高級調理家電を買うなら
ヘルシオで間違いない?

『家電批評』編集部は、過去のおすすめ製品の実力を改めて見直してみることにしました。今回、見直しのターゲットとなったのはシャープの調理家電「ヘルシオホットクック 」です。

「ホットクック 」の実力をいま一度見極めるべく、ライバル製品とのガチ比較を行いました。今回、ホットクックのライバルとして選出されたのはパナソニックの「電気圧力なべ SR-MP300」です!

「ヘルシオ」or「ライバル機」
見極めるべきは得意分野です!

比較結果の前にシャープ「ヘルシオ ホットクック」とパナソニック「電気圧力なべ SR-MP300」のおおまかな特徴をご紹介したいと思います。

どちらもザックリ括ると「電気調理鍋」ですが、特徴や得意とすることが異なります。なので、単純に値段やデザインだけで選んでしまうと「なんか違う……」となりかねないのでココは要チェックです!

加圧調理はできないけど、カンタン手間いらずな「ヘルシオ ホットクック」

シャープ
ヘルシオ ホットクック
KN-HW16D
実勢価格:4万6000円

サイズ:W364×H232×D283mm
重量:5.5kg
電源コードの長さ:約1.6m(マグネットプラグ方式)
電源:交流100V 50-60Hz 共用
最大予約設定時間:15時間
メニュー集掲載数:145(自動メニュー126/手動メニュー19)

ほっとくだけで料理ができると人気の「ヘルシオ ホットクック」。外出前にセットしておけば、帰宅時に出来立ての料理が食べられます。無線LAN機能搭載で外出先から予約の変更したり、クラウドから新しいレシピを入手することもできます。

ホットクックには「まぜ技ユニット」というものがあり、料理や加熱状態に応じて、適度な力で自動でかき混ぜを行なってくれます。この自動かき混ぜ機能のがあるおかげで、ほったらかし調理が可能になるんです。

またホットクックは無水調理や低温調理、発酵食品作りにも対応しています。しかし「圧力鍋」ではないので、厚みのある肉や骨の多い魚の調理に関しては圧力鍋の方が優勢だと感じました。

ビーフカレーは材料を入れてボタンを押すだけで、見た目も味もバツグンに仕上がりました。

圧力鍋に比べると調理時間は長めですが、予約調理ができるので、外出前に材料と時間のセットが可能ならば調理時間の長さはあまり問題ではないかもしれません。

※すべてのメニューが予約調理できる訳ではないので、その点はご注意ください。

ちなみに2019年7月に後継機の「KN-HW16E」が登場しましたが、Wi-Fiの接続方法などチョットした点が変わっただけで、機能面に大きな違いはないようです。現在は、こちらの方が安くなっています。

シャープ
ヘルシオ ホットクック
KN-HW16E
実勢価格:4万680円

サイズ:W364×H232×D283mm
重量:5.5kg

加圧で煮豚トロトロ♪ひと手間かけたい派はパナソニックの「電気圧力なべ」

つづいて、編集部がホットクックのライバル機として選出したパナソニックの「電気圧力なべ SR-MP300」の特徴をご紹介します。

パナソニック
電気圧力なべ SR-MP300
実勢価格:2万5722円

サイズ:W292 × H270 × D278mm
重量:3.6kg
電源コードの長さ:約1.0m
電源:交流100V 50-60Hz 共用
圧力:70kPaゲージ圧(約115℃)
満水容量:3.0L
消費電力:約700W
最大予約設定時間:12時間(自動調理の一部のみ)

パナソニックの「SR-MP300」は“電気圧力なべ”なので、煮込み料理などが比較的短時間でおいしく作れます。ホロホロの煮豚や、骨までやわらくなった魚が気軽に味わえます。

「サバみそ」は身がしっとりして、味染みも最高! 和食屋さんで出てくるようなレベルの仕上がりになりました。

SR-MP300には自動調理機能が付いていますが、対応しているメニューは「カレー」「肉じゃが」「角煮」「ヘルシースープ」「玄米」「黒豆」「甘酒」の7種類のみです。なお、この7種に関しては予約調理も可能です。

しかし「自動調理機能」と言っても、カレーはホットクックのように材料を全部入れてスイッチひとつで……という訳にはいきませんでした。具材を加熱したあとフタを開けてルーを投入し、手動でかき混ぜるという作業が必要でした。

でも短時間でじっくり煮込んだような料理が作れるので、帰宅後にパパッと調理できる電気鍋が欲しい方や、自分で仕上がりの調整やアレンジをしたい方にはおすすめです。また電気式で気軽に使えるので、圧力鍋デビューにも打ってつけです!

シャープ「ヘルシオ ホットクック」、パナソニック「電気圧力なべ SR-MP300」の大まかな特徴は以上の通りです。それでは比較テストの結果を詳しくみていきましょう。

どっちが美味しく仕上がる?
4種の料理でガチ比較

「煮豚」「鶏胸肉のサラダチキン」「カレー」「サバみそ」の4種類を作り、その仕上がりをプロの料理家のお二人に評価していただきました。

調理テスト1「煮豚」

【ヘルシオ ホットクック】
調理時間:83分25秒

「手動で作る」→「スープを作る」で煮汁を作った後、煮込み1時間コースで調理。仕上げにに煮汁の「煮詰め」を行いました。

豚肉はやわらかく、味もよく染みていましたが、肉汁が出てしまってややパサつきがありました。

電気圧力なべ SR-MP300
調理時間:66分15秒

「手動調理」→「圧力調理」で20分加圧。その後、取り出せる状態になるまで30分放置しまし、仕上げにに煮汁の「煮詰め」を行いました。

圧力がかかっているので豚肉がとてもやわらかくしっとりしていて、口の中でお肉がホロホロとほぐれました。味もよく染みていました。

調理テスト2「鶏胸肉のサラダチキン」

ヘルシオ ホットクック
調理時間:60分23秒

60℃で1時間加熱。しっとりして、中もふんわり仕上がり、低温調理のよさが出ていました。

ホットクックは35℃から90℃まで1℃刻みで調節できるので低温調理もカンタンです。これ1台で自家製ヨーグルトなどの発酵食品も作れます。

電気圧力なべ SR-MP300
調理時間:60分12秒

「低温70℃」で1時間調理。中央はしっとりしていましたが、端がややパサついていました。

SR-MP300にも「低温調理機能」が付いていますが、70℃と85℃の2段階しかないので、一般的な低温調理機よりも熱が入りすぎてしまうきらいがあります。また、圧力鍋なので、ヨーグルトなどの発酵食品作りには対応していません。

調理テスト3「カレー」

ヘルシオ ホットクック
調理時間:49分32秒

「まぜ技ユニット」をフタの内側に取り付け、具材とルーを鍋に入れます。そして本機にあらかじめ設定されている自動調理メニューの中から「ビーフカレー」を選んでスイッチON!程よい力でかき混ぜながら調理してくれるので焦げ付くこともありません。

ジャガイモは煮崩れることなくホクホクな仕上がりになり、お肉もとてもやわらかくなりました。

電気圧力なべ SR-MP300
調理時間:40分32秒

本機にあらかじめ設定されている自動調理メニューの中から「カレー」を選択。「自動調理」となっていますが、実際のところは“半自動”といった感じです。最初に具材のみを加圧調理し、ルーを投入して自分でかき混ぜながら「煮込み」の作業を行う必要があります。

手動でかき混ぜるので、ジャガイモなどの具材は煮崩れて形がなくなってしまいました。

調理テスト4「サバみそ」

ヘルシオ ホットクック
調理時間:19分16秒

材料をすべて鍋に入れ、自動調理メニューの中から「さばのみそ煮」を選択。あとはスタートボタンを押すだけでOKです。身ほぐれがよく、おいしく仕上がりましたが、サバの背の部分にややパサつきが感じられました。

電気圧力なべ SR-MP300
調理時間:16分25秒

圧力調理3分+煮込み調理10分で、しっとりフワフワな「サバみそ」が完成! 身ほぐれもバツグンで、これは圧力調理ならではという感じでした。

「ヘルシオ ホットクック」と「電気圧力なべ SR-MP300」の調理対決は以上です。

ご覧の通りホットクックとSR-MP300では得意とすることが異なるのので、単純に優劣を決めることはできません。

あまり手間をかけたくない、1台でいろんなメニューが作れるものがいいという方は「ホットクック」、多少の手間は厭わないから煮魚などをおいしく仕上げたいという方は「SR-MP300」を選ぶといいのではないでしょうか。電気調理鍋選びに迷ったら参考にしてみてください。