ビューティーなんとなく美白ケア、していませんか?

スキンケアアイテムやコスメで目にすることの多い「美白」。なんとなくお肌によさそうなイメージがありますが、あいまいに使われがちな美容ワードでもあります。

実際どんな効果があるのか、わからないまま使っている人も多いのではないでしょうか。

具体的にいうと「美白」とは、「メラニン防御」「肌を明るく見せること」なんです。

1:メラニン防御

1:メラニン防御

シミを消すのではなく、未然に防ぐことが真の「美白」です。メラニンの生成をブロックするために必須なのがUVケアですが、これも美白ケアの一環。シミができる前のケアが大切です。

2:肌が明るく見えること

2:肌が明るく見えること

肌を明るく見えるとはいわゆる透明感のこと。この透明感は、肌のキメや色ムラなどに左右され、肌のキメが整うと反射で明度がアップします。スキンケア、角質ケア、メイクでの色補整などが効果的な方法です。

つまり、美白効果を得るためには、シミができる前の「メラニン制御」と「肌が明るく見える」ための日常ケアを意識することが大切というわけです。

そこで雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌であるコスメ雑誌『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、美白についての疑問や本当に効くアイテムを徹底検証。今回は、「去年の日焼け止め」「日焼け止めのモロモロ問題」について紹介します。

ビューティー「去年の日焼け止め」は今年使ってもいい?

A.劣化しているリスクがあるので、毎年買い替えましょう。

日焼け止めを含め、化粧品の開封後は早めに使い切るのが原則。とくに日焼け止めは、炎天下での使用や車内での保管で劣化する場合もあり、毎年替えるのがベスト

A.劣化しているリスクがあるので、毎年買い替えましょう。

未開封なら使ってOKです!

みついだいすけ 氏
現役化粧品開発者
みついだいすけ 氏 のコメント

中身が分離していたり臭いに異変を感じたら使用を止めて。

ビューティー日焼け止めの「モロモロ問題」は何が原因?

A.増粘剤やUVカット成分が原因。白いカスが出た時点で、日焼け止め効果は失われています。

日焼け止めの白いモロモロは紫外線散乱剤など粉状成分が核になり、増粘剤を巻き取ることで起こる現象。ジェルなどのスキンケアに入っている増粘剤と、日焼け止めの散乱剤や皮脂吸着成分などの粉状成分が重なるとモロモロが生まれやすくなります。

A.増粘剤やUVカット成分が原因。白いカスが出た時点で、日焼け止め効果は失われています。

また、塗る時の摩擦も影響。発生したら紫外線防御は望めないので塗り直しを!

みついだいすけ 氏
現役化粧品開発者
みついだいすけ 氏 のコメント

塗る量を調節することで解決できる場合も。

主な解決策はこの4つ

主な解決策はこの4つ
  • こすらずに塗る
  • オールインワンジェルの使用を控える
  • テカリ防止下地を使わない
  • ノンケミカルの日焼け止めを使わない

塗り方や製品のタイプを工夫して防ぎましょう。

長時間外出におすすめの日焼け止めはオーシャントリコ

長時間外出におすすめの日焼け止めはオーシャントリコ

オーシャントリコ
UVカットジェル
実勢価格:2200円

内容量:60g
SPF50+・PA++++
タイプ:ジェル

日焼け止めの目的は紫外線ダメージのブロック。継続使用が大切なので、製品を選ぶ時はTPOはもちろん、「やけたくない」「成分が大事」「塗り心地」など自分の優先順位で選びましょう。

雑誌『LDK the Beauty』6月号の日焼け止めの検証で高評価だったジェルタイプのオーシャントリコ「UVカットジェル」は、伸びがよく、適度にしっとりするのでデイリー使いしやすい1本。外出時間の多い日におすすめです。

以上、美白にまつわる疑問とおすすめアイテムの紹介でした。

美白ケアは長期戦。結果を焦らず毎日コツコツ続けていきましょう!

ビューティー日焼け止めの売れ筋ランキングもチェック!

日焼け止めのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。