ビューティー謎の真相を調査!「美容液」ってそもそも何?

雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌・コスメ雑誌の『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部では、今まで200本以上の美容液を検証してきました。そして、最近重要なことに気づきました。それは、「美容液が誤解されている!」ということ。

編集部が公式SNSで行った、「美容液を使用しているか」というアンケート調査では、現在美容液を使用していると答えた人は7割という結果に。

▼美容液を使用しているかのアンケート結果

「どんな種類を使っていますか?」という質問では、お悩みNo.1は「毛穴」でした。

日常的に美容液を使っている人が大多数という結果でした。ですが、ほどんどの人が、美容液でシミ・シワ・毛穴が抹消されると思っていたり、高いものを使っていればいいと思っていたり……。

美容液を勘違いしている人多すぎ問題があるんです。

しかも、約7割の人が使っているのにほとんど知られていない事実があります。それは、実は美容液自体に明確な定義はない! ということ。全成分を見たら化粧水や乳液とあまり変わらないという場合もあるんです。

そこで、選び方から使い方まで、“効く”美容液の真相を、徹底的に調査! 美容液の真相に迫ります。

今回は、気になる「美容液の広告」について調査しました。

ビューティーナゾ:広告で「シミが消える」「肌が再生する」ってうたっていいの?

真相:肌質が変わるかのような広告は疑って!

厳密にいえば、広告で化粧品の効能に使える表現は、薬機法で認められた56個のみなんだそう。それ以外は言ってはいけないルールなんですって。でも、中には違反しているものも。

その一例がこちら。

肌再生と書かれていても、肌が生まれ変わるわけではありません。

まるでシミが消えたかのような広告も、化粧品でシミは消えません。

ビフォーアフターの写真が、別人の画像使ってませんか?

肌の色をアプリで加工している可能性があります。

中山明智 先生
弁護士
中山明智 先生 のコメント

あたかもその効果があるように思われる時点でアウトです。

効果の有無に限らず、「消える、再生する」などのワードは、認められた表現から外れるのでNGなんだそう。見かけてもむやみに飛びつかないよう注意しましょう。

通販の定期購入にも落とし穴が!

定期購入で美容液を購入する場合、初回価格しか載っていないサイトは違法。2回目以降の金額記載なしもダメなので、申し込む前にしっかり確認をしましょう。

柳澤里衣 先生
弁護士
柳澤里衣 先生 のコメント

いつでも解約可とあるのにほとんど電話がつながらないのも違反です。

以上、美容液の基礎知識のナゾについての調査結果でした。

ちなみに、「“効く”美容液の真相ぶっちゃけます」特集を掲載した『LDK the Beauty』2021年3月号はこちらで読むことができます。

ビューティー『LDK the Beauty』2021年3月号

晋遊舎
『LDK the Beauty』
2021年3月号

ぜひ、参考にしてみてください。