ビューティー美髪の第一歩! 大事なのは頭皮ケアでした

頭皮ケア、意識してますか? 髪のケアは頑張っていても、頭皮ケアについて意識している人は意外と少ないのではないでしょうか?

じつはフケやかゆみのほか、髪のパサつきやダメージ、うねりといった髪悩みの原因の多くは頭皮からきているんですって。

そこで、髪問題を一気に解決し、美髪になるための頭皮ケアのテクニックとアイテムを、雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ誌の『LDK the Beauty』がご紹介します。

今回は、まずチェックしたい「日々の頭皮ケア習慣」についてです。

ビューティータバコと過度なダイエットはNG!

頭皮環境をよくするには、清潔さと血行の促進が2大条件なんだそう。血行を悪くする行為は極力控えましょう。

一番避けたい習慣は、タバコ過度なダイエット

タバコに含まれるニコチンは、血行不良の要因になると言われています。また、過度なダイエットは髪に大切な栄養素が不足しがちになるため要注意です。

佐藤卓士 先生
アヴェニュー表参道クリニック 院長
佐藤卓士 先生 のコメント

ダイエット中はビタミン類と亜鉛を意識的に補って!

ビューティー頭皮に違和感を感じたらまずセルフチェックを!

頭皮に違和感を感じたときは、まずは自宅で確認し、問題があれば専門医に診てもらいましょう。

頭皮を詳しく観察するにはマイクロスコープが必要ですが、実は自宅でも簡単に確認できます。

触れずに計測できる体温計を用意して、頭頂部の温度が体温より大幅に低くないかチェックしましょう。

または頭皮の色をチェック。茶色や黒、極端に白い場合は、血行が悪く新陳代謝が衰えている可能性アリ。健康なら青白っぽいか、ピンク色をしているそうです。

ビューティーカラーやパーマは頭皮ダメージの原因に!

健康な頭皮は弱酸性なのに対し、パーマ剤は強い酸性のためピリピリしたり湿疹が出ることがあります。

カラー剤に含まれる酸化染料はかぶれの引き金にも。施術後は頭皮を刺激せず優しく洗い、ダメージを感じたときは一旦休んでリカバリーをしましょう。

カラーやパーマのあとは、いつも以上にやさしくしましょう。

ビューティーフケが気になるときは保湿が足りてない!

フケの原因は
●洗浄が足りず古い角層が残っている
●洗いすぎて必要な皮脂まで失われ乾燥している

のどちらかの場合が多いのだとか。

ドライヤー後に頭皮用保湿剤でうるおいを与えるのがベストですが、軽い場合、とりあえずの保湿は手持ちの顔用化粧水で代用してもOKです!

ミノン
アミノモイスト エイジングケア ローション
化粧水 150mL
実勢価格:2227円

ビューティー1日3分のマッサージで健康な頭皮を取り戻す!

頭皮は重力に引っ張られて徐々に伸び、加齢と共にかたくなってしまいます。放っておくと血行が悪くなり薄毛の原因になってしまうので、毎日のマッサージで血行を促しましょう。

爪を立てず、痛気持ちいい程度が目安です。指を頭皮に当てたまま頭頂部に向けてグイッと押し上げることで、毛細血管を刺激して血行促進できますよ。

ビューティーセルフがメンドウならマッサージャーを!

マッサージを行う上での理想は、夜のドライヤーの後と朝のスタイリング前の1日2回。

でも面倒なら1日1回、マッサージャーでもみほぐすだけでも効果が現れます。

井上哲夫 氏
一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所 所長・理事
井上哲夫 氏 のコメント

負担にならない方法で毎日続けることが大切。

以上、「日々の頭皮ケア習慣」についてご紹介しました。

ちなみに、「今、始めるべき頭皮ケアのハナシ。」特集を掲載した『LDK tne Beauty』2021年2月号はこちらで読むことができます。

ビューティー『LDK the Beauty』2月号

LDK the Beauty
2021年2月号

ぜひ、記事を参考にしてみてください!