AV機器令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

AV機器これは“普通のスピーカー”
オブ・ザ・イヤーに認定です

スピーカーにも色々と種類がありますが、場所を選ばずに置きやすいのがブックシェルフ型のスピーカーです。

その文字通り、本棚に置くことを考えられて作られていたことが名前の由来。サイズもコンパクトなので設置や移動が比較的楽に行なえます。多くの人が馴染みのある形ではないでしょうか。

今回、ブックシェルフスピーカー部門で2019年のベストバイに輝いたのが、Q Acousticsの「Concept20」です。

Q Acoustics
Concept20
実勢価格:5万5000円
(単品)
※1.Amazonは現在在庫切れ
※2.楽天はペアでの販売

サイズ:W170×H265×D282mm
重量:6kg(1本)
再生周波数帯域:64Hz~22kHz
能率:88dB

イギリスのオーディオメーカーQ Acousticsから傑作と称されている「2020i」のユニットをそのままに、エンクロージャーに手を加えて完成したスピーカーが本機です。

ブックシェルフというと、DALOやB&Wを思い浮かべる方が多いと思いますが、ようやく時代がQ Acousticsに追い付いた格好です。

AV機器全ての音域が鮮明になる
箱鳴りを抑えた最新設計

主な仕様は125㎜ウーハーに25mmソフトドームツイーターの2Wayバスレフ型を備え、エンクロージャーにはゲル状の膜を挟み込む2重構造で不要な振動を熱に変換し箱鳴りを抑えています。

バスレフ型ですが、低域に鋭いピークがなく密閉式のような特性。低域は50Hzから再生が可能で250Hzをピークになだらかな右肩下がりの特性です。

ちなみに「バスレフ型」というのは、密閉した箱の一部にポートと呼ばれる筒を取り付けて内部の低音を反転させて外部に導き出す仕組みのことです。

低音の帯域を欲張ると量感がなくなり、一方で量感を強調すると低音の一部分が強調されてクセのある音になります。

しかし、本機は上記で説明した最新設計のおかげか、透明感のあるクリアーな音と正確な音場感で、それがなんと5万5000円(単品)という破格で購入できるとあっては体験する価値があると思います。

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれたブックシェルフスピーカーの紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。