<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は、『LDK the Beauty』2020年7月号の情報を編集したものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ビューティー知らずと溜め込んだストレスを一掃しちゃいましょう

なんだか不安が尽きない今日この頃。情報過多の毎日に、知らずと身体とストレスを溜め込んでいるかもしれません。

そこでテストする美容誌『LDK the Beauty』が、お肌にもお財布にもやさしい最強スキンケアコスメを「最強コスパ美肌大賞(アワード)」として大選出!

美容の天敵・ストレスを一掃しちゃいましょう。

今回は、コスパ美肌大賞(アワード)「ハンドソープ」部門でとくに高評価だった製品をご紹介します。

ビューティーしっかり除菌しつつ美しい手を保てる高コスパ・ハンドソープは?

毎日の除菌対策の基本アイテムとして、欠かせないハンドソープ「液体」「ジェル」「泡」など多数のタイプがあります。

LDK the Beautyが行った独自アンケートでは、8割の人がプッシュしたら泡で出てくる「泡タイプ」を使用しているとのことでした。

また、除菌や洗浄ができるものだけではなく、最近では無添加美容成分配合などといったプラス要素をうたうものも増えてきました。

ハンドソープを使ううえで、除菌力洗浄力は大切ですが、毎日使うものだからこそ肌へのやさしさも重要です。

そして、どうせハンドソープを買うのなら、菌や汚れを落としながら、美しい手を保てる製品を使いたいですよね?

そこで、テストする美容誌『LDK the Beauty』が、「手軽にパッと使える泡タイプ」で、1回あたりのコストが5円以下の“高コスパハンドソープ”ばかりを11製品ピックアップし、「除菌力」「洗浄力」「成分」に注目してテストしました。

洗顔料を選ぶ3つのテスト

今回は、3つのテストを行いました。

[除菌力]
寒天培地で培養した菌でテストしました。生肉を触った手を軽く洗って、残った菌を寒天で培養して、菌残りが少ない製品を探しました

[洗浄力]
赤土を使って、泥の汚れ落ちを検証しました。赤土をすり込んだ人工皮革を泡で軽くこすり、測色計で色差を測って洗浄力を算出しました。

[成分]
成分を洗浄成分殺菌剤美容成分など全19種に分類して分析しました。また、肌へのやさしさや保湿できるかなどもチェックしました。

※在庫切れが続いており、すぐには購入できない場合があります。1回あたりのコストは1mlとして算出しました。

テストの結果、高評価だった製品をご紹介します。

記事1位BEST「キュレル」なら手荒れ知らずで毎日キレイ!

キュレル(Curel)
泡ハンドウォッシュ(医薬部外品)
購入価格:462円

容量:230ml
1回あたり:約2円

  • 洗浄力: ◎
  • 保湿力: 〇
  • 成分: 花マル

キュレル「泡ハンドウォッシュ」は、肌にやさしい殺菌剤菌をクリアにしてくれます! アミノ酸系の洗浄成分に加えてスキンケア成分も配合し、どこまでも手にやさしい仕様です。洗浄力は平均的ですが、除菌力は超優秀。菌をしっかり洗い流しました。

[除菌力]

キュレル(写真右)は菌も脂もしっかり洗い流しました。ワーストの製品(写真左)と比べると、キュレルはサッと洗っただけなのに、ほとんど菌が残りませんでした。

[洗浄力]
汚れ落ちは74%で、洗浄力はしっかり合格点をキープ。手のシワにはやや土汚れが残ったけれど、全体的に汚れを落とすことができました。

[成分]
アミノ酸系洗浄成分、石けん成分なし、抗炎症成分
やさしい洗浄成分で、繰り返しの手洗いも安心です。刺激のある石けん成分を使っておらず、アミノ酸系洗浄成分を採用しています。そのほかに、抗炎症成分など、肌にとことんやさしい内容となっていました。

石渡比奈子 氏
元化粧品メーカー勤務
石渡比奈子 氏 のコメント

界面活性剤の刺激性が低く、手にやさしい成分配合です。

以上、“コスパ最強”のオススメハンドソープをご紹介しました。気になった方は、ぜひ試してみてくださいね。