ビューティー2022年春の新作カラーマスカラから年中使える逸品を探せ


カラーマスカラを買っても、ビビッドすぎたり、発色が悪かったり、色選びに悩むという人も多いかもしれません。でも最近は、色が複雑に混じったニュアンス系が充実していて、初心者でも使いやすく進化しています。

そこで、雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌であるコスメ雑誌『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、2022年春の新作カラーマスカラから、誰でも似合って季節問わず年中使える優秀な逸品を探しました。

2022年春の新作はここがスゴイ:パーソナルカラー関係なく楽しめる色展開

2022年春のカラーマスカラはシャドウは、さまざまな色が混ざった一言で表せないニュアンスカラーが充実。イエベ・ブルベ関係なく、自分のつけたいカラーを選んでも失敗しにくいのがいいです。

菊池美香 氏
ヘアメイク
菊池美香 氏 のコメント

肌色にとらわれず使えます!

2022年春の新作はここがスゴイ:発色がいいのに悪目立ちしない

一見使いにくそうなカラーでも、塗ってみると意外となじむものが豊富。高発色なのに派手な印象にならず、日常使いもできるのがメリットです。

パッと見は難しそうでも、塗ると派手になりません。

菊池美香 氏
ヘアメイク
菊池美香 氏 のコメント

まつげの黒に重ねるので、見たまま発色にはなりません。

ということで今回は、かわいいけれど甘くなりすぎないベリー系カラーマスカラから、ベストバイとなったおすすめをご紹介します。

ビューティー2022年春のカラーマスカラのベリー系で使えるのは?

2022年春の新作アイテムの中から、年中使えるカラーマスカラを探すべく、今季豊作なベージュ系、ベリー系、ブルーグリーン系、テラコッタ系、パープル系の5色にタイプを分けて検証しました。

仕上がり、カールキープ力、落ちにくさを比較

マスカラの付きや発色、色の使いやすさといった仕上がりや塗布6時間後のカールの下がり具合を比較。また、目薬を垂らし紙でこすり、色移りをチェックしました。

以上の3項目を比較した結果、この春たくさん登場しているベリー系マスカラでベストバイに輝いた製品がこちらです。

A評価発色がキレイなRMK
「ハイボリュームマスカラ 
カラーEX01(限定)」

王冠アイコン

RMK
ハイボリュームマスカラ
カラー:EX01(限定)
実勢価格:3850円

▼テスト結果

  • 仕上がり   :◎
  • カールキープ力:◯
  • 落ちにくさ  :◎

2022年春の新作カラーマスカラのベリー系でベストバイとなったのは、RMK「ハイボリュームマスカラ カラーEX01(限定)」。まつげに負けずほんのり色づくベリー色は、肌色や年齢を問わず大活躍します!

テスト1:仕上がり

ベリー色がなじみながらもさりげなく主張。しっかり色づくのに重たい印象にはなりません。

テスト3:落ちにくさ

塗布したつけまつげに目薬を垂らしてこすったあとの紙には、ほとんど色が移りませんでした。

メイクのポイント:ベージュ系など主張の強すぎないシャドウをプラス

キレイな発色のベリーを主役にするために、アイシャドウはベージュのみのシンプルメイクに。マスカラは上下に塗ってもくどくなりません。

菊池美香 氏
ヘアメイク
菊池美香 氏 のコメント

同系色のアイシャドウでもかわいく仕上がります。

RMK「ハイボリュームマスカラ カラーEX01(限定)」は、ブラシはかなり大きめですが、密度がある分、ひと塗りでまつげ全体にムラなく液がのり、発色を楽しめます。仕上がりはボリュームタイプと思えない繊細さで、ふわっと広がり感のある美まつげになります。

ビューティーマスカラの売れ筋ランキングもチェック!

マスカラのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、2022年春の新作アイテムから、カラーマスカラのベリー系のベストバイでした。

ベリー系のマスカラは難易度高めと思われがちですが、RMKは近づけばわかるくらいのナチュラルさで絶妙なニュアンスカラーだから、初心者にもおすすめです。