食品雑貨昨年のベストバイの「焼肉のたれ」に新製品を加えて検証

昨年のベストバイの「焼肉のたれ」に新製品を加えて検証 イメージ

今年も“焼肉の季節”といえる夏が近づいてきました。昨年も雑誌『MONOQLO』で「バーベキュー最強のタレ決定戦」と称し、全70製品を食べ比べましたが、その後も新作が続々と登場しています。

そこで、特に好評だった「焼肉のたれ(醤油ベース)」「焼肉のたれ(塩だれ)」の2部門のベストバイ製品に、ここ1年の新製品を加えて再検証。さらに、ネット上を中心に他メディアが公開している焼肉のタレランキング上位の製品も合わせ、真の最強決定戦を開催しました。

醤油ベースの焼肉のたれでは、比較した13製品中、7製品が新製品・リニューアル製品。特徴としては、「にんにく」や「贅沢林檎」「山わさび醤油」など、フレーバー系が目立ちました。

しかし結果は、そんな数々の新製品をおさえて昨年のベストバイが再度ベストバイになりました。そこで、そのテスト結果と、高評価となったほか4製品を紹介します。

食品雑貨焼肉のたれの検証方法は?

焼肉のたれの検証方法は? イメージ

検証は昨年同様、スライスした牛モモブロックと豚バラの2種類の肉を使用。カセットコンロに焼肉プレートをのせて肉を焼き、料理家と料理研究科の2名が全15製品のたれで食べ比べました。

それでは、醤油ベースの焼肉のたれ13製品を比較して、高評価となった上位5製品を順に紹介します。

食品雑貨醤油ベースの焼肉のたれのおすすめ5選

A+評価ベストバイ:モランボン「ジャン 焼肉の生だれ」

MONOQLO: ベストバイ[リボンなし]モランボン ジャン 焼肉の生だれ イメージ1
モランボン ジャン 焼肉の生だれ イメージ2
モランボン ジャン 焼肉の生だれ イメージ1
モランボン ジャン 焼肉の生だれ イメージ2
  • モランボンジャン 焼肉の生だれ
  • 検証時価格: ¥473

総合評価: 4.67

 5.00
香り
 4.00
汎用性
 5.00

醤油ベースの焼肉のたれの検証の結果、A+評価でベストバイに選ばれたのは、昨年に引き続きモランボン「ジャン 焼肉の生だれ」でした。

醤油味で甘さやにんにく感は控えめですが、ごまが効いています。バランスがいいので、ベースにして自分好みの味付けをするにも最適です。なお、生だれなので、冷蔵で販売されています。

おすすめポイント
  1. バランスがよく、たれのベースにも最適
  2. 肉との相性が抜群
  3. まさに焼肉のイメージ
内容量
240g
型番
10002004
ベストバイ:モランボン「ジャン 焼肉の生だれ」 イメージ
ベストバイ:モランボン「ジャン 焼肉の生だれ」 イメージ2

全体のバランスがよく、自分好みのアレンジをする場合にベースとするのも優秀です。

さわけん 氏
科学する料理研究家
さわけん 氏 のコメント

特徴はないけれど、肉の旨みと合わさると完璧。焼肉のイメージを体現しています。

A評価創味食品「創味 焼肉のたれ」

  • 創味食品創味 焼肉のたれ
  • 実勢価格: ¥1,580

※Amazonは2個セットです

総合評価: 4.33

 4.00
香り
 5.00
汎用性
 4.00

醤油ベースの焼肉のたれの検証の結果、A評価となったのは、創味食品「創味 焼肉のたれ」でした。

にんにくが強めですが、野菜の旨味や甘味もあります。

おすすめポイント
  1. 野菜の旨味や甘味がしっかり
内容量
320g
創味食品「創味 焼肉のたれ」 イメージ

A評価肉のコバヤシ「タレ七代目こばやし」

  • 肉のコバヤシタレ「七代目こばやし」
  • 実勢価格: ¥552

総合評価: 4.33

 5.00
香り
 4.00
汎用性
 4.00

醤油ベースの焼肉のたれの検証の結果、A評価となったのは、肉のコバヤシ「タレ七代目こばやし」でした。

にんにくが強めですがバランスがよく、キリッとした味です。

おすすめポイント
  1. キリッとした味わいでバランスがいい
内容量
240g
肉のコバヤシ「タレ七代目こばやし」 イメージ

A評価上北農産加工「スタミナ源たれゴールド 中辛」

  • 上北農産加工スタミナ源たれゴールド中辛
  • 実勢価格: ¥398

総合評価: 4.33

 4.00
香り
 4.00
汎用性
 5.00

醤油ベースの焼肉のたれの検証の結果、A評価となったのは、上北農産加工「スタミナ源たれゴールド 中辛」でした。

胡椒が効いており、万能タイプ。野菜炒めに合いそうです。

おすすめポイント
  1. 汎用性が高く、ほかの料理にも使える
内容量
410g
上北農産加工「スタミナ源たれゴールド 中辛」 イメージ

A評価モランボン「韓(HAN)焼肉のたれ 炭火風味」

  • モランボン韓(HAN)焼肉のたれにんにく風味
  • 実勢価格: ¥427

総合評価: 4.33

 4.00
香り
 4.00
汎用性
 5.00

醤油ベースの焼肉たれの検証の結果、A評価となったのは、モランボン「韓(HAN)焼肉のたれ 炭火風味」でした。

甘めでスモーキー感は抜群。照り焼きチキンやレバーに◎です。

おすすめポイント
  1. スモーキーな香りでチキンも合う
内容量
500g
モランボン「韓(HAN)焼肉のたれ 炭火風味」 イメージ

食品雑貨塩だれの焼肉のたれのおすすめは?

なお、塩だれの新製品は1製品のみでした。よって、昨年のベストバイと2製品で比べたものの、やはり昨年ベストバイの叙々苑「焼肉の塩だれ」が美味しかったです。

A+評価ベストバイ:叙々苑「焼肉の塩だれ」

  • 叙々苑焼肉の塩だれ
  • 実勢価格: ¥637

総合評価: 5.00

 5.00
香り
 5.00
汎用性
 5.00

「焼肉のたれ(塩だれ)」部門のベストバイも、昨年に引き続き叙々苑「焼肉の塩だれ」でした。

ごま油の香ばしい香りとコショウが効いています。爽やかなレモンの風味と酸味もありますが、おだやかめなので、もっと欲しいという人はレモン汁を追加するといいでしょう。

おすすめポイント
  1. ごま油とコショウが効いていて美味
  2. 酸味が穏やか
内容量
217g
ベストバイ:叙々苑「焼肉の塩だれ」 イメージ
風間章子 氏
料理家
風間章子 氏 のコメント

出汁と酸味の使い方が上品。レモンを絞って追加するのも◎です。

食品雑貨昨年ベストバイがやはり強かった

選抜された全15製品を2名の食のプロと共に食べ比べた結果、「焼肉のたれ」部門ではモランボンの「ジャン 焼肉の生だれ」が、「焼肉のたれ(塩だれ)」部門では叙々苑の「焼肉の塩だれ」が、どちらも新製品を抑えて二冠を達成。「焼肉のたれ」と聞いて思い浮かぶ“定番の味”が強さを見せつけました。

とはいえ他の製品も決してマズいという話ではなく、シチュエーションや肉の種類によってはベストバイのものより合うものもありますし、好みにもよると思います。本記事を参考に、気になる製品を探してみるのもおすすめです。

ただし、ベストバイ製品は再び味わったときに、「なるほどね……」ときっと納得するでしょう。

食品雑貨焼肉プレートの売れ筋ランキングもチェック!

焼肉プレートのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。