ビューティーあの美容法はホント? 専門家に取材&徹底検証

「同じスキンケア製品は使い続けない方がいい」「ダイエットといえば断食」など、雑誌やSNS、テレビなど巷に溢れるいろいろな美容法。いつまでもキレイでいたい、毎日気持ちよく過ごしたいと願う人なら、あれもこれも気になりますよね。

でもなかには、「コレ本当に効果あるの?」、「逆効果じゃないの?」と疑問に思うものもあるのではないでしょうか。そこで、雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ誌の『LDK the Beauty』が「スキンケア」、「ボディケア」、「ヘアケア」にまつわる、巷のさまざまな美容法をピックアップし、専門家に取材、ウソか本当か大検証しました!

今回は「ヘアケア」編から、美髪にまつわるウワサや常識をご紹介します。

ビューティー動物性ブラシでツヤが出るってホント?

A. 一部はホント! 出ますが、使い方に注意

人の髪と動物の毛、お互いのキューティクルがこすれ合うためツヤは出ます。


ただし、キューティクルが開いた状態である濡れ髪に使うとダメージ大。乾いた髪を丁寧にとかすなど使い方を意識しましょう。

濡れた髪に使わないこと、乱暴にとかさないことを守れば、このとおり手軽にまとまりを出せます。

マペペ
濃密天然毛の
ボリュームケアブラシ
実勢価格 : 1320円

ビューティー白髪を抜くと増える?

A. そうでもない! 基本、実数は変わりません

白髪を抜くと増えたように感じるのはぶっちゃけ「気のせい」なのだとか! ただし、抜く行為が毛穴を傷めることは事実。その結果、くせ毛が生えてきたり、メラニン生成機能が弱まり白髪が生えやすくなる可能性もあるそうです。

白髪が気になるときは根元からカットするのが正解です。

白髪を見つけたら根元でカットするのが基本。抜いて痛みを感じるのは、毛穴が傷んでいる証拠です。

ビューティー白髪は永久脱毛できないってホント?

A. 一部はホント! レーザー治療では無理

一般的なレーザー脱毛は黒色に反応して照射されるため、白髪には非対応です。ただし、ニードル脱毛なら毛根へ電気を流すことで細胞を死滅させるため、白髪でも脱毛できます。

井上哲夫 氏
一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所 所長・理事
井上哲夫 氏 のコメント

レーザー脱毛は色に反応するので白髪は抜けません。ただ治療法によってはできます。

ビューティー食べもので髪はキレイになる?

A. そうでもない! 髪に栄養が届くのは一番最後

髪の90%以上はタンパク質なので、肉や魚を食べることは効果的です。ただし、髪や爪は、体にとって内臓よりも優先度が低い部位なので栄養が回ってくるのは最後。そのため、食事だけで美髪をつくるのは結構大変なんです。

意識をするならタンパク質とミネラルを摂りましょう。

タンパク質のほか、うるおいとタンパク質生成に貢献するミネラル分も重要。ミネラルは、海藻や根菜など大地に根付いた食品から摂れます。

▼タンパク質
・肉(鶏むね肉など)
・大豆
・プロテイン

▼ミネラル
・海藻(ワカメなど)
・根菜(ゴボウなど)
・貝類(アサリなど)

ビューティーローヤルゼリー美容液をシャンプーに混ぜるといい?

A. そうでもない! すすぎで流れてしまいます

ローヤルゼリーなど美容液の保湿成分はほとんどが水溶性。つまり、洗髪中に髪につけてもすすぎで流れてしまいます。

どうせ使うなら、洗髪後にヘアオイルとして髪になじませる程度のほうがしっかりツヤ髪になります。ただしエタノール入りなのでたまの使用にとどめてくださいね。

ビューティーQ. 女性でも薄毛になるってホント?

A. コレはホント! なります

薄毛は男性がなるものというイメージがありますが、働く女性が増えた現代においては性別に関係なく発症します。ストレスが主な原因です。薄毛は一度なると回復が難しいので、頭皮ケアで予防するようにしましょう。

洗髪時、しっかりもみ出し洗いをするだけで十分。皮脂を出しきり清潔に保つことが大事です。

井上哲夫 氏
一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所 所長・理事
井上哲夫 氏 のコメント

薄毛は事前の予防が大事。日頃からしっかりもみ出し洗いを。

以上、ヘアケアに関するウワサをチェックしました。

ちなみに、「美容のウソホントぜ~んぶ暴きます!」特集を掲載した『LDK the Beauty』11月号はこちらで読むことができます。

ビューティー『LDK the Beauty』2020年11月号

『LDK the Beauty』
2020年11月号

ぜひ、参考にしてみてください。