<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年7月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

パソコン年に1度の総力特集!“iPadでいまできること”を大公開

仕事や勉強、遊びにも使える「iPad」。どんな場面でも使えて、いまや24時間手放せない最強のツールです。2018年にはiPad Proが発売され、それから約1年6カ月、2020年3月に待望の新モデルが発売されるなど、iPadの進化は止まりません。

ということで、気になる最新のiPad Proのネタを含め、iPadがもっと最強になるグッズや遊べるアプリなど、「いまiPadでできること」を一挙大公開します。

パソコンリビングのテーブルでも仕事全開!iPadが化ける強化パーツ

テレワーク需要が高まっている現在、せっかくならiPadを使って家でもガッツリ仕事ができると嬉しいですよね。そこで今回は、iPad Proを強化するデスクワーク周辺機器をピックアップしました。

その中から、拡張性が上がるHyperDrive「iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub」をご紹介します。世界初のiPad Pro専用USB-Cハブとして、海外のクラウドファンディングで228万ドル(約2億5千万円)もの支援を達成して世界中で話題になった逸品です。

パソコンPC並みの拡張性!iPad Proに一番似合うハブ「HyperDrive」

ロア・インターナショナル:HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub:ハブ

ロア・インターナショナル
HyperDrive
iPad Pro
6-in-1
USB-C Hub
実勢価格:9570円

サイズ:W30.5×H93×D9mm
重量:約34g
端子:4KHDMI、SD、micro SD、USB3.1 Gen1、3.5mmaudiojack、USB-C

HyperDrive「iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub」は、4Kクオリティの映像出力、最大5Gbpsのデータ転送など、近年求められるハイスペックな機能が備わっています。

この小ささで6種のポート搭載していて、映像、音声、データ通信、考えられるすべてがそろっているといっていいほどに端子類が充実しています。iPad Proで仕事するときにぶつかるポート問題を一気に解決。Mac並みに拡張性が上がります。

USB-C端子はPD対応のため、最高60W出力で給電が可能。ハブを使用しながら充電ができる点はデスク上のメインマシンとして使ううえで心強い機能です。

また、iPad Pro専用ですがMacやWindowsなどのPCにも対応しているので、同梱のUSB-CアダプターでiPad以外の機器でも入出力端子を拡張可能です。特に端子が減った最新のMacBookとの相性は抜群!

さらに、iPad Proの厚みを考慮した独自の設計によって高いジョイント強度を実現。ケーブルを抜き挿しする際に一緒に外れてしまうのを防いでくれます。

以上、iPadを強化するデスクワーク周辺機器、HyperDrive「iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub」のご紹介でした。

iPadでも快適に仕事ができるようになるアイテムは、まだまだたくさん!ほかにも、サンロクマルでご紹介していくので、ぜひチェックしてみてくださいね。