうです。

ビューティー見直しポイント3:レチノールケアで抗酸化力アップ

肌が弱っているときこそ、抗酸化力を高めるレチノールケアがおすすめです。レチノールはビタミンAの一種で活性酸素の除去のほか、シワの改善、ターンオーバーの促進などの効果が。ただし、朝は必ず紫外線ケアも忘れずに。

資生堂
バイタルパーフェクション
リンクルリフト ディープレチノホワイト4
実勢価格:1万2480円

資生堂
エリクシール エンリッチドリンクルクリーム
実勢価格:4460円

大仁田亜紀 氏
皮膚科専門医
大仁田亜紀 氏 のコメント

抗酸化力があるレチノールは、シミなどの原因となる活性酸素を除去する働きがあるため、朝晩のケアにオススメです。

ビューティー見直しポイント4:化粧水&乳液はハンドプレスで

マスクによる摩擦が日常化している今、スキンケアといえど顔をこするのは厳禁。化粧水や乳液をつけるときはやさしいハンドプレスで、こすらないよう心がけましょう。

ビューティー見直しポイント5:朝の洗顔でも洗顔料はマスト

極度の乾燥肌でない限り、朝の洗顔にも洗顔料を使いましょう。寝ている間に出た皮脂を落とし、きれいな状態のお肌にスキンケアをするのが正解です。

ミノン
アミノモイストジェントルウォッシュ ホイップ
実勢価格:1359円

▼朝の見直しポイントはこちらでもご紹介しています!

以上、美肌をつくるスキンケアの見直しポイントでした。

ちなみに、「老けない、悩まない 美肌力アップデート」特集を掲載している『LDK the Beauty』2020年12月号はこちらで読むことができます。

ビューティー『LDK the Beauty』2020年12月号

『LDK the Beauty』
2020年12月号

ぜひ参考にしてみてくださいね。