AV機器令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

AV機器迫力のある音を楽しめる
重低音に強い「トールボーイ型」

好きな音楽を「良い音」で聴くためには、欠かせないのがスピーカーですよね。

トールボーイ型は背が高く、縦に細長いのが特徴。スタンド部分で容積を稼ぎ、低音再生用のウーハーをダブルで付けられるので、低音を強調するのが得意です。

迫力のある重低音を感じられ、ホームシアター用のスピーカーやクラシックなどの音楽鑑賞などに適しています。

AV機器識者絶賛の超低音が本気で腹に響く
2019年ベストバイはコレ

FYNE AUDIO
F303
実勢価格:12万1000円
(ペア)

サイズ:W190×H962×D271mm
重量:14.6kg(1本)
再生周波数帯域:32Hz~28kHz
能率:91dB

「FYNE AUDIO」は、2017年に創業したスコットランドのスピーカーブランドです。

新しいメーカーでありながら、開発や販売などスピーカー業界の最前線で活躍してきたメンバーが揃っており、ヨーロッパを中心に高い評価を獲得。2018年に日本に初上陸しました。

今回、トールボーイ型が得意とする重低音で圧倒的な迫力を見せ、見事ベストバイに輝いたのです。

AV機器複雑なオーケストラの音色も
見事に融合して名演奏に!!

クラシックの醍醐味は大きなホールで鳴り響くようなスケール感と多彩な楽器によるハーモニーでしょう。

そこで重要となるのが、迫力の要となる重低音です。

本機はコンピュータ解析による曲面構造をウーハーのエッジに採用し、不要な振動を抑え安定した低音を実現。より低い音域である超低域をしっかり再生できるので、迫力の桁が違うのです。

圧倒的なスケール感で、まるでコンサート会場で聴いているような迫力を再現しています。その超低音は、識者も絶賛していたほどです。

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれたトールボーイスピーカーの紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。