ビューティー毛穴に効果のあるクレンジングは存在するの?

肌のお悩みNo.1の毛穴。美容液や洗顔料のみならず、最近ではクレンジングでもケアをうたう製品が急増していますが、正直どこまでの効果が期待できるのかギモンです。

そこで、雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌であるコスメ雑誌『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、美容皮膚科医の先生や化粧品成分のプロに毛穴ケアの正しい知識とケア製品の選び方を教えてもらいました。

今回は、今回は、「温感ジェルで毛穴をケア」「オイルフリーでやさしくオフ」といったつい手が伸びてしまう惹かれワードの真相とおすすめの毛穴クレンジングアイテムを紹介します。

ビューティー真相1:温感ジェルは洗浄力を犠牲にしているだけ

「温感ジェルで毛穴をケア」とうたうものもありますが、温感ジェルは温感クレンジングに含まれる保湿成分のグリセリンと、肌の水分が反応して発熱する仕組み。油の配合量が少ないため、他のタイプと比較すると落ちにくいのがネック。

温感クレンジングを使ってメイクオフした後も小鼻の下地が残っていました。洗浄力が低く、メイクが落ちきらないほうが心配です。

コスメデイン 氏
現役化粧品開発者
コスメデイン 氏 のコメント

温感ジェルで毛穴が開くほどの温度にはなりません。

ビューティー真相2:オイルフリーでは毛穴の汚れが落ちにくい

下地やファンデーションなどのメイクアイテムはオイルでつくられているので、オイルで落とすほうがなじみやすく肌負担がありません。まつエク派やオイルが苦手な人以外は、あえてオイルフリーを選ぶメリットはナシ。

洗浄力のテストでは、オイルインだとキメの中までしっかり落ちていましたが、オイルフリーだと全体的にファンデーションが残るという結果に。同じジェルでも落ち方に差が出ました。

石渡比奈子 氏
元化粧品メーカー勤務
石渡比奈子 氏 のコメント

オイルフリーでなくても少量しか入っていなければ落ちにくいです。

毛穴をキレイにしたいなら、買わせるためのウリ文句より「洗浄力」を重視するのがポイント。

そこで毛穴ケアをうたうクレンジング18製品を比較したところ、こすらず落ちて高評価だった2製品を紹介します。

A評価おすすめアイテム1:「スムースクレンジングバーム」

パーフェクトワン フォーカス
スムースクレンジングバーム
実勢価格:2970円

※リンク先はセット商品を含む販売ページです

▼テスト結果

  • 洗浄力:◎+
  • 成分 :◎
  • 使用感:◎+
  • 評価 :A

圧倒的な洗浄力の高さと洗顔後のしっとり感で見事ベストバイに輝いたパーフェクトワン フォーカス「スムースクレンジングバーム」。

群を抜く洗浄力なのにつっぱり感ゼロでつるピカ毛穴を叶えます。やわらかく伸びのよいテクスチャーも使い勝手抜群で、名前のとおりパーフェクトな実力です。

テスト結果1:洗浄力

毛穴のある肌を再現したバイオスキンにファンデーションを一定量塗り、クレンジングで落として洗浄力の違いをチェックしました。

その結果、「スムースクレンジングバーム」はテストした18製品中ナンバーワンの実力。ほとんど落ちていないワースト製品に比べ、凸凹部分まで白くなりました。


テスト結果2:成分

洗浄力は高いですが、皮脂を落としすぎないエステルオイルを使用。刺激成分も入っていません。洗顔後のつっぱり感がないのも高評価でした。

石渡比奈子 氏
元化粧品メーカー勤務
石渡比奈子 氏 のコメント

エステルオイルは肌にやさしくメイクオフできます。

A評価おすすめアイテム2:「すっきり毛穴ケア クレンジングバーム」

ダヴ
すっきり毛穴ケア
クレンジングバーム
実勢価格:1980円

※リンク先はセット商品を含む販売ページです

▼テスト結果

  • 洗浄力:◎
  • 成分 :◎+
  • 使用感:◎+
  • 評価 :A

ダヴ「すっきり毛穴ケア クレンジングバーム」は、手で伸ばしたら瞬時に溶けて、しっとり仕上がると高評価。ベタつきもなく、毛穴の奥までしっかり落とせます。ヒト型セラミドなどの保湿成分も入っていて、成分も満点でした。

リピートしやすい値段でこの実力はコスパ抜群です。

テスト結果:使用感

見た目は硬めのバームですが溶けるスピードが速いため、寒い冬場でも使いやすいです。ファンデーションにもすぐなじみます。

読者モニター
読者モニター
読者モニター のコメント

バームは溶けにくい印象でしたがこれはなめらか!

ビューティークレンジングの売れ筋ランキングもチェック!

クレンジングのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、毛穴クレンジングの真相とおすすめの毛穴クレンジングの紹介でした。 

毛穴ケアの基本として、「その日のメイクをしっかり落とす」ことが最重要。今回、オイル、ジェル、バームの3種18製品を比較したところバームがA評価を独占しました。

ベストのパーフェクトワンは、洗いすぎの心配もなく、どんなメイクにも対応できる逸品。コスパ重視派には、お財布にやさしいダヴもオススメです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。