スマートフォンNuAns NEOは性能とデザインを
両立させたSIMフリーの伏兵でした

「NuAns」と言えば、Windows時代から着せ替えスマホとしてのデザイン性が評判の機種でした。ところが、テストしてみたところ、性能も十分に高く、アイデア特化の色モノではなかったことがわかりました。

トリニティ:NuAns Neo

トリニティ
NuAns Neo
〔Reloaded〕
実勢価格:4万9800円
サイズ・質量:W74.2×H141.6×11.3mm・約150g
OS:Android7.1

5万円以下の機種ですが、CPUは高級機並みのものを搭載。バッテリー・発熱テストも優秀だったほか、防滴やおサイフ機能も完備と147項目のテストのうち4項目で満点を獲得。人気のiPhoneやZenFoneを上回る結果となりました。

すべてのテスト結果はこちら

軒並み点数が高く、全35機種のSIMフリースマホをテストした中でもダントツの実力を誇りました。

その他の人気機種のテスト結果

これまでテストしてきた中で好成績を記録していたiPhoneやZenFone3といった機種とも並列テスト。もちろんこの3機種も好成績をマークしました。

デザイン性にも優れ付加機能も充実

背面のカバーを取り外すことで、自分の好みのデザインに簡単に変えることができます。カバーはスマホに封入されていないので、1500円ほどで別途購入が必要です。

防塵はIP5X、防滴はIPX4に相当。完全防水ではありませんが、雨の日やアウトドアでも使いやすいです。

おサイフ機能はSuicaをはじめとして、WAON、nanaco、iD、dポイントなどに対応しています。

このように、いわゆる「ガラケー機能」にも対応し、使いやすさの部分でも工夫があります。新興メーカーであるため、サポート面などの不安が多く聞かれるのには注意が必要ですが、初代Nuansからの進化を見ても今後に期待できるメーカーですので、ぜひ検討してみてください。