ビューティーwithマスク時代にマッチした新コスメ&テク

マスク生活が続く日々。「顔が半分隠れると目元がキツく見える」「マスクにファンデやリップが色移りする」「とにかく崩れまくる」など、今までにないメイク悩みが浮上。どうしていいか分からない! と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

withマスク時代にマッチした新コスメ&テク

今、我々に必要なのは、「マスクでくずれないベースメイク」「マスクにつかないスゴリップ」「ふんわりやさしげアイになるシャドウ」など、マスク新時代にマッチしたコスメやメイクテクニックではないでしょうか。そこで、今一番必要なベストコスメ&テクニックをメイクのプロに徹底取材&大検証しました。

ビューティーマスクをしたときのアイメイクの強弱や色選び

▼いつものナチュラルメイクがすっぴんっぽく見える
▼しっかりメイクだとキツめの顔になる……
▼イマイチメイクの正解がわからない


このようなお悩みありませんか。これは、鼻筋や顔全体でバランスをとっていた「立体感」や「明るさ」が、マスクによって失われてしまうから。マスクをしてチークやリップが隠れると、メイクのバランスが激変してしまうんです。

マスク時代のアイメイクでは、アイメイクのやり方を上手に調整していかないと、やたら怖い顔になったり、眠そうな顔になったり、すっぴんに見えたりと、微妙な仕上がりになってしまいます。

そこで今回は、眉やまつ毛の色味を見直して目元の美人度をアップするコツをご紹介します。

植木祐里加 氏
メイクアップアーティスト
植木祐里加 氏 のコメント

顔が隠れるといつものメイクの印象がガラッと変わるんです!

ビューティーマスク前提ならいつもよりトーンアップしてもOK

マスク前提ならいつもよりトーンアップしてもOK

目元のニュアンスを変えたい、雰囲気を和らげたいというときは、いつもよりワントーン上の眉マスカラを使ってみましょう。より抜け感が出て明るい印象に!

上の写真のように髪色に合わせたナチュラルな色(右)でもいいけれど、マスクで顔が隠れている今は、左くらい明るい色にトーン上げててもちょうどいいんです。

KIWA 氏
ヘアメイク
KIWA 氏 のコメント

眉がトーンアップすると目元が明るい印象になります。

眉マスカラは2ステップで塗るのがポイント

眉マスカラは2ステップで塗るのがポイント

眉マスカラは、毛の流れに沿って塗るだけだと色のつき具合がイマイチです。

まず毛の流れに逆らってブラシを動かし、次に毛の流れに沿ってブラシを動かしつつ、眉尻まで整えていくとしっかり色がつきますよ。

ビューティー「メイク感のある眉」は長さと太さで決まる

「メイク感のある眉」は長さと太さで決まる

マスクをしていると眉と目しか見えないため、眉がぼんやりしているとノーメイクに見えてしまいます。

普段パウダーだけならペンシルで輪郭をはっきりさせるなど、ノーマスクのときよりやや太め、長めを意識して眉を描きましょう。

ビューティーあえて黒マスカラで目力をアップ!

あえて黒マスカラで目力をアップ!

まつ毛には黒マスカラをオン。眉マスカラで眉に抜け感を出した場合は、ブラウンよりも黒の方が印象づけられ、目元だけで美人ぽさを出せます。ビューラーでしっかり上げて、まつ毛を主役にしてあげましょう。

植木祐里加 氏
メイクアップアーティスト
植木祐里加 氏 のコメント

アイシャドウはベージュ系のラメだけにするとまつ毛が際立ちます!

おすすめのマスカラはこちら。

あえて黒マスカラで目力をアップ!
あえて黒マスカラで目力をアップ!

ピメル
パーフェクト
ロング&カールマスカラ
購入価格:1100円

ピメル「パーフェクトロング&カールマスカラ」は、蒸気を当てても色落ちしません!

マスカラは液を根元につけてちょい置きするのがコツ

マスカラは液を根元につけてちょい置きするのがコツ

ボリューム系のマスカラは重ね塗りするとダマになりやすいので、根元にちょい置きして乾かし、毛先はサッと塗るのがコツです。根元にちょい置きはダマ防止のほか、目力アップ効果もありますよ。

ビューティーまつ毛のカールをキープするなら粉をオン

まつ毛のカールをキープするなら粉をオン

マスクの上から漏れる蒸気でまつ毛が下がってしまう問題は、まつ毛にフェイスパウダーを仕込んでおくことで解決できます。パウダーが余分な皮脂や水分を吸ってカールを持続してくれます。

サラサラ系のパウダーかベースっぽい色のアイシャドウでもOK。パフでうまくのらなければブラシでのせるとやりやすいです。

KIWA 氏
ヘアメイク
KIWA 氏 のコメント

部屋の温度を下げて除湿しておいてからメイクするとカールしやすくなるんです!

目元の美人度をアップするためのwithマスク時代の「眉とマスカラの色味」についてご紹介しました。色味をちょっと変えるだけでぐんとあか抜けするので、ぜひ試してみてください!

ちなみに、「withマスク時代のメイク悩み解決します!」特集を掲載している『LDK tne Beauty』2020年10月号はこちらで読むことができます。

ビューティー『LDK tne Beauty』2020年10月号

『LDK tne Beauty』2020年10月号

『LDK tne Beauty』
2020年10月号

ぜひ、記事を参考にしてみてください!