毎日を快適に!“地味でスゴい日用品”を探しました

毎日を快適に!“地味でスゴい日用品”を探しました

毎日当たり前のように使っている日用品。新製品をチェックすることなく、同じものを使いがちですが、じつはもっと今の生活にぴったりで、使い勝手のいいモノが出ているかもしれません。

そこでテストする女性誌『LDK』では、従来品とはひと味違う“地味にスゴい”とTVやSNSなどで話題のアイテムを130製品をピックアップ。

毎日を快適に!“地味でスゴい日用品”を探しました

目新しいだけでなく機能面も優秀な買う価値のある製品かどうかを各ジャンルのプロと検証し、「地味スゴ度」でABC評価しました。

繰り返し使えるキッチンペーパーはどれが便利?

繰り返し使えるキッチンペーパーはどれが便利?

今回取り上げるのは洗えるキッチンペーパー。洗えば何度も繰り返し使えて経済的なキッチンペーパーがあるとのことで、本当に繰り返し使えるのか、以下の方法でそれぞれの製品を検証しました。また、洗剤を使わなくても油汚れが落とせると噂のシリコーンたわしも、その実力を検証しています。

▼検証方法
・キッチンペーパー:洗ったり絞ったりして耐久性と吸水性をテスト。
・シリコーンたわし:洗剤なしでも油汚れなどガンコな汚れも落とせるかテスト。

それでは、評価が高かった順にご紹介していきます。

カインズ「洗えるキッチンペーパー厚手タイプ」

カインズ「洗えるキッチンペーパー厚手タイプ」

カインズ
洗えるキッチンペーパー厚手タイプ
実勢価格:498円

▼テスト結果
耐久性:◎+
吸水性:◎


もっとも高評価の「A +」だったのはカインズ「洗えるキッチンペーパー厚手タイプ」です。野菜の水切りだけでなく、食器拭き、掃除まで1枚でまかなえる耐久性バツグンのペーパーです。

カインズ「洗えるキッチンペーパー厚手タイプ」

洗って絞ってを何十回繰り返しても全然ヘタらず、破れませんでした。カインズ製はコスパも最高なのでおすすめです。

スコッティ「洗って使えるペーパータオル」

スコッティ「洗って使えるペーパータオル」

スコッティ
スコッティファイン 洗って使えるペーパータオル
実勢価格:348円

61カット 1ロール

▼テスト結果
耐久性:◎+
吸水性:◎


同じく「A+」評価を獲得したのはスコッティ「スコッティファイン洗って使えるペーパータオル」。カインズに匹敵する高い実力があり評価は同一となりました。

スコッティ「洗って使えるペーパータオル」
※画像はAmazonより。

ただし、カインズ製より1ロールあたりの値段が高いので、コスパの良さはカインズ製が上でした。

ゾディアック「洗えるキッチンペーパー」

ゾディアック「洗えるキッチンペーパー」

ゾディアック
洗えるキッチンペーパー
実勢価格:299円

120枚入り 厚手タイプ

▼テスト結果
耐久性:◎+
吸水性:○

ゾディアック「洗えるキッチンペーパー」
も十分おすすめできる「A評価」でした。

他の2製品と同じく、耐久性は最高評価で何度拭いても破れませんでした。しかし、吸水性は少し劣る結果となりました。

それでは、次は同じくキッチン仕事に使える「シリコーンたわし」の検証結果を発表します。

D評価: 3COINS「吸盤付きシリコーンたわし」

D評価: 3COINS「吸盤付きシリコーンたわし」

3COINS
吸盤付きシリコーンたわし
実勢価格:330円

▼テスト結果
汚れ落ち:×


SNS、ブログなどネット上で「洗剤なしでも油汚れが落ちる商品」として噂になったシリコーンたわし。実際に試してみましたがが、乾いたカレー汚れなどのガンコな油汚れは全然落ちませんでした…。

D評価: 3COINS「吸盤付きシリコーンたわし」

油汚れが落ちないばかりか、たわしの突起の間に米粒などの汚れが詰まることもありました。油汚れのないコップなどを洗うのには使えそうです。

D評価: 3COINS「吸盤付きシリコーンたわし」

ダイソーやセリアでもシリコーンたわしを見つけましたが、どれも油汚れは落ちませんでした。洗剤なしでも油汚れが落ちるという噂は、残念ながら真実ではなかったようです…。

以上、何度も使えるキッチンペーパーとシリコーンたわしの検証結果でした。キッチンペーパーはカインズ製品を筆頭に、どの製品もとても優秀でした。掃除や食器拭きなどオールマイティに活躍します。ぜひ一度お試しくださいね!