ビューティー人気クレンジング綿棒
4製品集めてガチ比較!

アイメイク直しに便利な「クレンジング綿棒」のベストを決めるべく、人気の4製品(ロージーローザ、DHC、無印良品、RMK)を集めて比較テストを行いました。

結果、RMKはメイク汚れがキレイに消えましたが、無印良品は薄く汚れが残ってしまいました。そしてDHC、ロージーローザは汚れは消えたものの、下のファンデーションまで落ちてしまいました。

ビューティーRMKのクレンジング綿棒は
使い勝手もコスパも優秀です!

コチラが今回の4製品テストで「ベスト」の座を獲得したRMKのクレンジング綿棒です。

RMK:コットンスティック クレンジング 30本入り:綿棒

RMK
コットンスティック
クレンジング 30本入り
実勢価格:453円

綿棒に含まれているクレンジング液が優秀なので、軽い力でスルッと汚れを落とすことができました。

綿棒の片方はドライタイプで、クレンジング液のなじませや拭き取りなどに使えます。使い勝手がいいだけでなく、コスパもいいのでこれは“買い”です!

ビューティー他社のクレンジング綿棒は
惜しいところがチラホラ…

DHC:オリーブバージンオイル綿棒 50本入り:綿棒

DHC
オリーブバージンオイル綿棒
50本入り
実勢価格:432円

※Amazonあわせ買い価格です

オリーブオイルが含まれているので、汚れを落とすのと同時に保湿ができる点はうれしい! でも綿棒が硬くて細いので、使い勝手はイマイチです。

無印良品:クレンジング綿棒 10本入り:綿棒

無印良品
クレンジング綿棒 10本入り
実勢価格:190円

水分たっぷりでやわらかいのはいいのですが、汚れが落ちにくく、何度も往復させないとメイクがキレイになりません。コスパ面もちょっとザンネン。

ロージーローザ:クレンジング綿棒 25本入り:綿棒

ロージーローザ
クレンジング綿棒 25本入り
実勢価格:302円


綿棒の片方がドライタイプなのはいいのですが、クレンジグ液が少なめなうえ、先端が尖っているので汚れを落とす際に痛みを感じます……。

ビューティー小鼻などのメイク直しには
100均の綿棒がオススメ

アイメイク直しにはRMKのクレンジング綿棒がオススメですが、小鼻などにたまったファンデのオフにはダイソーの綿棒がオススメです。

ダイソー:ぬれてる綿棒 30本入り:綿棒

ダイソー
ぬれてる綿棒 30本入り
実勢価格:108円

メイクを取りすぎない方がキレイに仕上がる小鼻やほうれい線などには、ダイソーの「ぬれてる綿棒 」がオススメです。やわらかくて肌当たりがよく、ヨレたファンデーションを程よくキャッチしてくれます。

ビューティー100均の“お直しペン”
もなかなかの実力派!

アイメイクなどピンポイントで汚れを落としたいときは“お直しペン”も役に立ちます。

ドゥ・ベスト:AT メイク直しペン:アイメイク直し用ペン

ドゥ・ベスト
AT メイク直しペン
実勢価格:108円

ドゥ・ベストのお直しペンは100均アイテムながら、プロのヘアメイクさんも愛用する実力派!

汚れの上をペンでなぞって、綿棒やティッシュペーパーなどで軽く拭き取るだけでカンタンにオフできます。

……ちなみにロージーローザの「メイク修正ペンシル」も悪くはないのですが、削り出しタイプなのが惜しいです。

ロージーローザ:メイク修正ペンシル:アイメイク直し用ペン

ロージーローザ
メイク修正ペンシル
実勢価格:518円


ペンの反対側にぼかし用スポンジが付いていて、綿棒などを持ち歩く必要がない点はドゥ・ベストより便利なのですが、鉛筆のように削り出さないといけない点がちょっと面倒です。

以上、アイメイク直し用の綿棒とペンのご紹介でした。「夕方にはパンダ目になっちゃう」という方は、ぜひコチラのオススメアイテムを試してみてください。