メンズ髭剃り型のT字が決め手
「梳く」事で自然な仕上がりに

まずは従来の「ムダ毛」処理がどのようになっていたかを確認しましょう。

一番キレイさっぱりできるのは、なんといっても除毛フォームによる脱毛法です。

ものすごくつるつるになります。コレで良ければいいのですが、ちょっとやりすぎて恥ずかしい……と感じる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、従来のくし形トリマーを使ってみるとどうかというと……。

自然なムダ毛の雰囲気は保てますが、どうしても使いにくい場所が出てきてしまい、まばらな出来ばえに。

これらの問題を解決してくれるのが、貝印の「レッグトリマー」なんです!

ムダ毛:除毛:貝印:レッグトリマー

貝印
レッグトリマー
実勢価格:278円(2本入り)

メンズ剃るのとは異なり
自然な仕上げに!

では実際に、レッグトリマーの実力を見てみましょう。男性には馴染み深いT字型は狙った箇所にぴったりフィット。長い毛を短く整える事で見栄え良く、自然で清潔な仕上がりを実現してくれます。

こちらの青枠を「レッグトリマー」で梳いてみると……。

ご覧のような見た目に。ムダ毛を処理した違和感もありません。

アップにしてみましょう。短く切り揃えられることでスッキリとしているのが見て取れます。

メンズこの差はどこで?
他のトリマーと比較をすると……

従来の「くし型」トリマーをまとめて試してみたところ、このタイプはどれも手の届きに行くい箇所になると力加減が難しいという結果に。場所によって梳き過ぎてしまうなどの扱いづらさが目立つ結果になりました。

ムダ毛:除毛:ニッケンかみそり株式会社:ムダ毛ジョリー

ニッケンかみそり株式会社
ムダ毛ジョリー
実勢価格:1090円

切れ味がよく、長さを選べるのは便利ですが、くし型という形状そのものが持つ扱いづらさを感じました。

ムダ毛:除毛:ギャツビー:ボディ ヘアトリマー

ギャツビー
ボディ ヘアトリマー
実勢価格:580円

他の物より安価で切れ味も合格点ですが、扱いに慣れるまでは上手く剃ることができませんでした。これらに比較して、「レッグトリマー」の扱いやすさはやはりダントツ。

足以外の部分でも体毛の気になるところはどこにでもフィットし、綺麗に切り揃えることができます。このお値段で2本入りというのもありがたいところですね。

「レッグトリマー」といっても、もちろん腕にも使えます。これまで一切「ムダ毛」を気にしたことがないという方も、一度使えばその出来栄えに満足していただけるはずです!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。