ビューティー肌疲れを感じたらスキンケアの見直しが効果的!

ここ最近、マスク着用や生活の変化で、肌荒れに悩む人が急増中。お肌ストレスを感じている人が増えているんです。お悩みではありませんか。しかも、これから始まる冬に向けて、肌はますます荒れやすい状態に。そんな不安定なときこそ、スキンケアを見直したり、アップデートしていく必要があるんです。

そこで、テストする雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ雑誌の『LDK the Beauty』が、美容皮膚科医に取材。with マスク時代に合わせた見直すべき美肌の新習慣をご紹介します。

こんな今だからこそ、間違いケアを見直して、美肌をキープしていきましょう!

今回は、withマスク生活で急増している「大人ニキビ」の処方箋をご紹介します。

ビューティー今こそ知りたい、大人のニキビ対策の新正解

マスクをつけているときはわからないけれど、ふと外したときに気になるアゴ周りの肌荒れ……。今までニキビに悩んだことがなかったという方も、最近のマスク生活やストレスでポツポツ、大人ニキビが出てしまうというケースも多いようです。

この機会にニキビケアの基礎知識を見直して、悪化する前に解決しましょう。Q&A形式でご紹介します。

ビューティーQ1. マスク生活でニキビが増えたの私だけ……?

A. いいえ。実際にお悩みの人が増えています!

雑誌『LDK the Beauty』が行った読者アンケートでは、今まで悩んでいなかった人もニキビができるようになったという声が多数寄せられました。

▼アンケートの質問
「年齢の変化やマスク生活などで、最近肌にどんな変化を感じますか?」

読者モニター
読者モニター
読者モニター のコメント

ニキビ増量キャンペーン中。口まわりが油ギッシュになった。

読者モニター
読者モニター
読者モニター のコメント

マスクの当たるところにニキビができるようになった。

実際にお悩みの人が増えていることが伺えます。今回取材した皮膚科の先生も、「昨年の同時期に比べ、今年は肌悩みによる来院が増えました」とのことでした。

マスクの中は蒸れています!

ビューティーQ2. もそもニキビってなぜできるの?

A. ストレスやマスク蒸れなど複数の要因があります!

ニキビは年齢別にできやすい場所が違います。皮脂分泌が活発なTゾーンにできる思春期ニキビに比べて、乾燥しやすいアゴ周りのUゾーンにできるのが大人ニキビ。

大人ニキビの主な要因

□ホルモンバランスの乱れ
□ストレス
□睡眠不足
□食生活の乱れ
   +
□マスクによる蒸れ、摩擦

ビューティーQ3. ニキビがあってもメイクしたい! ダメ?

A. しっかり落とす、清潔なツール、触りすぎない、を心がければOK!

ニキビができているとき、メイクは負担になりそうで悩みますよね。先生方にきいたところ、やり方をおさえれば大丈夫というご回答でした。

ルール1:きれいなツールで

メイク道具はきれいに見えていても雑菌がいる場合があります。長期間汚れたままで使っていませんか?

あたりまえですが雑菌がついたツールは衛生面が心配。ニキビのできているときはとくに注意。こまめに洗ったり使い捨てツールを利用するなど気をつけましょう。

ルール2:触りすぎない

ニキビを隠すために塗りこみたくなるけれど、患部はできる限りこすらない・なるべく触らないように心がけながらメイクをしましょう。

ルール3:しっかり落とす!

夜は必ずメイク汚れをきちんとオフして肌を休ませましょう。そのままの寝落ちは肌荒れにつながるのでNGです!

SUIKO
リフレッシュ クレンジングバーム
実勢価格:2420円/ 90g

ミノン アミノモイスト
モイストミルキィクレンジング
実勢価格:1300円/ 100g

以上、大人ニキビの基礎知識をご紹介しました。

ちなみに、「老けない、悩まない 美肌力アップデート」特集を掲載している『LDK the Beauty』2020年12月号はこちらで読むことができます。

ビューティー『LDK the Beauty』2020年12月号

『LDK the Beauty』
2020年12月号

ぜひ参考にしてみてくださいね。