<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

食品雑貨本当においしいウインナーソーセージが知りたい

子どもの頃、お弁当の定番おかずといえば「タコさんウインナー」。昔は子どもの食べ物という印象があったウインナーソーセージですが、今ではさまざまな製品が発売され、朝食やお弁当だけではなくおつまみや夕食のおかずにも活用されるようになりました。

スーパーには多種多様な製品があって、豚肉本来の味を追求した本格派やフランクフルトのように太いタイプ、ハーブなどで味付けされた「フレーバータイプ」、なるべく添加物を避けたいという方からは亜硝酸ナトリウムなどの発色剤を使用しない「無塩せき」タイプも支持されています。

そこで今回は、スーパーなどで市場調査し、売れ筋のウインナーソーセージを買い集めてプロと一緒に実食テストを行いました。

食品雑貨ウインナーとソーセージの違いは? ソーセージの基本のキ

テストの前に押さえておきたいのが、ウインナーソーセージの基本について。基本的なことをおさらいしておきましょう。

Q.ウインナーとソーセージってどう違う?
A.「ウインナー」は「ソーセージ」の一種です

ソーセージは「腸詰め」のことで、一般的には塩漬けしてひいた肉に香辛料などで味付けをして腸に詰め、乾燥、スチーム、燻製などをして作られます。「ウインナー」は「ウィーン風」という意味のドイツ語で、ソーセージの一種です。JASでは、ソーセージを以下のように分類しています。

▼JAS(日本農林規格)の分類

  • 名称: 内容
  • ウインナーソーセージ: 羊腸を使用したもの。または太さが20mm未満のもの。
  • フランクフルトソーセージ: 豚腸を使用したもの。または太さが20mm以上36mm未満のもの。
  • ボロニアソーセージ: 牛腸を使用したもの。または太さが36mm以上のもの。

ウインナーソーセージ

フランクフルトソーセージ

ボロニアソーセージ

Q.使われている肉の種類は同じ?
A.「JASマーク」表記でチェックしましょう。

「JASマーク」には「特級」「上級」「標準」「特定」の4種類があり、それぞれ商品に使用できる肉の種類など品質の基準があります。肉感の強い、高品質なソーセージを選びたいなら、上級以上を選ぶといいでしょう。

▼ソーセージの「JASマーク」の種類と品質基準

・特定:特級の条件に加え、72時間熟成など特殊な製法で作られたもの
・特級:豚肉・牛肉のみ使用でき、でん粉などの結着材料などが一切入っていないもの
・上級:豚肉・牛肉のみ使用でき、でん粉などの結着材料などが5%以下のもので「でん粉含有率」が3%以下のもの
・標準:畜肉(豚・牛・羊など)、家畜肉(うさぎ)、家禽肉(鶏・あひるなど)のみ使用でき、でん粉などの結着材料などが10%以下のもので「でん粉含有率」が5%以下のもの

ウインナーソーセージの基本がわかったところで、早速本題のテストに入りたいと思います。

食品雑貨ウインナーソーセージ29製品をテスト! タイプ別にベストを決定

今回のテストにあたって、買い集めたのはスーパーなどの売れ筋29製品。料理研究家の風間 章子氏にご協力いただき、風間氏と雑誌・LDK編集部員、主婦が実際に試食しました。

▼テストした29製品はこちら
・伊藤ハム 朝のフレッシュ あらびきポークウインナー
・伊藤ハム グランドアルトバイエルン
・伊藤ハム ポークビッツ
・ジョンソンヴィル オリジナルスモーク
・セブンプレミアムゴールド 金のウインナー(スモーク)
・日本ハム 皮なしウイニー
・日本ハム みんなの食卓 小さなシャウエッセン
・日本ハム 豊潤 あらびきウインナー
・日本ハム シャウエッセン
・フードリエ パリッと朝食ウインナー
・プリマハム 香燻 あらびきポーク
・丸大食品 燻製屋熟成 あらびきポークウインナー
・米久 御殿場高原 あらびきポーク
・米久 スーパーブー BOOホワイトあらびき
・米久 アップルスモークドフランク
・伊藤ハム ベルガヴルスト バジル
・伊藤ハム ベルガヴルスト ブラックペッパー
・伊藤ハム ベルガヴルスト ゆず胡椒
・ジョンソンヴィル チェダーチーズ
・ジョンソンヴィル レモン&ペッパー
・日本ハム シャウエッセン 焙煎ホットチリ
・日本ハム シャウエッセン チェダー&カマンベール
・プリマハム 香りの物語 スパイシーチョリソー
・日本ハム アンティエ CLASSIC フライドガーリック
・日本ハム アンティエ ブラックペッパー
・信州ハム グリーンマーク あらびきポークウインナー
・日本ハム アンティエ CLASSIC マイルドスパイス
・日本ハム アンティエ レモン&パセリ
・信州ハム グリーンマーク ほそびきポークウインナー


テストの詳細は下記のとおりです。

テスト1:香り(20点満点)

すっと鼻を通り、豚肉本来の旨味を感じさせて食欲をそそる香りがあるかを審査。

テスト2:味の第一印象(20点満点)

食べたとき、豚肉の旨味やジューシーさと甘味、フレーバータイプの場合はフレーバーを感じておいしいかをチェック。

テスト3:食感(20点満点)

ウインナーソーセージの命ともいえるのがパリパリッとした食感。皮の張りと中身の弾力を感じるかを採点しました。

テスト4:バランス(20点満点)

食感と香り、食べた後舌に残る味わいなどの味のバランスが取れているかをチェック。

テスト5:汎用性(20点満点)

そのまま炒めるだけではなく、和洋のさまざまな料理に合わせられるかを採点しました。

29製品は「ノーマルタイプ」「フレーバータイプ」「無塩せきタイプ」の3つのジャンルに分けてテスト。採点は風間氏が行い、結果はランキング形式で発表します。もちろん、味の感想には主婦の意見も反映しています。

それでは、早速ランキングにいってみましょう!

※内容量「~本入り」となっているのは、本検証で使用したウインナーソーセージを皿に開け、実際に数えた本数です。ウインナーソーセージはグラム単位で袋詰めになっているため、パックによっては本数が異なる場合があります。

食品雑貨豚肉の味と香りで勝負! ノーマルタイプ15製品中1位は?

豚肉本来の旨味と甘味を生かしているのが、プレーンなノーマルタイプのウインナーソーセージ。燻製を示す「スモーク」は、ノーマルタイプに分類しました。

15製品中ベストバイとなるのは、いったいどの製品でしょうか。

記事1位BESTバランスと食感の勝利!日本ハム「シャウエッセン」

日本ハム:シャウエッセン:加工食品
日本ハム:シャウエッセン:加工食品

日本ハム
シャウエッセン
実勢価格:429円

総内容量:254g(2パック)
総本数:10本(2パック)
1パックあたりの内容量:127g(5本入り)
20gあたりの価格:33.8円
20gあたりのカロリー:65.0kcal
※リンクはセット販売のページを含みます。

▼テスト結果
 総合点:90点

  • 香り: 16/20点
  • 味の第一印象: 17/20点
  • 食感: 19/20点
  • バランス: 19/20点
  • 汎用性: 19/20点
  • 合計: 90点

ノーマルタイプのベストバイは、日本ハム「シャウエッセン」。皮と中から弾ける肉の弾力のバランスが絶妙! 豚肉がぎゅっと詰まっていて甘味と塩味のバランスもよく、パリパリ感と味全体が調和しています。洋食にも和食にも合う日本のウインナーソーセージの代表です。

ザワークラウトなど酸味がある添え物ともよく合う懐の深さはまさに王様! 肉の味付けが悪目立ちしていないので、マスタードを添えればすぐつまみになりますし、パンにはもちろん、和食にも合うなど何にでも使える汎用性の高さも素晴らしいです。

記事2位BEST日本ハム「みんなの食卓 小さなシャウエッセン」

日本ハム:みんなの食卓 小さなシャウエッセン:加工食品
日本ハム:みんなの食卓 小さなシャウエッセン:加工食品
日本ハム:みんなの食卓 小さなシャウエッセン:加工食品

日本ハム
みんなの食卓
小さなシャウエッセン
実勢価格:213円

総内容量:85g
総本数:6本
20gあたりの価格:50.1円
20gあたりのカロリー:62.1kcal

▼テスト結果
 総合点:81点

  • 香り: 10/20点
  • 味の第一印象: 17/20点
  • 食感: 19/20点
  • バランス: 16/20点
  • 汎用性: 19/20点
  • 合計: 81点

2位は日本ハム「みんなの食卓 小さなシャウエッセン」。卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かにを使用しない専用工場で製造された食物アレルギー対応食品。皮のパリッと感と豚肉の弾力、味の第一印象はシャウエッセンですが、後味と香りが少し弱いです。

記事3位BEST丸大食品「燻製屋熟成 あらびきポークウインナー」

丸大食品:燻製屋熟成 あらびきポークウインナー:加工食品
丸大食品:燻製屋熟成 あらびきポークウインナー:加工食品
丸大食品:燻製屋熟成 あらびきポークウインナー:加工食品

丸大食品
燻製屋熟成
あらびきポークウインナー
実勢価格:321円

総内容量:180g(2パック)
総本数:10本(2パック)
1パックあたりの内容量:90g(5本入り)
20gあたりの価格:35.7円
20gあたりのカロリー:66.0kcal
※リンクはセット販売のページを含みます。

▼テスト結果
 総合点: 79点

  • 香り: 17/20点
  • 味の第一印象: 15/20点
  • 食感: 18/20点
  • バランス: 14/20点
  • 汎用性: 15/20点
  • 合計: 79点

3位は丸大食品「燻製屋熟成 あらびきポークウインナー」。ややかための皮からプリッとした豚肉が飛び出します。豚肉の筋の部分を入れて食感にパリッとした弾力を与えているのもいいです。燻製の香りもよく、豚肉にも旨味があるのですが、後味の甘味がやや強めなのが惜しい!

4位: セブンプレミアムゴールド「金のウインナー(スモーク)」

セブン&アイ・ホールディングス:セブンプレミアムゴールド 金のウインナー(スモーク):加工食品
セブン&アイ・ホールディングス:セブンプレミアムゴールド 金のウインナー(スモーク):加工食品
セブン&アイ・ホールディングス:セブンプレミアムゴールド 金のウインナー(スモーク):加工食品

セブン&アイ・ホールディングス
セブンプレミアムゴールド
金のウインナー(スモーク)
実勢価格:321円

総内容量:130g
総本数:4本
20gあたりの価格:49.4円
20gあたりのカロリー:66.6kcal

▼テスト結果
 総合点: 72点

  • 香り: 13/20点
  • 味の第一印象: 16/20点
  • 食感: 16/20点
  • バランス: 15/20点
  • 汎用性: 12/20点
  • 合計: 72点

4位はセブンプレミアムゴールド「金のウインナー(スモーク)」。燻製の香りはそれほど強くはないですが、皮のパリッと感と豚肉のプリッと感がほどよくマッチし、豚肉の旨味と味付けの甘味のバランスもいいです。そのまま食べるのはもちろん、ナポリタンなどのパスタに入れても。

5位: 米久「アップルスモークドフランク」

米久:アップルスモークドフランク:加工食品
米久:アップルスモークドフランク:加工食品
米久:アップルスモークドフランク:加工食品

米久
アップルスモークドフランク
実勢価格:998円

総内容量:600g(2パック)
総本数:8本(2パック)
1パックあたりの内容量:300g(4本入り)
20gあたりの価格:33.3円
20gあたりのカロリー:64.0kcal

▼テスト結果
 総合点: 63点

  • 香り: 14/20点
  • 味の第一印象: 12/20点
  • 食感: 12/20点
  • バランス: 12/20点
  • 汎用性: 13/20点
  • 合計: 63点

5位は米久「アップルスモークドフランク」。「りんご果汁が隠し味」とあり、りんごの樹で燻していますが、りんごの味も香りもさほどしません。重厚なスモーク感と豚肉の旨味、甘味はあるので、ホットドッグやフランクフルト、刻んでポトフなどに向いています。

6位: 伊藤ハム「グランドアルトバイエルン」

伊藤ハム:グランドアルトバイエルン:加工食品
伊藤ハム:グランドアルトバイエルン:加工食品
伊藤ハム:グランドアルトバイエルン:加工食品

伊藤ハム
グランドアルトバイエルン
実勢価格:408円

総内容量:127g
総本数:6本
20gあたりの価格:64.3円
20gあたりのカロリー:68.2kcal

▼テスト結果
 総合点: 60点

  • 香り: 16/20点
  • 味の第一印象: 12/20点
  • 食感: 12/20点
  • バランス: 12/20点
  • 汎用性: 8/20点
  • 合計: 60点

6位は伊藤ハム「グランドアルトバイエルン」。皮がしっかりとかたく、中からプリッとした豚肉が飛び出ます。ローズマリーのようなスパイシーな香りもよく、適度なコショウが後味を引き締めます。ジャガイモと炒めてジャーマンポテトにするのがオススメ。

7位: ジョンソンヴィル「オリジナルスモーク」

ジョンソンヴィル・ジャパン:ジョンソンヴィル オリジナルスモーク:加工食品
ジョンソンヴィル・ジャパン:ジョンソンヴィル オリジナルスモーク:加工食品
ジョンソンヴィル・ジャパン:ジョンソンヴィル オリジナルスモーク:加工食品

ジョンソンヴィル・ジャパン
ジョンソンヴィル
オリジナルスモーク
実勢価格:645円

総内容量:360g
総本数:6本
20gあたりの価格:35.8円
20gあたりのカロリー:64.8kcal

▼テスト結果
 総合点: 56点

  • 香り: 14/20点
  • 味の第一印象: 10/20点
  • 食感: 14/20点
  • バランス: 10/20点
  • 汎用性: 8/20点
  • 合計: 56点

7位はジョンソンヴィル「オリジナルスモーク」。燻製の香りが濃厚で、皮のパリパリ食感もいいです。ただし、家庭でそのまま焼いて食べるには塩味が強すぎ。バーベキューなどでビールを飲みながらつまみに食べるとちょうどいいです。

7位: 米久「御殿場高原 あらびきポーク」

米久:御殿場高原 あらびきポーク:加工食品
米久:御殿場高原 あらびきポーク:加工食品
米久:御殿場高原 あらびきポーク:加工食品

米久
御殿場高原
あらびきポーク
実勢価格:321円

総内容量:220g
総本数:11本
20gあたりの価格:29.2円
20gあたりのカロリー:65.4kcal
※リンクはサイズの違う販売ページも含みます。

▼テスト結果
 総合点: 56点

  • 香り: 14/20点
  • 味の第一印象: 12/20点
  • 食感: 10/20点
  • バランス: 10/20点
  • 汎用性: 10/20点
  • 合計: 56点

同7位は米久「御殿場高原 あらびきポーク」。あらびき感がある豚肉に香辛料とハーブの香りが加わり、やや高級感はあるのですが、豚本来の旨味と甘味がやや薄いのが残念。「御殿場高原」でハードルを上げすぎな気もします。ジャーマンポテトに向いています。

9位: 伊藤ハム「朝のフレッシュ あらびきポークウインナー」

伊藤ハム:朝のフレッシュ あらびきポークウインナー:加工食品
伊藤ハム:朝のフレッシュ あらびきポークウインナー:加工食品
伊藤ハム:朝のフレッシュ あらびきポークウインナー:加工食品

伊藤ハム
朝のフレッシュ
あらびきポークウインナー
実勢価格:321円

総内容量:180g(3パック)
総本数:12本(3パック)
1パックあたりの内容量:60g(4本入り)
20gあたりの価格:35.7円
20gあたりのカロリー:70.0kcal

▼テスト結果
 総合点: 49点

  • 香り: 9/20点
  • 味の第一印象: 8/20点
  • 食感: 12/20点
  • バランス: 10/20点
  • 汎用性: 10/20点
  • 合計: 49点

9位は伊藤ハム「朝のフレッシュ あらびきポークウインナー」。豚肉の旨味やジューシー感はありますが油分がかなり多く、サラミのような味わいです。玉ねぎやピーマンなどの野菜と炒めるだけで夕食のおかずになるこってりした味わいで、「朝のフレッシュ」というネーミングとは合っていません。

9位: 日本ハム「豊潤 あらびきウインナー」

日本ハム:豊潤 あらびきウインナー:加工食品
日本ハム:豊潤 あらびきウインナー:加工食品
日本ハム:豊潤 あらびきウインナー:加工食品

日本ハム
豊潤 あらびきウインナー
実勢価格:286円

総内容量:180g(2パック)
総本数:12本(2パック)
1パックあたりの内容量:90g(6本入り)
20gあたりの価格:31.8円
20gあたりのカロリー:68.4kcal
※リンクは複数販売ページです。

▼テスト結果
 総合点: 49点

  • 香り: 7/20点
  • 味の第一印象: 16/20点
  • 食感: 16/20点
  • バランス: 4/20点
  • 汎用性: 6/20点
  • 合計: 49点

同9位は日本ハム「豊潤 あらびきウインナー」。皮にパリッと感があり、豚肉の歯ごたえもいいので一瞬おいしく感じます。しかし、最後に鼻から抜ける燻煙の香りにクセがあり、後味の甘ったるさも相まって全体の味わいを台無しにしているのが残念です。

11位: 伊藤ハム「ポークビッツ」

伊藤ハム:ポークビッツ:加工食品
伊藤ハム:ポークビッツ:加工食品
伊藤ハム:ポークビッツ:加工食品

伊藤ハム
ポークビッツ
実勢価格:407円

総内容量:142g(2パック)
総本数:42本(2パック)
1パックあたりの内容量:71g(21本入り)
20gあたりの価格:57.3円
20gあたりのカロリー:57.2kcal
※リンクは複数販売ページも含みます。

▼テスト結果
 総合点: 41点

  • 香り: 9/20点
  • 味の第一印象: 8/20点
  • 食感: 6/20点
  • バランス: 8/20点
  • 汎用性: 10/20点
  • 合計: 41点

11位は伊藤ハム「ポークビッツ」。クニャッとした食感で、肉感は薄め。味の第一印象は子どもの頃に食べた「ウインナー」の味で、懐かしい気持ちになります。しかし、後味はコショウのスパイシー感が強く、子どもには厳しい辛さ。バランスがイマイチです。

11位: プリマハム「香燻 あらびきポーク」

プリマハム:香燻 あらびきポーク:加工食品
プリマハム:香燻 あらびきポーク:加工食品
プリマハム:香燻 あらびきポーク:加工食品

プリマハム
香燻
あらびきポーク
実勢価格:257円

総内容量:180g(2パック)
総本数:10本(2パック)
1パックあたりの内容量:90g(5本入り)
20gあたりの価格:28.6円
20gあたりのカロリー:67.1kcal
※リンクは複数販売ページに移動します。

▼テスト結果
 総合点: 41点

  • 香り: 16/20点
  • 味の第一印象: 6/20点
  • 食感: 6/20点
  • バランス: 5/20点
  • 汎用性: 8/20点
  • 合計: 41点

同じく11位はプリマハム「香燻 あらびきポーク」。燻製の香りはとてもいいのに、皮のパリッと感や豚肉の弾力がないので、旨味がダイレクトに伝わってきません。香りと食感のバランスが悪いので、味の印象がボヤけてしまうのが残念。香りを生かしてスープに入れて。

13位: 米久「スーパーブー BOOホワイトあらびき」

米久:スーパーブー BOOホワイトあらびき:加工食品
米久:スーパーブー BOOホワイトあらびき:加工食品
米久:スーパーブー BOOホワイトあらびき:加工食品

米久
スーパーブー
BOOホワイトあらびき
実勢価格:321円

総内容量:207g
総本数:8本
20gあたりの価格:31.0円
20gあたりのカロリー:70.4kcal
※Amazonはフレッシュ対象商品です
※リンク先はセット商品の販売ページも含みます

▼テスト結果
 総合点: 40点

  • 香り: 6/20点
  • 味の第一印象: 8/20点
  • 食感: 10/20点
  • バランス: 8/20点
  • 汎用性: 8/20点
  • 合計: 40点

13位は米久「スーパーブー BOOホワイトあらびき」。皮がやわらかいうえ、「あらびき」とあるのに豚肉の歯ごたえがなく、食感がイマイチです。豚肉本来の甘味や旨味もあまり感じられず、塩や香辛料もさほどいて効いていないので、香りにも味にも印象が残りません。

14位: 日本ハム「皮なしウイニー」

日本ハム:皮なしウイニー:加工食品
日本ハム:皮なしウイニー:加工食品
日本ハム:皮なしウイニー:加工食品

日本ハム
皮なしウイニー
実勢価格:152円

総内容量:80g
総本数:10本
20gあたりの価格:38.0円
20gあたりのカロリー:47.0kcal

▼テスト結果
 総合点: 33点

  • 香り: 5/20点
  • 味の第一印象: 6/20点
  • 食感: 5/20点
  • バランス: 10/20点
  • 汎用性: 7/20点
  • 合計: 33点

14位は日本ハム「皮なしウイニー」。クニャッとした食感で、豚肉の旨味が薄く、肉を食べている感じはしません。スパイス感がない穏やかな味わいなので、ケチャップをたっぷりつけて子どものお弁当に入れるのには向いています。味は子ども向けです。

14位: フードリエ「パリッと朝食ウインナー」

フードリエ:パリッと朝食ウインナー:加工食品
フードリエ:パリッと朝食ウインナー:加工食品
フードリエ:パリッと朝食ウインナー:加工食品

フードリエ
パリッと朝食ウインナー
実勢価格:289円

総内容量:230g
総本数:12本
20gあたりの価格:25.1円
20gあたりのカロリー:58.2kcal
※Amazonはフレッシュ対象商品です

▼テスト結果
 総合点: 33点

  • 香り: 7/20点
  • 味の第一印象: 7/20点
  • 食感: 6/20点
  • バランス: 5/20点
  • 汎用性: 8/20点
  • 合計: 33点

同14位はフードリエ「パリッと朝食ウインナー」。「朝食」とのことで爽やかな香りと味わいを期待しましたが、あまり香らず、甘味がしつこく残ります。肉の弾力がなく、魚肉ソーセージのような食感の割にザラつきが残るのもイマイチ。皮がパリッとしていないのも残念。

食品雑貨+αの旨味が決め手!フレーバータイプ8製品中1位は?

チーズや黒コショウ、バジルなど挽肉に加えた味わいをウリにしているフレーバータイプのウインナーソーセージ。
肉の旨味を生かしているかが勝負どころです。

テストした8製品の中でベストバイに輝くのはどの製品でしょうか。

記事1位BESTジョンソンヴィル「レモン&ペッパー」

ジョンソンヴィル・ジャパン:ジョンソンヴィル レモン&ペッパー:加工食品
ジョンソンヴィル・ジャパン:ジョンソンヴィル レモン&ペッパー:加工食品

ジョンソンヴィル・ジャパン
ジョンソンヴィル
レモン&ペッパー
実勢価格:998円

総内容量:720g(2パック)
総本数:12本(2パック)
1パックあたりの内容量:360g(6本入り)
20gあたりの価格:27.7円
20gあたりのカロリー:63.6kcal
※Amazonはフレッシュ対象商品です
※コストコで購入したため、スーパーなどで販売されている本製品の倍量です

▼テスト結果
 総合点:81点

  • 香り: 18/20点
  • 味の第一印象: 16/20点
  • 食感: 16/20点
  • バランス: 18/20点
  • 汎用性: 13/20点
  • 合計: 81点

フレーバータイプのベストバイは、ジョンソンヴィル「レモン&ペッパー」。スチーム仕立てで味わいをマイルドにしつつ、レモン果汁で豚肉の旨味と甘味を引き立て、コショウで味を引き締める絶妙なバランスがさすが。パリッとした皮からこぼれ出る豚肉の旨味と甘味であらびき感がある豚肉の食感もよく、後味はコショウでしっかりと引き締まります。

ブツ切りにしてポトフの具にすると、野菜の旨味と甘味、豚肉の豊かな味わい、レモンの穏やかな酸味とコショウのピリ辛感のハーモニーが楽しめます。そのまま表面を軽く炒めて食べてもおいしいです。

記事2位BEST伊藤ハム「ベルガヴルスト バジル」

伊藤ハム:ベルガヴルスト バジル:加工食品
伊藤ハム:ベルガヴルスト バジル:加工食品
伊藤ハム:ベルガヴルスト バジル:加工食品

伊藤ハム
ベルガヴルスト バジル
実勢価格:289円

総内容量:120g
総本数:4本
20gあたりの価格:48.2円
20gあたりのカロリー:69.0kcal
※Amazonはフレッシュ対象商品です

▼テスト結果
 総合点:74点

  • 香り: 16/20点
  • 味の第一印象: 15/20点
  • 食感: 15/20点
  • バランス: 15/20点
  • 汎用性: 13/20点
  • 合計: 74点

2位は伊藤ハム「ベルガヴルスト バジル」。バジルのいい香りが漂い、食欲をそそります。皮のパリッと感と豚肉の弾力がよく合い、豚本来の旨味や甘味をバジルと香辛料が生かしているのが好印象。トマト缶に加えてバスタソースにするのがオススメです!

記事3位BEST伊藤ハム「ベルガヴルスト ブラックペッパー」

伊藤ハム:ベルガヴルスト ブラックペッパー:加工食品
伊藤ハム:ベルガヴルスト ブラックペッパー:加工食品
伊藤ハム:ベルガヴルスト ブラックペッパー:加工食品

伊藤ハム
ベルガヴルスト
ブラックペッパー
実勢価格:300円

総内容量:120g
総本数:4本
20gあたりの価格:50.0円
20gあたりのカロリー:69.0kcal
※Amazonはフレッシュ対象商品です

▼テスト結果
 総合点:72点

  • 香り: 16/20点
  • 味の第一印象: 13/20点
  • 食感: 15/20点
  • バランス: 15/20点
  • 汎用性: 13/20点
  • 合計: 72点

3位は伊藤ハム「ベルガヴルスト ブラックペッパー」。豚肉本来の旨味と甘味を生かした甘めの味付けを、黒コショウがピリッと引き締めバランスがとてもいいです! 黒コショウがかなり効いているので、そのまま酒のつまみにするか、ジャーマンポテトにしてみて。

4位: プリマハム「香りの物語 スパイシーチョリソー」

プリマハム:香りの物語 スパイシーチョリソー:加工食品
プリマハム:香りの物語 スパイシーチョリソー:加工食品
プリマハム:香りの物語 スパイシーチョリソー:加工食品

プリマハム
香りの物語
スパイシーチョリソー
実勢価格:311円

総内容量:150g
総本数:5本
20gあたりの価格:41.5円
20gあたりのカロリー:63.4kcal
※リンクは複数販売ページを含みます。

▼テスト結果
 総合点:62点

  • 香り: 16/20点
  • 味の第一印象: 16/20点
  • 食感: 6/20点
  • バランス: 12/20点
  • 汎用性: 12/20点
  • 合計: 62点

4位はプリマハム「香りの物語 スパイシーチョリソー」。豚肉にニンニクやパプリカを混ぜて辛さを出すのがチョリソー。きちんとパプリカの香りと風味があり、辛さもさほどきつくなく、後味もさっぱりしていて好印象。食感がやわらかすぎるのが残念ですが、ピザにピッタリ!

5位: 伊藤ハム「ベルガヴルスト ゆず胡椒」

伊藤ハム:ベルガヴルスト ゆず胡椒:加工食品
伊藤ハム:ベルガヴルスト ゆず胡椒:加工食品
伊藤ハム:ベルガヴルスト ゆず胡椒:加工食品

伊藤ハム
ベルガヴルスト ゆず胡椒
実勢価格:300円

総内容量:120g
総本数:4本
20gあたりの価格:50.0円
20gあたりのカロリー:69.8kcal

▼テスト結果
 総合点:51点

  • 香り: 15/20点
  • 味の第一印象: 10/20点
  • 食感: 10/20点
  • バランス: 8/20点
  • 汎用性: 8/20点
  • 合計: 51点

5位は伊藤ハム「ベルガヴルスト ゆず胡椒」。ゆず胡椒の香りも味わいもあるのですが、全体的に味付けが塩辛いです。そのまま炒めて食べると塩味が強すぎてしまうので、豆腐や厚揚げ、ネギと一緒にごま油で炒めて食べるのがオススメです。

6位: ジョンソンヴィル「チェダーチーズ」

ジョンソンヴィル・ジャパン:ジョンソンヴィル チェダーチーズ:加工食品
ジョンソンヴィル・ジャパン:ジョンソンヴィル チェダーチーズ:加工食品
ジョンソンヴィル・ジャパン:ジョンソンヴィル チェダーチーズ:加工食品

ジョンソンヴィル・ジャパン
ジョンソンヴィル
チェダーチーズ
実勢価格:998円

総内容量:720g(2パック)
総本数:12本(2パック)
1パックあたりの内容量:360g(6本入り)
20gあたりの価格:27.7円
20gあたりのカロリー:67.4kcal

▼テスト結果
 総合点:48点

  • 香り: 11/20点
  • 味の第一印象: 10/20点
  • 食感: 11/20点
  • バランス: 8/20点
  • 汎用性: 8/20点
  • 合計: 48点

6位はジョンソンヴィル「チェダーチーズ」。チーズの香りは薄いのですが味は濃く、熱するとチーズが溶けてスモークされたウインナーソーセージ全体に回ってしまうので味がくどくなってしまいます。チーズの香りはもっと強めに、味はやや控えめだと理想的。

6位: 日本ハム「シャウエッセン チェダー&カマンベール」

日本ハム:シャウエッセン チェダー&カマンベール:加工食品
日本ハム:シャウエッセン チェダー&カマンベール:加工食品
日本ハム:シャウエッセン チェダー&カマンベール:加工食品

日本ハム
シャウエッセン
チェダー&カマンベール
実勢価格:496円

総内容量:204g(2パック)
総本数:10本(2パック)
1パックあたりの内容量:102g(5本入り)
20gあたりの価格:37.8円
20gあたりのカロリー:69.0kcal
※リンクはサイズ違いの販売ページに移動します。

▼テスト結果
 総合点:48点

  • 香り: 12/20点
  • 味の第一印象: 8/20点
  • 食感: 10/20点
  • バランス: 8/20点
  • 汎用性: 10/20点
  • 合計: 48点

同6位は日本ハム「シャウエッセン チェダー&カマンベール」。チェダーチーズとカマンベールチーズの味わいも香りもいいのですが、チーズの脂が「シャウエッセン(ノーマル)は絶妙なところで脂のバランスが取れていた」と実感できるほどのくどさで、味のバランスが崩れています。

8位: 日本ハム「シャウエッセン 焙煎ホットチリ」

日本ハム:シャウエッセン 焙煎ホットチリ:加工食品
日本ハム:シャウエッセン 焙煎ホットチリ:加工食品
日本ハム:シャウエッセン 焙煎ホットチリ:加工食品

日本ハム
シャウエッセン
焙煎ホットチリ
実勢価格:429円

総内容量:212g(2パック)
総本数:10本(2パック)
1パックあたりの内容量:106g(5本入り)
20gあたりの価格:40.5円
20gあたりのカロリー:68.4kcal

▼テスト結果
 総合点:38点

  • 香り: 7/20点
  • 味の第一印象: 7/20点
  • 食感: 8/20点
  • バランス: 8/20点
  • 汎用性: 8/20点
  • 合計: 38点

7位は日本ハム「シャウエッセン 焙煎ホットチリ」。唐辛子系の辛味が喉にずっと残り、風味も香りもイマイチ。数種の香辛料が加わる「チョリソー」ではなく、「ホットチリ」としているのはまだ良心的なのかも。豚肉の旨味が辛さでかき消されてしまっているのが残念。

食品雑貨素朴な味わいが特徴! 無塩せきタイプ6製品中1位は?

製造工程で亜硝酸ナトリウムなどの発色剤を使っていないのが無塩せきタイプ。ベーコンやハム製品にも増え、素朴な味わいを好む人に人気です。肉本来の風味や食感が味わえるやさしい味のウインナーもあります。

さて、6製品の中で、もっともおいしいのはどの製品でしょうか。

記事1位BEST信州ハム「グリーンマーク あらびきポークウインナー」

信州ハム:グリーンマーク あらびきポークウインナー:加工食品
信州ハム:グリーンマーク あらびきポークウインナー:加工食品

信州ハム
グリーンマーク
あらびきポークウインナー
実勢価格:300円

総内容量:100g
総本数:8本
20gあたりの価格:60.0円
20gあたりのカロリー:58.2kcal
※リンクは複数販売ページを含みます。

▼テスト結果
 総合点:75点

  • 香り: 10/20点
  • 味の第一印象: 17/20点
  • 食感: 16/20点
  • バランス: 16/20点
  • 汎用性: 16/20点
  • 合計: 75点

無塩せきタイプのベストバイは、信州ハム「グリーンマーク あらびきポークウインナー」。グリーンマークは着色料や保存料、リン酸塩も不使用。香りは少し弱めですが、臭みはなく食感もパリッとしています。全体の味付けがマイルドで、豚肉本来の甘味と旨味があり、朝食にピッタリの爽やかな味わいです。

2分ほどボイルしたうえで表面を軽くソテーすると、旨味がより引き立つうえに皮のパリッと感も強くなります。香りが穏やかなので、パンの小麦の匂いをより強く感じられるのも朝食向けです。

記事2位BEST信州ハム「グリーンマーク ほそびきポークウインナー」

信州ハム:グリーンマーク ほそびきポークウインナー:加工食品
信州ハム:グリーンマーク ほそびきポークウインナー:加工食品
信州ハム:グリーンマーク ほそびきポークウインナー:加工食品

信州ハム
グリーンマーク
ほそびきポークウインナー
実勢価格:300円

総内容量:110g
総本数:8本
20gあたりの価格:54.5円
20gあたりのカロリー:57.6kkcal
※リンクは複数販売ページを含みます。

▼テスト結果
 総合点:73点

  • 香り: 10/20点
  • 味の第一印象: 16/20点
  • 食感: 14/20点
  • バランス: 16/20点
  • 汎用性: 17/20点
  • 合計: 73点

2位は信州ハム「グリーンマーク ほそびきポークウインナー」。「ほそびき」なので同社の「あらびき」と比べると食感がやや物足りませんが、豚肉本来のマイルドな味わいなど、全体的な味の印象は「あらびき」と同じ。食感がやわらかく旨味があるので、トマトソースに入れてみて。

記事3位BEST日本ハム「アンティエ レモン&パセリ」

日本ハム:アンティエ レモン&パセリ:加工食品
日本ハム:アンティエ レモン&パセリ:加工食品
日本ハム:アンティエ レモン&パセリ:加工食品

日本ハム
アンティエ
レモン&パセリ
実勢価格:409円

総内容量:140g(2パック)
総本数:8本(2パック)
1パックあたりの内容量:70g(4本入り)
20gあたりの価格:58.4円
20gあたりのカロリー:65.4kcal
※リンクは複数販売ページを含みます。

▼テスト結果
 総合点:67点

  • 香り: 14/20点
  • 味の第一印象: 16/20点
  • 食感: 14/20点
  • バランス: 14/20点
  • 汎用性: 9/20点
  • 合計: 67点

3位は日本ハム「アンティエ レモン&パセリ」。「クエン酸」ではなく、「レモン」の味がすることに感動! パセリの味わいもよく、豚肉の甘味と旨味をレモンとパセリが引き立てています。テストした「アンティエ」のなかではこれが一番おいしい! と主婦からも好評でした。

4位: 日本ハム「アンティエ CLASSICフライドガーリック」

日本ハム:アンティエ CLASSIC フライドガーリック:加工食品
日本ハム:アンティエ CLASSIC フライドガーリック:加工食品
日本ハム:アンティエ CLASSIC フライドガーリック:加工食品

日本ハム
アンティエ CLASSIC
フライドガーリック
実勢価格:354円

総内容量:140g(2パック)
総本数:6本(2パック)
1パックあたりの内容量:70g(3本入り)
20gあたりの価格:50.6円
20gあたりのカロリー:67.8kcal

▼テスト結果
 総合点:62点

  • 香り: 8/20点
  • 味の第一印象: 16/20点
  • 食感: 14/20点
  • バランス: 14/20点
  • 汎用性: 10/20点
  • 合計: 62点

4位は日本ハム「アンティエ CLASSICフライドガーリック」。豚肉の臭みをガーリックがうまく消しており、豚肉本来の甘味が味わえます。ただ、ガーリックの香りも塩味も穏やかで、「ガーリックソーセージをつまみに!」と思って買うと肩透かしを食うかも。そのまま炒めて食べて。

5位: 日本ハム「アンティエ ブラックペッパー」

日本ハム:アンティエ ブラックペッパー:加工食品
日本ハム:アンティエ ブラックペッパー:加工食品
日本ハム:アンティエ ブラックペッパー:加工食品

日本ハム
アンティエ
ブラックペッパー
実勢価格:410円

総内容量:140g(2パック)
総本数:8本(2パック)
1パックあたりの内容量:70g(4本入り)
20gあたりの価格:58.6円
20gあたりのカロリー:65.2kcal
※Amazonはフレッシュ対象商品です

▼テスト結果
 総合点:61点

  • 香り: 10/20点
  • 味の第一印象: 15/20点
  • 食感: 14/20点
  • バランス: 13/20点
  • 汎用性: 9/20点
  • 合計: 61点

5位は日本ハム「アンティエ ブラックペッパー」。ブラックペッパーの辛みはさほど強くなく、香りもマイルドで隠し味として豚肉の旨味をうまく引き立てています。皮のパリッと感も歯ごたえもよく、上品な仕上がり。卵とよく合うので、オムレツの具にしてみて!

6位: 日本ハム「アンティエ CLASSIC マイルドスパイス」

日本ハム:アンティエ CLASSIC マイルドスパイス:加工食品
日本ハム:アンティエ CLASSIC マイルドスパイス:加工食品
日本ハム:アンティエ CLASSIC マイルドスパイス:加工食品

日本ハム
アンティエ CLASSIC
マイルドスパイス
実勢価格:408円

総内容量:140g(2パック)
総本数:6本(2パック)
1パックあたりの内容量:70g(3本入り)
20gあたりの価格:58.3円
20gあたりのカロリー:68.8kcal

▼テスト結果
 総合点:50点

  • 香り: 6/20点
  • 味の第一印象: 12/20点
  • 食感: 14/20点
  • バランス: 10/20点
  • 汎用性: 8/20点
  • 合計: 50点

6位は日本ハム「アンティエ CLASSIC マイルドスパイス」。食感にパリッと感があります。「複数種類のハーブ」を入れることで肉の臭みが残りがちな無塩せきをおいしく仕上げようとしていますが、そのハーブが主張しすぎて肉本来の旨味の邪魔をしてしまっているのが残念。

以上、タイプ別ウインナーソーセージランキング29選でした。テストをして豚肉の弾力や肉のひき具合、香りや旨味、味わいが製品ごとに異なることがわかりました。特売品を買ってしまうことも多いかもですが、今度からはおいしいものを指名買いしてみては?

食品雑貨【まとめ】メーカーの努力を感じる結果でした

ノーマルタイプは「シャウエッセンを目指しているんだな」と感じる製品も多かったですが、やはり王者日本ハム「シャウエッセン」は強かった! 味に主張がないのは洋食にも和食にも合う「汎用性の高さ」につながっていますし、食感の絶妙さは他の追随を許しません。味、食感、汎用性のバランスのよさが際立っていました。

フレーバータイプは「フレーバー」が肉の旨味を消してしまっている製品も多く、残念でした。そんななか、ジョンソンヴィルの「レモン&ペッパー」は豚肉の旨味をレモンとコショウが引き立てるバランス感が突出していました。そのままソテーするのはもちろん、汁物に入れるといいだしが取れる汎用性の高さも魅力です。

1973年から無塩せきを研究している信州ハムの「あらびきポークウインナー」シリーズは全体の味わいやバランスが群を抜いていました。どのタイプもおいしい製品から、メーカーの努力が強く感じられた検証となりました。

比べてみると点数に差が出た今回のソーセージ実食検証。今回の結果を参考に、ぜひお気に入りのソーセージを見つけてくださいね。