<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK the Beauty』2020年8月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ビューティー美肌に欠かせない基本の「き」を守って、肌老けを防止!

美肌を遠ざける間違った習慣……。無意識にやっていませんか。一歩進んだテクニックを試す前に、まずはキホンをご紹介します。
どんなにいいスキンケア用品をそろえても、基本ができていなければ無駄になりかねません

たとえば、日頃の丁寧なUVケア、 うるおい補給、そして肌に刺激を与えない洗顔やメイク習慣などは、基本中の基本です。

ここを怠ると、一気にシワやたるみが進んでしまう可能性も……。一歩進んだ老けない肌をつくるためのテクニックを試す前に、まずは基本を押さえて素肌を整えるところからスタートしてみましょう。

今回ご紹介するのは「UVケア」。意外と知らないUVケアの基本やUVアイテムの使い方などをまとめましたので、ぜひご覧ください。

ビューティーシミだけじゃない! ほぼすべての肌老化は紫外線から!

UVケアと聞くとシミ予防のみ......と考える人もいるかもしれませんが、実は紫外線によるダメージは、シワ、たるみ、開き毛穴などあらゆる肌老化につながります。活性酸素が増え、細胞が酸化。シワシワの原因にも。

UV-Bは表皮にダメージを与えシミの原因になり、UV-Aは真皮まで届いて活性酸素を増やしシワやたるみの原因になります。

美肌を目指すなら紫外線ケアは超基本。毎日かかさずブロックすることが大切です。

ビューティーUVケアの基本は365日。紫外線は家の中でも!

UVケアは外出するときだけではなく、1日家から出ない日でもマストです。家の中であっても窓を通して紫外線は入ってくるため、無防備に浴びてしまいます。

また、日焼け止めには手軽なスプレータイプもありますが、吹きかけ方でムラになることもあるため、手で塗るクリームやミルクタイプがおすすめです。

ポイント:UV-Aは屋内でもガラスを抜けて届きます!

ガラスがカットできるのはUV-B。真皮層に届くUV-Aは窓を通して入ってきます。家から出ないノーメイクの日も日焼け止めは必須です。

ポイント:日焼け止めはムラが出にくい液体やクリームタイプを!

のばして全体にしっかり塗れるのは液体やクリームタイプ。パウダーやスプレーはお直し用として使いましょう。

クリームタイプの日焼け止めはこちら。

コパトーン
プロテクション UVプラスミルク
日焼け止め 無香料
実勢価格:1500円

AQUA SAVON
アクアシャボン
スポーツ
薬用美白UVクリーム NO.1
実勢価格:1980円

ビューティーエイジングケア目的なら、UV-A、UV-B両方防げるものを

日焼け止めは、UV-Aカット、またはUV-Bカットなど単体のUVカット成分に特化したもの、混合のものなどいろいろな種類があります。エイジング目線であれば、外出時に塗るものは両方カットできるものを選択するのが正解です。

ポイント:UV-Aはシワたるみの原因に

UV-Aは真皮層に到達しコラーゲンを破壊します。シワやたるみ予防の観点なら、真皮層まで届くUVカット成分が効果的です。

▼UV-Aカットに効果的な成分
・紫外線吸収剤

t-ブチルメトキシジ、ベンゾイルメタン

・紫外線散乱剤
酸化亜鉛

ポイント:UV-Bはシミの原因に

UV-Bは表皮にしか届きませんが炎症やシミの原因になります。

▼UV-Bカットに効果的な成分
・紫外線吸収剤

メトキシケイヒ酸、エチルヘキシル

・紫外線散乱剤
酸化チタン

どちらもエイジングに関係するので、両方防げる日焼け止めを使いましょう。

ビューティー日焼け止めはスキンケアの一環として毎日の習慣に

朝起きて、洗顔後は化粧水、乳液で保湿をしたら、すぐに日焼け止めを塗る流れをつくりましょう。日焼け止めの白浮きも、スキンケアのタイミングで一緒に塗れば、朝食後メイクをする頃にはなじんで防止することができます。塗り忘れ防止にもなり一石二鳥ですよ。

ポイント:化粧水・乳液・日焼け止めはセットと心得て

化粧水・乳液・日焼け止めを1セットとして朝の習慣にするのがおすすめです。

(1)化粧水

NOV
ノブ III
フェイスローション
実勢価格:4650円

(2)乳液

NOV
ノブ III
ミルキィローション
実勢価格:4570円

(3)日焼け止め

PAPLAL
パプラール
UVマルチプロテクション
実勢価格:2950円

朝起きて、洗顔→保湿 →日焼け止め→朝食の流れをルーティン化してみましょう。

ポイント:顔全体なら500円玉大は必要!

顔全体に塗るなら少量では足りないこともあります。500円玉大を目安に塗ってくださいね。

ビューティー首やフェイスラインにも日焼け止めを!

紫外線は上からはもちろん、下からもがっつり攻めてきます。日傘を使用するときも、頭上からの紫外線はガードできますが、照り返しで紫外線は下から当たります。日焼け止めは首やフェイスラインなど、顔正面以外にもしっかり塗っておきましょう。

以上、美肌を保つための基本中の基本「UVケア」についてご紹介しました。日焼け止めは美肌のために一年中どこにいても欠かせないアイテムの一つ。いつでも塗れるよう手元にあるといいですね!

ちなみに、「完全版 老けない肌のつくり方」特集を掲載している『LDK the Beauty 8月号』はこちらで読むことができます。

ビューティー『LDK the Beauty』2020年8月号

『LDK the Beauty』
2020年8月号

ぜひ、記事を参考にしてみてください。


ビューティー